盗博VP74:ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)(ドイツ)

2017年5月12日掲載。

ワンポイント:盗博サイトのヴロニプラーク・ウィキの74番目。3人いる盗用率100%の1人。2010年(33歳?)にドイツのミュンスター大学で医学(眼科学)の博士号を取得した。2014年4月(37歳?)に盗博がバレ、博士号がはく奪された。ドイツで、臨床医(眼科)として勤務している。盗用ページ率は100%で、盗用文字率は約78%である。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.盗用解析
6-1.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
8.主要情報源
9.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou、写真出典)は、ギリシャからの移民の子供だった(推定)。2010年(33歳?)にドイツのミュンスター大学(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学、Westfalischen Wilhelms-Universitat Munster、英語:University of Munster)で医学(眼科学)の博士号を取得した。

2014年4月22日(37歳?)、ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)が盗博を告発した。74番目の事件である。 → 1‐4‐10.ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)

ミュンスター大学はヨルゴ・トリアンタフィローに授与した博士号をはく奪した。

ヨルゴ・トリアンタフィローは、ドイツで眼科医として医療をしているが、研究活動はしていない。

ミュンスター大学(Westfalischen Wilhelms-Universitat Munster)。写真出典

ミュンスター大学(Westfalischen Wilhelms-Universitat Munster)・医学部。写真出典

  • 不正:盗博(盗用博士論文)
  • 国:ドイツ
  • 成長国:ドイツ
  • 研究博士号(PhD)取得年月日:2010年5月18日(33歳?)
  • 研究博士号(PhD)取得大学:ドイツのミュンスター大学(Westfalischen Wilhelms-Universitat Munster)
  • 分野:医学(眼科学)
  • 博士論文タイトル:Untersuchungen zur Morphologie, Grose und Verteilung der retinalen Ganglienzellen im Auge des Affen Macaca fascicularis
    (日本語訳):カニクイザル猿の眼の網膜神経節細胞の形態、サイズ、分布に関する研究
  • 博士論文審査教授:1. Berichterstatter: Professor Dr. Dr. Solon Thanos, 2. Berichterstatter: Prof. Dr. Peter Young
  • 公開: Munster, 27.05.2010. → Download Deutsche Nationalbibliothek, → Download Universitatsbibliothek Munster → Aberkennung am 18. November 2014, Vermerk im Publikationsserver Miami der Universitat Munster
  • 盗博発覚年月日:2014年4月22日(37歳?)
  • 盗用ページ率:100%
  • 盗用文字率:約78%
  • 研究博士号(PhD)はく奪状況:はく奪
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に1977年1月1日生まれとする。大学入学の1995年を18歳とした。
  • 現在の年齢:41 歳?
  • 発覚時地位:
  • ステップ1(発覚):第一次追及者はヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)の人(詳細不明)
  • ステップ2(メディア):
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①ミュンスター大学・調査委員会が調査し、博士号をはく奪した
  • 結末:博士号はく奪。医師として勤務。研究していない

●2.【経歴と経過】

  • 生年月日:不明。仮に1977年1月1日生まれとする。大学入学の1995年を18歳とした。
  • 1995 – 2002年(18 – 25歳?):ドイツのミュンスター大学(Westfalischen Wilhelms-Universitat Munster)。卒業。医師免許取得
  • 2003 – 2009年(26 – 32歳?):ミュールハイム眼科病院(Augenklinik Mulheim/Ruhr)のアシスタント医師。 ボンのエバンゲリィシェン(Evangelischen Kliniken)の眼科でアシスタント医師
  • 2009 – 2013 年(32 – 36歳?):ドイツのブレーマーハーフェン(Bremerhaven)で眼科専門医
  • 2010年5月18日(33歳?):ドイツのミュンスター大学(Westfalischen Wilhelms-Universitat Munster)で研究博士号(PhD)を取得。医学(眼科学)
  • 2013 – 2014 年(36 – 37歳?):ドイツのアンスバッハ(Ansbach)で眼科専門医
  • 2014年4月22日(37歳?):盗博が発覚
  • 2014年?(37歳?):ミュンスター大学が博士号をはく奪した
  • 2015年(38歳?):ドイツのミュールハイム眼科病院(Augenklinik Mulheim/Ruhr)の黄斑部・網膜部長
  • 2015年(38歳?): ドイツの オベル・シャルエル医療事業団(Ober Scharrer Gruppe)のニュルンベルク医療センター(MVZ Nurnberg)の専門医

●5.【不正発覚の経緯と内容】

ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)は、ギリシャからの移民の子供だった(推定)。

2010年(33歳?)にドイツのミュンスター大学(英語:University of Munster)で医学(眼科学)の博士号を取得した。

指導教授はソロン・ターノス(Solon Thanos、写真出典)である。

その後、ドイツの各地で臨床経験を積み、ドイツで眼科医療を行なっている。

2014年4月22日(37歳?)、博士号の取得4年後、ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)が、盗博と告発した。

それを受けて、ミュンスター大学は調査し、盗博と認め、博士号をはく奪した。

ただ、ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)は、学術誌への研究論文の出版は全くなく、研究者というより臨床医である。

●6.【盗用解析】

ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)の博士論文のタイトルは 「Untersuchungen zur Morphologie, Grose und Verteilung der retinalen Ganglienzellen im Auge des Affen Macaca fascicularis
(日本語訳):カニクイザル猿の眼の網膜神経節細胞の形態、サイズ、分布に関する研究」である。

博士論文の盗用分析図は以下の5色のバーコードである。博士論文の本体は61ページで、盗用ページ率は100%なので真っ赤である。盗用文字率は約78%だった。

なお、元の盗用分析図では、バーコードがページ毎の盗用分析にリンクしている。→ http://de.vroniplag.wikia.com/wiki/Gt

★イラスト表示

以下はページ毎に色分けしたイラスト表示である。

盗用の色分けは、灰色= 逐語盗用(コピペ、文献提示なし)、赤色 = 加工盗用(ロゲッティング、文献提示なし)、黄色 =流用部分が曖昧な盗用(文献提示あり)、 青色 = 翻訳盗用、である。

盗用ページ率は100%で、盗用文字率は約78%なので、灰色(逐語盗用)が多い。

★各ページの盗用分析

ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)の博士論文の各ページ毎に盗用分析がされている。盗用があるページは青色で、盗用がないページは赤色である。盗用ページ率は100%なので、全部青色である。青色をクリックすると、各ページが開く。

Haupttext
001002003004005006007008009010011012013014015016017018019020
021022023024025026027028029030031032033034035036037038039040
041042043044045046047048049050051052053054055056057058059060
061

【1ページ目】

1例として、1ページ目(つまり、001)をクリックすると、盗用比較図が出てくる。以下はその1部分を示した。

左側がヨルゴ・トリアンタフィローの博士論文で右が被盗用論文である。着色部分の文章が同一である。

論文の1ページ目から、見事な逐語盗用である。明白な盗用だ。盗用ページ率は100%で、盗用文字率は約78%という徹底ぶりもすごい。

●6-1.【論文数と撤回論文とパブピア】

2017年5月11日現在、パブメド(PubMed)で、ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)の論文を「Georgios Triantafyllou[Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、 14論文がヒットした。

しかし、論文タイトルが眼科とは思えない。

所属国をドイツとした「(Georgios Triantafyllou [Author]) AND Germany[Affiliation] 」で検索したら、1論文がヒットした。

しかし、この論文のヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)の所属は米国なので、同姓同名の別人と思われる。

つまり、ヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)は研究論文は1報も発表していない。

●7.【白楽の感想】

《1》詳細不明

ヨルゴ・トリアンタフィローは、他の盗用ページ率100%のアニタ・リソウスキーとよく似ている。

学術誌に論文を1報も発表していない。ドイツの博士号授与規定を知らないが、ドイツでは、それでも、博士号が授与されるということだ(推定)。日本の生命科学系では、学術誌への論文発表がないと、博士号はほぼ取得できない。

ヨルゴ・トリアンタフィローの博士論文は、盗用ページ率が100%で、盗用文字率は約78%である。例示した盗用ページは、見事に逐語盗用である。

どうやら、ヨルゴ・トリアンタフィローは論文を書く能力がないと思われる。それで、盗用ページ率100%の逐語盗用をしたのだろう。

それなら、博士号を授与すべきではなかったのだ。

この事件は、さほど古くない事件だが、盗博に至る状況が見えてこない。指導教授であるソロン・ターノス教授(Solon Thanos)の博士論文指導の実態がつかめない。ターノス教授に大きな責任があるのだろうか?

ターノス教授が盗用を示唆したとは思えないが(したなら指導した院生からたくさんの盗博者が出るハズだ)、誰が教唆したのだろうか?

どうすると盗博を防止できたかが、見えてこない。

標語:「盗博の博士号は当然はく奪!」

●8.【主要情報源】

① ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)のヨルゴ・トリアンタフィロー(Georgios Triantafyllou)サイト:Gt | VroniPlag Wiki | Fandom powered by Wikia
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。