ラルフ・ハイショー(Ralph Highshaw)(米)

2019年11月5日掲載 

ワンポイント:2006年1月3日(39歳?)、研究公正局は、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)・ポスドクだったハイショーに盗用があったと発表し、2005年12月12日から3年間の締め出し処分を科した。推定だが、ボスのアシシュ・カマット教授(Ashish M. Kamat)が、盗用に気が付いて大学に通報したと思われる。なお、ハイショーは米国外で生まれたイスラム教徒である。事件後、ハイショーは研究者を廃業し、泌尿器科の臨床医として働いている。国民の損害額(推定)は2億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
8.白楽の手紙
9.主要情報源
10.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

ラルフ・ハイショー(Ralph A. Highshaw、ORCID iD:、写真出典)は、米国外で生まれたイスラム教徒である。米国のテキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)・ポスドク・医師になった。専門は泌尿器学である。

2006年1月3日(39歳?)、研究公正局は、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)・ポスドクだったハイショーに盗用があったと発表し、2005年12月12日から3年間の締め出し処分を科した。

推定だが、ボスのアシシュ・カマット教授(Ashish M. Kamat)が気が付いて、大学に通報したと思われる。

ハイショーは、研究公正局のクロと発表された2006年以降、論文を発表していない。研究者を廃業し、泌尿器科の臨床医として働いている。

2019年11月4日現在、フロリダで泌尿器科の開業医になっている。

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)。写真出典

  • 国:米国
  • 成長国:米国
  • 医師免許(MD)取得:南カリフォルニア大学医科大学院
  • 研究博士号(PhD)取得:なし
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。米国外で生まれた。仮に1967年1月1日生まれとする。1993年に医師免許(MD)を取得した時を26歳とした
  • 現在の年齢:54 歳?
  • 分野:泌尿器学
  • 最初の不正論文発表:2005年(38歳?)頃
  • 不正論文発表2005年(38歳?)頃
  • 発覚年:2005年(38歳?)頃
  • 発覚時地位:テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター・ポスドク
  • ステップ1(発覚):第一次追及者はボスのアシシュ・カマット教授で、大学に通報したと思われる。
  • ステップ2(メディア):
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター・調査委員会。②研究公正局
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:なし
  • 大学の透明性:研究公正局でクロ判定(〇)
  • 不正:盗用
  • 不正論文数:1報
  • 盗用ページ率:
  • 盗用文字率:
  • 時期:研究キャリアの中期
  • 職:事件後に研究職(または発覚時の地位)を続けられなかった(Ⅹ)。臨床医として働いている
  • 処分: NIHから 3年間の締め出し処分
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は2億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

主な出典:Ralph Highshaw, MD | AdventHealth

  • 生年月日:不明。米国外で生まれた。仮に1967年1月1日生まれとする。1993年に医師免許(MD)を取得した時を26歳とした
  • 19xx年(xx歳):xx大学(xx)で学士号取得
  • 1993年(26歳?):南カリフォルニア大学医科大学院(University of Southern California Keck School of Medicine)で医師免許(MD)を取得
  • 1993年(26歳?):同大学付属病院で研修医
  • 199x年(xx歳):カリフォルニア大学デイビス校医科大学院(University of California-Davis School of Medicine)・ポスドク?
  • 2004年(37歳?)頃:テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)・ポスドク
  • 2005年(38歳?)頃:ネカトが発覚
  • 2005年(38歳?)頃:テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターを辞職
  • 2006年1月3日(39歳?):研究公正局がネカトと発表
  • 2013-2016年(46-49歳?):ノースダコタ州のアルトゥルー病院・泌尿器科の勤務医
  • 2019年11月4日(52歳?)現在:フロリダで開業医

●3.【動画】

以下は事件の動画ではない。

【動画1】
ハイショー臨床医の患者向け宣伝動画:「Southern California Urologist Ralph A Highshaw, M D in both Orange County & Riverside County – YouTube」(英語)2分03秒。David kartuzinskiが2013/10/12に公開

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★ネカト

ラルフ・ハイショー(Ralph A. Highshaw)は米国外で生まれたイスラム教徒である。米国で泌尿器科の医師になり、2004年(37歳?)頃、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)・ポスドクになった。

ボスは、アシシュ・カマット教授(Ashish M. Kamat、写真出典)だった。

ポスドクとして1年経過した2005年(38歳?)頃、文章の盗用が発覚した。ボスの論文からの盗用である。

発覚の経緯は不明だが、ボスのカマット教授が気が付いて、大学に通報したと思われる。

2006年1月3日(39歳?)、研究公正局は、ハイショーに盗用があったと発表し、2005年12月12日から3年間の締め出し処分を科した。

なお、ハイショーは第一著者ではないが、「2006年3月のUrology」論文、「2006年10月のJ Urol.」論文を出版した。ポスドクとしてはそれなりの研究能力があったのだと思う。ボスのカマット教授との共著論文だが、ネカト発覚後の論文である。論文を読む側は少し微妙である。

【盗用の具体例】

★盗用比較図

研究公正局の発表では、他人が執筆した21ページの総説「泌尿器がんの化学予防(Chemoprevention of Urologic Cancer)」の9ページ分をハイショーが盗用したとあった。

被盗用論文の書誌情報は示されていないが同じタイトル論文を探ると、「1999年のJ Urol」がヒットした(書誌情報を以下に示す)。ただ、研究公正局の発表では21ページの総説とあるが、以下の総説は13ページなので、ページ数が合わない。しかし、著者がハイショーのボスのカマット教授なので、まず間違いないと思う。

研究公正局はハイショーの盗用論文を示していない。つまり、盗用文章をどこに発表したのかを示していない。ハイショーには撤回論文がないので、出版論文ではないものに盗用文章を使用したか、発表前に発覚し論文発表しなかったと思われる。

結局、盗用比較図、盗用ペ―ジ率、盗用文字率はわかりません。

★事件後の人生

https://www.adventhealth.com/find-doctor/doctor/ralph-highshaw-md-1386726453

ラルフ・ハイショー(Ralph Highshaw)は、2006年1月3日(39歳?)、研究公正局にクロと発表されて以降、論文を発表していない。臨床医として働き、研究者を廃業したと思われる。

2017年12月(50歳?)、ネカトとは無関係だが、勤務先の病院で人種差別・宗教差別をされ、新聞記事に登場した。以下はその事件のさわりである。

2013-2016年(46-49歳?)、ハイショーはノースダコタ州の大きな病院・アルトゥルー病院(Altru )で泌尿器科医として勤務していた。ハイショーはイスラム教徒だったので、イスラム教徒の集会である2015年12月のサイエントロジーリトリート(Scientology retreat)に出席しようと病院に休暇届けを提出した。

すると、上司や病院スタッフから宗教がらみで不当な扱いを受け始めた。それで、2016年1月にノースダコタ州労働人権局に訴えた。

2016年2月(49歳?)、ハイショーは、1日に診察できる患者数を不当に制限された。

2016年3月(49歳?)、病院から管理休暇にさせられ、宗教に関する研修や心理テストを強要された。

2016年4月(49歳?)、結局、アルトゥルー病院を辞めざるを得なかった。

2019年11月4日現在、フロリダで泌尿器科の開業医になっている。
 → Dr. Ralph Highshaw MD Reviews | Wesley Chapel, FL | Vitals.com

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

★パブメド(PubMed)

2019年11月4日現在、パブメド(PubMed)で、ラルフ・ハイショー(Ralph A. Highshaw)の論文を「Ralph Highshaw [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2002~2006年の5年間の9論文がヒットした。

「Highshaw R[Author]」で検索すると、1996~2006年の11年間の12論文がヒットした。

2019年11月4日現在、「Highshaw R[Author] AND Retracted」でパブメドの論文撤回リストを検索すると、0論文が撤回されていた。
.
★撤回論文データベース

2019年11月4日現在、「撤回監視(Retraction Watch)」の撤回論文データベースでラルフ・ハイショー(Ralph A. Highshaw)を「Highshaw」で検索すると、0論文がヒットし、0論文が撤回されていた。

★パブピア(PubPeer)

2019年11月4日現在、「パブピア(PubPeer)」では、ラルフ・ハイショー(Ralph A. Highshaw)の論文のコメントを「Highshaw」で検索すると0論文にコメントがあった。

●7.【白楽の感想】

《1》事件の深堀 

ラルフ・ハイショー(Ralph Highshaw)の出版論文を見ると、指導者がわかりにくい。生命科学論文では、著者群の最期にボスの名前があるのが常だが、ハイショーの初期の論文では特定の名前が出てこない。つまり、ハイショーには研究指導者・論文指導者がチャンといなかったと思われる。

ハイショーは、医師免許を取得し、その勢いで研究界に入り、研究博士号を取得するコースに進まなかった。その場合、研究の進め方を真っ当に指導される機会を失う可能性がある。その典型例に思える。

盗用したテキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)・ポスドクだった時、ボスのカマット教授との共著論文を2006年に2報出版している。しかし、同年の2報の著者にボスのカマット教授は入っていない。ぞの前々年の「2004年のCurr Opin Urol.」論文では、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターのコリン・ダイニー教授(Colin P.N. Dinney、写真出典)が最後著者で、カマット教授が著者に入っていない。

このように、ポスドクの身で、研究のつまみ食いをしていたので、周囲から良く思われなかっただろう。

ハイショーは、肌の色が黒く、しかも、イスラム教徒である。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以降、米国では、専門職であっても、イスラム教徒は極端に生きにくくなったに違いない。

そして、単純な盗用をした。

ただ、この盗用をした状況が見えてこない。

ハイショーにはそれまで盗用癖があったのか、この時、初犯なのか? 一般的に盗用は常習性が高い。38歳になって、初めて盗用したとすれば、よほどの事情があったに違いない。

ーーーーーー
日本がもっと豊かに、そして研究界はもっと公正になって欲しい(富国公正)。正直者が得する社会に!
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

https://www.yelp.com/biz/socal-urology-riverside-2

●9.【主要情報源】

①  研究公正局の報告:(1)2006年1月3日:Findings of Scientific Misconduct。(2)2006年1月3日:Federal Register :: Findings of Scientific Misconduct
② 2017年12月17日のアンドリュー・ハザード(Andrew Hazzard)記者の「Grand Forks Herald」記事:Scientologist, Muslim doctors charge Altru with discrimination | Grand Forks Herald
③ 2017年12月16日にロング・ガイ(The Wrong Guy)が始めた議論:Scientologist Dr. Ralph Highshaw charges health care provider Altru with discrimination | Why We Protest | Anonymous Activism Forum

★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。誹謗中傷的なコメントは削除します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。