ジン・チェン(Jin Q. Cheng)(米)

2016年11月5日掲載。

ワンポイント:14年間の19論文をデータねつ造で撤回し、世界「撤回論文数」ランキングで第20位。2016年にモフィットがんセンター研究所・教授を辞職した。中国の大学出身、フランスの大学院出身の米国の生化学者。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文
7.白楽の感想
8.主要情報源
ーーーーーーー

●1.【概略】

jchengジン・チェン(Jin Q. Cheng、写真出典)は、中国で医師免許(MD)、フランスで研究博士号(PhD)を取得し、米国・サウス・フロリダ大学(University of South Florida)・教授、フロリダ州のモフィットがんセンター研究所(Moffitt Cancer Center and Research Institute)・教授になった。専門は生化学(卵巣がん)だった。

2016年(56歳?)、発覚の経緯は不明だが、学術誌「J. Biol. Chem.」の論文を19報、データの重複使用(ねつ造)で、撤回した。2016年11月5日現在、世界「撤回論文数」ランキングで第20位。モフィットがんセンター研究所も辞職した。

moffitt_cancer_center_viewed_from_east米国・フロリダ州のモフィットがんセンター研究所(Moffitt Cancer Center and Research Institute)。写真出典CC BY-SA 3.0,

  • 国:米国
  • 成長国:中国
  • 医師免許(MD)取得:中国・北京の首都医科大学
  • 研究博士号(PhD)取得:フランスのパリ大学
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に1960年1月1日生まれとする。1986年の病院勤務時を26歳と仮定した
  • 現在の年齢:57 歳?
  • 分野:生化学(卵巣がん)
  • 最初の不正論文発表:2002年(42歳?)?
  • 発覚年:2016年(56歳?)
  • 発覚時地位:サウス・フロリダ大学・教授、モフィットがんセンター研究所・教授
  • ステップ1(発覚):第一次追及者(詳細不明)。「パブピア(PubPeer)」で問題視された
  • ステップ2(メディア):「パブピア(PubPeer)」
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①学術誌「J. Biol. Chem.」・編集局。②モフィットがんセンター研究所・調査委員会? ③研究公正局?
  • 研究所・調査報告書のウェブ上での公表:なし。というか調査したかどうか不明
  • 不正:ねつ造
  • 不正論文数:撤回論文だけで19報。他の論文にもネカトの指摘有り
  • 時期:研究キャリアの中期から
  • 研究費:米国での総額は数百万ドル(数億円)
  • 結末:辞職

●2.【経歴と経過】

主な出典

  • 生年月日:不明。仮に1960年1月1日生まれとする。1986年の病院勤務時を26歳と仮定した
  • 19xx年(xx歳):中国・北京の首都医科大学(Beijing Capital Medical University)を卒業。医師免許取得
  • 1986-1988年(26-28歳?):中国・北京の胸部腫瘍病院研究所(Beijing Thoracic Tumor Hospital and Research Institute , Beijing, China)・胸部外科主治医
  • 19xx年(xx歳):フランスのパリ大学(University of Paris)で研究博士号(PhD)取得
  • 19xx年(xx歳):米国・フィラデルフィアのフォックス・チェイスがんセンター(Fox Chase Cancer Center)・ポスドク
  • 1996-1997年(36-37歳?):米国・フィラデルフィアのフォックス・チェイスがんセンター・スタッフ研究員
  • 1997-2001年(37-41歳?):米国のサウス・フロリダ大学(University of Maryland)・助教授
  • 2001-2005年(41-45歳?):同・準教授
  • 2005-2016年(45-56歳?):同・正教授
  • 2014年(54歳?):2014年橋渡し研究(translational researchers)の特許部門で世界の20位以内に入る
  • 2007-2016年(47-56歳?):モフィットがんセンター研究所(Moffitt Cancer Center and Research Institute)・教授

●5.【不正発覚の経緯と内容】

jin_q_cheng_md_phdジン・チェン(Jin Q. Cheng)は、中国で医師免許(MD)を取得し、フランスで研究博士号(PhD)を取得、米国・サウス・フロリダ大学(University of South Florida)・教授、モフィットがんセンター研究所(Moffitt Cancer Center and Research Institute)・教授になった。米国では、総額で数百万ドル(数億円)の研究費を得ていた。素晴らし活躍と出世である。

2016年10月(56歳?)、ジン・チェンが申し出て、生化学の著名な学術誌「J. Biol. Chem.」の19論文を撤回した。理由は、画像の重複使用だった。撤回論文の中で出版年が一番古い論文は15年前の出版論文だった。つまり15年間も研究ネカトをしていた。

2016年10月(56歳?)、ジン・チェンが所属していたモフィットがんセンター研究所の研究室に、撤回監視の記者が電話すると、電話に出た人が、ジン・チェンは退職したと伝えられた。ジン・チェンに電子メールを送ってもあて先不明で戻ってきた。

撤回監視がリストした19報の撤回論文を以下にリストしよう(【主要情報源】②)。多くの論文は数十回引用されている。302回引用された論文もあった。

  1. Activation of phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway by androgen through interaction of p85α, androgen receptor, and Src, cited 125 times, according to Clarivate Analytics’ Web of Science, formerly part of Thomson Reuters.
  2. Identification of Aurora-A as a direct target of E2F3 during G2/M cell cycle progression, cited 23 times
  3. Akt attenuation of the serine protease activity of HtrA2/Omi through phosphorylation of serine 212, cited 30 times
  4. Molecular cloning and characterization of the human AKT1 promoter uncovers its up-regulation by the Src/Stat3 pathway, cited 36 times
  5. ArgBP2γ interacts with Akt and p21-activated kinase-1 and promotes cell survival, cited 24 times
  6. Akt phosphorylation and stabilization of X-linked inhibitor of apoptosis protein (XIAP), cited 298 times
  7. AKT2 inhibition of cisplatin-induced JNK/p38 and Bax activation by phosphorylation of ASK1. IMPLICATION OF AKT2 IN CHEMORESISTANCE, cited 158 times
  8. Phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway regulates tuberous sclerosis tumor suppressor complex by phosphorylation of tuberin, cited 289 times
  9. Inhibition of JNK by cellular stress- and tumor necrosis factor α-induced AKT2 through activation of the NFκB pathway in human epithelial cells, cited 37 times
  10. Positive feedback regulation between Akt2 and MyoD during muscle differentiation. CLONING OF Akt2 PROMOTER, cited 42 times
  11. MicroRNA MiR-214 regulates ovarian cancer cell stemness by targeting p53/Nanog, cited 57 times
  12. Identification of Akt interaction protein PHF20/TZP that transcriptionally regulates p53, cited 11 times
  13. IKBKE protein activates Akt independent of phosphatidylinositol 3-kinase/PDK1/mTORC2 and the pleckstrin homology domain to sustain malignant transformation, cited 52 times
  14. Phosphorylation and activation of androgen receptor by Aurora-A, cited 18 times
  15. MicroRNA-155 regulates cell survival, growth, and chemosensitivity by targeting FOXO3a in breast cancer, cited 181 times
  16. A small molecule inhibits Akt through direct binding to Akt and preventing Akt membrane translocation, cited 33 times
  17. IKKϵ phosphorylation of estrogen receptor α Ser-167 and contribution to tamoxifen resistance in breast cancer, cited 35 times
  18. Phosphoinositide 3-kinase/Akt inhibits MST1-mediated pro-apoptotic signaling through phosphorylation of threonine 120, cited 49 times
  19. MicroRNA-221/222 negatively regulates estrogen receptor α and is associated with tamoxifen resistance in breast cancer, cited 302 times

 ★ねつ造の具体例

ジン・チェンの画像の重複使用を具体的に見てみよう。黄色枠内のバンドが重複使用されている。

《1》「2005年のJ. Biol. Chem.」
出典:fernando pessoa October 23, 2016 at 4:41 am

w8lmpp2

《1》「2004年のJ. Biol. Chem.」
出典:fernando pessoa October 23, 2016 at 4:52 am

cc1yxbg

rng82rh

fernando pessoaは、「J. Biol. Chem.」以外の学術誌のジン・チェンの論文でも画像ねつ造を指摘している。

パブピアでも、2002年~2015年の14年間のジン・チェンの26論文にコメントがついている(全部調べていないが、ねつ造の指摘?)(【主要情報源】②)

●6.【論文数と撤回論文】

2016年11月4日現在、パブメド(PubMed)で、ジン・チェン(Jin Q. Cheng)の論文を「Jin Q. Cheng [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2002~2016年の15年間の94論文がヒットした。2002年以前にも出版論文はあるだろう。

2016年11月4日現在、パブメドの論文リストでは1論文も撤回表示がない。しかし、本記事で問題にした19論文はいずれ撤回表示されるだろう。

●7.【白楽の感想】

《1》中国に戻った?

jin_cheng2事件の詳細は不明である。どのようにして発覚したのか? モフィットがんセンター研究所が調査しているのか? 研究公正局は調査しているのか? 不明である。

当局(オーソリティ)である学術誌「J. Biol. Chem.」が論文撤回したことで、「撤回監視(Retraction Watch)」が事態をキャッチし、記事にした。

事件発覚後、ジン・チェンはモフィットがんセンター研究所を退職した。不正画像を見ると、明らかにクロである。どのみち解雇になると踏んで、辞職し、中国に戻ったのだろうか? まだ56歳(?)とリタイアするには若い。

●8.【主要情報源】

① 2016年10月21日のアイヴァン・オランスキー(Ivan Oransky)の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:Cancer researcher retracts 19 studies at once – Retraction Watch at Retraction Watch
② 「パブピア(PubPeer)」のジン・チェン(Jin Q. Cheng)の論文コメント群:PubPeer – Results for Jin Q. Cheng
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です