マリオ・サード(Mario Saad)(ブラジル)

ワンポイント:告発された研究者が裁判に訴えた

【概略】
saadマリオ・サード(Mario Saad、写真出典)は、ブラジル・サンパウロのカンピーナス州立大学(State University of Campinas)・内科教授・医師である。専門は糖尿病で、公称では237報の論文を出版し、著名な研究者である。家庭には、妻と2人の娘がいる。

「Times Higher Education」の大学ランキングでは、カンピーナス州立大学はブラジル第2位の大学である(World University Rankings 2014-15: South America – Times Higher Education)。

2014年3月(57歳)、ねつ造・改ざんが発覚した。事件後も研究者を続けた少数例。

2015年2月5日(58歳)、サードは、彼の「Diabetes」論文を研究ジャーナル「Diabetes」編集部が撤回するのをやめるようにと、米国連邦地裁に訴えた。

  • 国:ブラジル
  • 成長国:ブラジル
  • 研究博士号(PhD)取得:ブラジルのリベイラン・プレート大学
  • 男女:男性
  • 生年月日:1956年9月8日
  • 現在の年齢:65 歳
  • 分野:糖尿病
  • 最初の不正論文発表:1997年(40歳)
  • 発覚年:2014年(57歳)
  • 発覚時地位:カンピーナス州立大学(State University of Campinas:UNICAMP)・内科教授
  • 発覚:
  • 調査:①米国の研究ジャーナル「Diabetes」誌。②カンピーナス州立大学・調査委員会。③裁判所:米国のマサチューセッツ地区連邦裁判所
  • 不正:ねつ造・改ざん、盗用
  • 不正論文数:1報が盗用で撤回。4報がねつ造・改ざんの疑惑があるが、論文撤回に抵抗している
  • 時期:研究キャリアの初期から?
  • 結末:辞職なし。米国の裁判所に訴えた

★動画「Prof. Mario Saad fala sobre avaliação docente」、(ポルトガル語)3分46秒。マリオ・サード(Mario Saad)が研究のことを説明している(多分)。unicampcaminhocertoが2013/02/01 に公開。