「著者在順」:ミン・チョ、조민、(Min Cho)(韓国)

2019年9月9日掲載 

ワンポイント:ミン・チョの大学不正入学を含めミン・チョの父親である韓国の政治家・クグ・チョ(Kuk Cho)がスキャンダルまみれである。この記事では、ミン・チョの著者在順違反に絞って記述する。ミン・チョは高校2年生の時、2週間インターンしただけで、2009年(18歳)、第一著者で医学英文論文を発表した。論文著者の所属は檀国大学医学部(タングクだいがく)(Dankook University College of Medicine)だった。2019年8月(28歳)、メディアがミン・チョの著者在順違反と報道した。2019年9月5日(28歳)、韓国病理学会が著者在順違反と結論し、2009年の論文を撤回した。国民の損害額(推定)は2億円(大雑把)。

【追記】
・2021年8月12日 記事:チョ・ミン氏の7大経歴は全て虚偽…2件は父チョ・グク元法相が作成-Chosun online 朝鮮日報

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
8.白楽の手紙
9.主要情報源
10.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

ミン・チョ、조민(Min ミンヒ・チョ、 iD:、写真出典)は、韓国の高校2年生の時、2週間インターンしただけで、2009年(18歳)、第一著者で医学英文論文を発表した。論文著者の所属は檀国大学医学部(タングクだいがく)(Dankook University College of Medicine)だった。

2019年8月(28歳)、ファン・ウォンギョン(Hwang Won-Kyung)がツイッターでミン・チョの著者在順違反を指摘し、韓日のメディアが多数報道した。

2019年9月5日(28歳)、韓国病理学会が著者在順違反と結論し、2009年の論文を撤回した。

081韓国・檀国(タングク)大学(Dankook University)。写真出典

  • 国:韓国
  • 成長国:韓国
  • 医師免許(MD)取得:なし
  • 研究博士号(PhD)取得:なし
  • 男女:女性
  • 生年月日:不明。仮に1991年1月1日生まれとする。2019年に28歳と報道されたので
  • 現在の年齢:30 歳
  • 分野:病理学
  • クログレイ論文発表:2009年(18歳)
  • 発覚年:2019年(28歳)
  • 発覚時地位:釜山大学・院生?
  • ステップ1(発覚):第一次追及者はファン・ウォンギョン(Hwang Won-Kyung)で、ツイッターで指摘
  • ステップ2(メディア):韓日の多数のメディア
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①韓国病理学会・学術誌編集委員会。②檀国大学。調査していない?
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:なし。檀国大学は調査していない?
  • 大学の透明性:発表なし・隠蔽(✖)
  • 不正:著者在順
  • 不正論文数:1報。撤回
  • 時期:研究キャリアの開始前
  • 職:事件後に発覚時の地位を続けた(〇)
  • 処分:なし
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は2億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

  • 生年月日:不明。仮に1991年1月1日生まれとする。2019年に28歳と報道されたので
  • 2008年(17歳):ソウル外国語高等学校の高校2年生の時、檀国(タングク)大学(Dankook University)で2週間インターン
  • 2009年(18歳):第一著者の医学英文論文を発表した
  • 2019年8月(28歳):「2009年」論文が著者在順違反と報道された
  • 2019年9月5日(28歳):2009年の論文が撤回された

●4.【日本語の解説】

沢山ある。2つ以下に示す。選択引用である。

★2019年8月26日:アン・ヨンヒ:「文在寅政権がGSOMIAを破棄した本当の理由」

出典 → ココ、(保存版) 

彼(チョ・グク氏)の娘は、高校の時に2週間だけインターンをした研究所で出された病理学論文の第1著者として名を連ね、それが医療雑誌に載った。

さらに、高校3年の時には、1か月ほどの夏休み期間中、公州大学生命工学研究所で3週間のインターンシップをして、7月には紅藻植物遺伝子分析関連国際鳥類学会の発表抄録に第3発表者として登録されている。

とにかく、チョグク氏の娘はそういった功績をもって高麗大学に推薦入学する。

それだけではない。その後、ソウル環境大学院に入ったものの勉強もせず除籍になるが、その間の奨学金が支払われた。

次に釜山国立大学医学専門大学院へ進学。しかし単位が取れず2年間留年。

「あれ、高校の時は病理学で論文を書き、それも2週間で、鳥類学会で論文発表する傍ら、物理でも賞をもらった才媛だよね。なぜ、大学院へ進学してから病理学とかで赤点を取ってるの」となるわけである。

★2019年8月28日:青のトリ:「画像|曹国(チョグク)の娘チョミンヒが美人だと話題!不正入学疑惑問題」

出典 → ココ、(保存版) 

チョ・ミンヒさんは、高麗大に入学する前、英文系の高校に在籍していました。

その英文系の高校に在籍していながら、2年生の時に医学論文を提出し、トップの成績を収めました。

その後、論文が評価され高麗大に推薦入学しましたが、チョ・ミンヒさんがそのような医学論文を発表するにはかなり違和感がありますよね。

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★発覚の経緯

2019年8月23日(28歳)、ファン・ウォンギョン(Hwang Won-Kyung)がツイッターで、ミン・チョはソウル外国語高等学校の在学中、2年生の時、2週間インターンしただけで、2009年、第一著者で、韓国病理学会の学術誌・「Journal of Pathology and Translational Medicine」に医学英文論文を出版した、と報じた。これが最初の報道かどうか白楽は十分、検証していないが、ここでは、これを最初としておく。

★著者在順の状況

ミン・チョは英文系の高校(ソウル外国語高等学校)在学中、2年生の時、2週間インターンしただけで、2009年(18歳)、第一著者で、学術誌・「Journal of Pathology and Translational Medicine」に6頁の医学英文論文を出版した。

論文タイトルの日本語訳:「出産前後の虚血性低酸素脳症で表示されるeNOS遺伝子の多形性」

ミン・チョの論文での所属は、ソウル外国語高等学校ではなく檀国大学医学部(タングクだいがく)(Dankook University College of Medicine)だった。

最後著者・連絡著者は、檀国大学医学部のヤング・ピョチャン・小児科教授(Young Pyo Chang、写真出典 )である。

ツイッターやメディアの多数の報道に対応したのは、檀国大学ではなかった。

論文を掲載した学術誌の韓国病理学会が対応した。

2019年9月5日、韓国病理学会が著者在順違反と結論し、「2009年のJournal of Pathology and Translational Medicine」論文を撤回した。

2019年9月5日の「朝鮮日報」記事によると以下のようだ(グーグル翻訳を白楽が修正)。
 → 2019年9月5日の「朝鮮日報」記事:韓国病理学会、「クグ・チョの娘、第1著者」の論文キャンセル “研究倫理違反”:병리학회, ‘조국 딸 제1저자’ 논문 취소 “연구윤리 위반” – 조선닷컴 – 사회 > 사회 일반

2019年9月5日、韓国病理学会は、法務部長官候補者の娘・ミン・チョ(28)氏が、第1著者として登録された病理学の論文を職権でキャンセルすることに最終決定した。 この日、韓国病理学会は学術編集委員会を開き、「研究倫理違反が認められた第1著者の論文をキャンセルすることを決定した」と明らかにした。

問題となった論文は、2009年3月の韓国病理学会誌に掲載された「出産前後の虚血性低酸素脳症で表示されるeNOS遺伝子の多形性(eNOS Gene Polymorphisms in Perinatal Hypoxic-Ischemic Encephalopathy)」である。

論文取消の理由は大きく3点あった。 韓国病理学会は、①治験審査委員会(IRB)の承認を受けていない点、②治験審査委員会の承認を受けていないにも関わらず、承認を受けたと虚偽記載した点、③論文第1著者としての著者の役割がはっきりしていない点、を論文撤回の理由だと述べた。

また、ヤング・ピョチャン教授は「著者役割の不適切性」を認めたことも特に挙げた 病理学会理事長は「当時の論文で、著者らの役割がはっきりしていないことをヤング・ピョチャン教授本人も認めた」とし「これにより、研究不正行為と認められ、論文をキャンセルすることに決めた」と述べた。 結論として韓国病理学会は「研究不正行為」を認めたと判断した。

当時高校生だった法務部長官候補者の娘・ミン・チョ(28)氏が所属表記を不正確にしたことも指摘した。

ただし、研究内容の学術的な問題があるかどうかについては、「ない」と結論した。

実際、2019年9月6日現在、論文に撤回の印あり 。その2週間前の2019年8月24日にアクセスした時、論文に撤回の印はなかった。(サイト:https://www.jpatholtm.org/journal/view.php?number=2740

撤回の理由は学術誌のサイトには何も書かれていなかったが、その後、上記「朝鮮日報」と同じ理由が記述された(RETRACTION: eNOS Gene Polymorphisms in Perinatal Hypoxic-Ischemic Encephalopathy)。

★ヤング・ピョチャン・小児科教授

2019年9月8日現在、パブメド(PubMed)で、最後著者のヤング・ピョチャン教授(Young Pyo Chang、写真出典)の論文を「Young Pyo Chang [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2003~2019年の17年間の15論文がヒットした。

17年間で15論文しか出版していない。白楽は、韓国の事情を十分には把握していないが、医学部教授としては論文数が異常なほど少ない。

★著者在順は日常的

2019年8月22日の記事によると以下のようだ。(グーグル翻訳を白楽が修正)。
 → 2019年8月22日の記事:[조국 특집] 조국, 민정수석 재직 시절 논문 전수조사하는 교육부 조사 감찰…전수조사 대상서 딸 뺐나? – 펜앤드마이크

韓国・文部科学省が調査すると、ミン・チョと同じように、未成年(中学・高校生?)が共著者の論文が計549報見つかった。ただ、549報の中にミン・チョの論文は含まれていない。というのは、「2009年のJournal of Pathology and Translational Medicine」論文は、著者の所属に高校名はなく、檀国大学医学部が記載されていたので、調査対象から除外されていたからだ。

なお、未成年(中学・高校生?)が論文の共著者になっている論文は檀国大学だけで12報もあった。

未成年(中学・高校生?)が論文の共著者の場合、著者在順に問題があると思える。しかし、一般的な著者在順は研究者同士でのケースが大半である。ということは、韓国では、著者在順違犯が日常的なようだ。

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

省略。

●7.【白楽の感想】

《1》著者在順 

「高校2年生が2週間のインターンで医学英文論文を第一著者で出版できるわけがない」。これは、真実だ。

それでも、ヌケヌケと不正論文が出版され、世間で、学術界で、10年間も不正論文が生きていた。もうすっかり、甘い蜜は吸われてしまった。10年後に問題視され、論文はようやく撤回された。

なんで、こんなあからさまな不正(クログレイ)が世間で、学術界で、起こったのだろう。

高校2年生に利得があり、協力する大学教授にも大きな利得があるからだ。韓国では未成年(中学・高校生?)が共著の論文が計549報もあった。発覚しても、厳しい処分を受けことがない。これが(これも?)、不正(クログレイ)を増長させている理由だろう。

学術界に深く巣食っている不正(クログレイ)行為である。生活習慣病のようなものである。相当覚悟して取り組まないと、防止できないだろう

振り返って、日本はどうなんだろう? 似たような著者在順違犯はないと断言できるのか?

高校生の科学賞受賞レポートは、実は高校の先生、協力した大学教員の作品ということはないんでしょうね。その科学賞受賞レポートを参考資料に添付して、推薦入試で大学に合格した人はいないですよね? 

かつて、推薦入試の面接官を務めた時、自分のレポートに答えられない受験生がいた気がするのは、白楽の思い違いですよね。

ーーーーーー
日本がもっと豊かに、そして研究界はもっと公正になって欲しい(富国公正)。正直者が得する社会に!
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●9.【主要情報源】

① ウィキペディア英語版:Cho Kuk – Wikipedia
② 2019年9月6日の「朝鮮日報」記事:クグ・チョ娘の論文撤回で 高麗大「捜査結果報告、入学取り消し判断」(조국 딸 논문 취소… 고려대 “수사결과 보고 입학 취소 판단” – 조선닷컴 – 정치 > 정치 일반
③ 2019年9月6日のジョイス・リー(Joyce Lee)記者の「ロイター」記事:Moon appointee’s ‘privileged’ daughter angers young South Koreans – Reuters
④  2019年9月9日のアダム・マーカス(Adam Marcus)記者の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:“Unjustified authorship” spikes paper by daughter of South Korea official – Retraction Watch
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments