7.論文を読んで

研究倫理(研究規範)に関する論文は、白楽が自分なりに、咀嚼・消化・吸収していました。その一部を皆さんに公開します。「7.論文を読んで」に入れます(2015年5月17日)。

「論文を読んで」は、全文翻訳ではありません。ポイントのみ紹介ですし、白楽の色に染め直してあります。

映画で「based on a true story」というのがありますが、似たものです。他人が発表した文章(英語)を「拾い読みし、足したり、引いたり、変えたり、コネくりまわしました」。

研究倫理(研究規範)の専門家の先生方は原典も(を)お読みください。

見出しは、論文タイトル(の翻訳)ではありません。内容を示しました。

============================

論文を読んで

論文見出し
SPACESP
テーマ主な著者(名・姓)
SPACESPACE
主な著者・英語
(姓, 名)
SPACESPACE
出版年論文タイトル
ネカト事件40件の分析事件分析ウルフガング・ストレーベStroebe, Wolfgang2012Scientific Misconduct and the Myth of Self-Correction in Science
ロシアの盗用博士論文盗博アンドレイ・ロストフツェフRostovtsev, Andrei2016Fake Academic Degrees in Russia
生命科学者の書いた研究ネカト総説ネカトデヴィット・ボーVaux, David L.2016Scientific misconduct: falsification, fabrication, and misappropriation of credit
研究ネカト被告発者が後悔する8つの無知助言カラン・シュタインStein, Callan 20158 things you might not know about research misconduct proceedings
研究ジャーナルの論文撤回規定論文撤回デイビッド・レズニックResnik, David B.2015Retraction policies of top scientific journals ranked by impact factor
米国・細胞生物学会の研究再現性問題への対策再現性マーク・ウィニーWiney, Mark2015How Can Scientists Enhance Rigor in Conducting Basic Research and Reporting Research Results
ステネック(Nicholas H. Steneck)の研究公正の古典的論文研究公正ニコラス・ステネックSteneck, Nicholas H. 2006Fostering Integrity in Research: Definitions, Current Knowledge, and Future Directions
フィールド研究界に蔓延するセクハラと性的暴力セクハラキャスリン・クランシ―Clancy, Kathryn2014Survey of Academic Field Experiences (SAFE): Trainees Report Harassment and Assault
ねつ造医学論文を出版する捕食出版社捕食出版クロエ・コスタCosta, Chloe2015Why Medicine is Plagued with Fake Research