シンヒー・キム(Shin-Hee Kim)(米)

2020年5月24日掲載 

ワンポイント:2020年5月11日(48歳?)、研究公正局は、メリーランド大学(University of Maryland)・助教授だった韓国出身のキム(女性)の2件の研究費申請書、2013-2016年(41-44歳?)の4年間の7論文に、画像とデータのねつ造・改ざんがあったと発表した。2020年3月27日から3年間の締め出し処分を科した。記事執筆時点では、撤回論文は1報。国民の損害額(推定)は10億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
9.主要情報源
10.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

シンヒー・キム(Shin-Hee Kim、女性、ORCID iD:、顔写真は見つからなかった)は、韓国の釜慶(プギョン)大学(Pukyung National University)で修士号(MS)を取得後、米国で研究博士号(PhD)を取得。その後、メリーランド大学カレッジパーク校(University of Maryland, College Park)・助教授になった。専門は獣医学(鳥のニューカッスル病ウイルス)である。

ネカト発覚の経緯は不明であるが、告発者は同じ研究室の研究者と思われる。

「2016年6月のJ Gen Virol.」論文のネカトが指摘されている。発覚時期は、それ以降の早い時期、つまり2016年(44歳?)下半期と推定される。

メリーランド大学がネカト調査を終え、クロと判定し、研究公正局に報告した。

シンヒー・キムは、メリーランド大学を辞職した(させられた)。

2020年5月11日(48歳?)、発覚から4年後(遅いですね)、研究公正局は、メリーランド大学(University of Maryland)・助教授だったキムの2件の研究費申請書、2013-2016年(41-44歳?)の4年間の7論文に、画像とデータのねつ造・改ざんがあったと発表した。

2020年3月27日(48歳?)から3年間の締め出し処分を科した。3年間の締め出し処分は平均的な処分である。

メリーランド大学カレッジパーク校(University of Maryland, College Park)。写真出典

  • 国:米国
  • 成長国:韓国
  • 医師免許(MD)取得:なし
  • 研究博士号(PhD)取得:オレゴン州立大学
  • 男女:女性
  • 生年月日:不明。
  • 仮に1972年1月1日生まれとする。1996年に修士号(MS)を取得した時を24歳とした
  • 現在の年齢:49 歳?
  • 分野:獣医学
  • 最初の不正論文発表:2013年(41歳?)
  • 不正論文発表:2013-2016年(41-44歳?)の4年間の7論文
  • 発覚年:2016年(44歳?)
  • 発覚時地位:メリーランド大学・助教授
  • ステップ1(発覚):第一次追及者は不明。同じ研究室の研究者
  • ステップ2(メディア):「撤回監視(Retraction Watch)」
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①メリーランド大学・調査委員会。②研究公正局
  • 研究所・調査報告書のウェブ上での公表:なし
  • 研究所の透明性:研究公正局でクロ判定(〇)
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:2件の研究費申請書。2013-2016年(41-44歳?)の4年間の7論文。2020年5月23日現在、撤回論文は1報
  • 時期:研究キャリアの中期
  • 職:事件後に研究職(または発覚時の地位)を続けられなかった(Ⅹ)
  • 処分: NIHから3年間の締め出し処分
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は10億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

主な出典:①Shin-Hee Kim – Research Assistant Professor – University of Maryland | LinkedIn、②Kim Shin-Hee | Department of Veterinary Medicine

  • 生年月日:不明。仮に1972年1月1日生まれとする。1996年に修士号(MS)を取得した時を24歳とした
  • 1996年(24歳?):韓国の釜慶(プギョン)大学(Pukyung National University)で修士号(MS)を取得:食品科学
  • 1998 – 2001年(26 – 29歳?):オレゴン州立大学(Oregon State University)で研究博士号(PhD)を取得:食品科学
  • 2001年(29歳?):オーバーン大学(Auburn University)・ポスドク
  • 2003年(31歳?):オクラホマ州立大学(Oklahoma State University)・研究員2006年(34歳?):メリーランド大学(University of Maryland)・研究助教授
  • 2016年(44歳?)頃:不正研究が発覚(推定)
  • 20xx年(xx歳):メリーランド大学(University of Maryland)・研究助教授を辞職
  • 2020年5月11日(48歳?):研究公正局がネカトと発表

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★ネカトの発覚

シンヒー・キム(Shin-Hee Kim)のネカト発覚の経緯は不明であるが、ネカトは、第三者が見てもわからない画像やウイルス力価データのねつ造・改ざんである。そのため、パブピア(PubPeer)はネカトを指摘していない。

上記のことから、告発者は研究室内部の人と思われる。

シンヒー・キムの上司にあたる人はインド出身のシバ・サマル教授(Siba Samal、写真出典)で、撤回されたシンヒー・キムの「2014年のJ Virol.」論文では最後著者になっている。

ところがサマル教授自身、ネカト疑惑にまみれていて、シンヒー・キムが共著者になっていない論文で数報の撤回がある。

従って、サマル教授が告発者とは考えにくい。サマル研究室の別の人が告発したと思われる。

最も新しいネカト論文は「2016年6月のJ Gen Virol.」論文なので、ネカト発覚時期は、それ以降の早い時期、つまり2016年(44歳?)下半期と推定される。一応、発覚を2016年(44歳?)とした。

2020年5月11日(48歳?)、発覚から4年後(遅いですね)、研究公正局はキムが2件の研究費申請書、7報の発表論文で、画像とデータをねつ造・改ざんしていたと発表した。

2020年3月27日から3年間の締め出し処分を科した。3年間の締め出し処分は平均的な処分である。

2件の研究費申請書は以下の通り(研究公正局の発表をそのまま流用)。

  1. R01 AI118879-01, “Avian paramyxovirus vectored vaccines for Norovirus infection,” submitted to NIAID, NIH, on October 3, 2014.
  2. R01 AI118879-01A1, “Avian paramyxovirus vectored vaccines for Norovirus infection,” submitted to NIAID, NIH, on November 5, 2015.

7報の発表論文は以下の通り(研究公正局の発表をそのまま流用)。2013-2016年(41-44歳?)の4年間の7論文である。

  1. Mutations in the fusion protein cleavage site of avian paramyxovirus serotype 4 confer increased replication and syncytium formation in vitro but not increased replication and pathogenicity in chickens and ducks. PLoS One 2013;8(1):e50598 (hereafter referred to as “PLoS One 2013A”).
  2. Newcastle disease virus fusion protein is the major contributor to protective immunity of genotype-matched vaccine. PLoS One 2013;8(8):e74022 (hereafter referred to as “PLoS One 2013B”).
  3. Role of C596 in the C-terminal extension of the haemagglutinin-neuraminidase protein in replication and pathogenicity of a highly virulent Indonesian strain of Newcastle disease virus. J Gen Virol. 2014;95(Pt 2):331-6 (hereafter referred to as “J Gen Virol. 2014”).
  4. Newcastle disease virus vector producing human norovirus-like particles induces serum, cellular, and mucosal immune responses in mice. J Virol. 2014;88(17):9718-27 (hereafter referred to as “J Virol. 2014”).
  5. Modified Newcastle disease virus vectors expressing the H5 hemagglutinin induce enhanced protection against highly pathogenic H5N1 avian influenza virus in chickens. Vaccine 2014;32(35):4428-35 (hereafter referred to as “Vaccine 2014”).
  6. Immunogenicity of Newcastle disease virus vectors expressing Norwalk virus capsid protein in the presence or absence of VP2 protein. Virology 2015;484:163-9 (hereafter referred to as “Virology 2015”).
  7. LaSota fusion (F) cleavage motif-mediated fusion activity is affected by other regions of the F protein from different genotype Newcastle disease virus in a chimeric virus: implication for virulence attenuation. J Gen Virol. 2016;97(6):1297-1303 (hereafter referred to as “J Gen Virol. 2016”).

【ねつ造・改ざんの具体例】

2020年5月11日(48歳?)の研究公正局は、各研究費申請書・論文のネカト部分を指摘している。

同じ実験結果であるウエスタンブロット画像、顕微鏡画像、ウイルス力価データ、マウス免疫応答データを変更、再利用、表示付け替えをし、故意に、ねつ造・改ざんした。

しかし、言葉で説明されてもわかりにく。撤回された1論文を選んで研究公正局の指摘箇所の一部を以下に詳しく見よう。

★「2014年のJ Virol.」論文

「2014年のJ Virol.」論文の書誌情報を以下に示す。2020年2月に撤回された。

研究公正局の指摘箇所を以下に詳しく見よう(図の出典は原著)。以下は、指摘の全部ではない。

【図1B】
以下の図1Bの上列(VP1)の4ブロットはねつ造・改変したものだった。最初の2つは、空白のバックグラウンドを使用し、最後の2つのブロットは異なるウイルス(BC/NV101)のバンド由来だが、表示を変えて使用した。

【図3A】
以下の図3Aの3列目(modified rNDV- VP1 in DF1 cell lysates)の4ブロットは改変rNDVウイルス株(modified rNDV)と表示されているが、別のウイルス株(BC / NV101)での4ブロットを改ざんした画像だった。

【図5~図8】
以下の図5~図8のデータは存在していない。つまり、架空の数値であり、データねつ造である。

以下、図5から図8を順に並べた。全部、ウイルス力価データ、マウス免疫応答データなどである。

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

★パブメド(PubMed)

2020年5月23日現在、パブメド(PubMed)で、シンヒー・キム(Shin-Hee Kim)の論文を「Shin-Hee Kim [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2013~2020年の18年間の78論文がヒットした。

「Kim SH[Author]」で検索すると、 18,487論文がヒットした。

所属をメリーランド大学(University of Maryland)に限定した「(Kim SH[Author]) AND University of Maryland[Affiliation] 」で検索すると、 59論文がヒットした。

2020年5月23日現在、「(Kim SH[Author]) AND University of Maryland[Affiliation] AND Retracted」でパブメドの論文撤回リストを検索すると、本記事で問題にした「2014年のJ Virol.」論文・1論文が2020年2月に撤回されていた。

★撤回監視データベース

2020年5月23日現在、「撤回監視(Retraction Watch)」の撤回監視データベースでシンヒー・キム(Shin-Hee Kim)を「Kim, Shin Hee」で検索すると、本記事で問題にした「2014年のJ Virol.」論文・1論文が撤回されていた。

★パブピア(PubPeer)

2020年5月23日現在、「パブピア(PubPeer)」では、シンヒー・キム(Shin-Hee Kim)の論文のコメントを「”Shin-Hee Kim”」で検索すると、本記事で問題にした「2014年のJ Virol.」論文を含め3論文にコメントがあった。

●7.【白楽の感想】

《1》不明 

シンヒー・キム事件は「どのような状況で、どうしてネカトをしたのか」、まったく不明である。

この部分を解明しないと、ネカト防止策を立てられない。

韓国の釜慶(プギョン)大学(Pukyung National University)で修士号(MS)を取得し、米国の研究助教授になった。それが、ネカトである。女性だが、結婚し子供がいるのか、米国では不遇だったのか、事件後、韓国に帰国したのか、分からない。顔写真もみつからない。

研究公正局は調査に時間がかかる。結論が発表される前に、ウェブ上の情報はほとんど削除されたようだ。

ーーーーーー
日本がスポーツ、観光、娯楽を過度に追及する現状は日本の衰退を早め、ギリシャ化を促進する。今後、日本に飛躍的な経済の発展はない。科学技術と教育を基幹にした堅実・健全で成熟した人間社会をめざすべきだ。科学技術と教育の基本は信頼である。信頼の条件は公正・誠実(integrity)である。人はズルをする。人は過ちを犯す。人は間違える。その前提で、公正・誠実(integrity)を高め維持すべきだ。
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●9.【主要情報源】

①  研究公正局の報告:(1)2020年5月11日:Case Summary: Kim, Shin-Hee | ORI – The Office of Research Integrity(2023年5月にリンク切れる)。(2)2020年5月13日の連邦官報:Federal Register Notice 2020-10253 – Dr. Kim.pdf 。(3)2020年5月13日の連邦官報:Federal Register :: Findings of Research Misconduct
② 2020年5月13日のアダム・マーカス(Adam Marcus)記者の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:Former U Maryland researcher faked data in seven papers, two Federal grants: ORI – Retraction Watch
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。誹謗中傷的なコメントは削除します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。