7-29.ケイレブ・ラック助教授の捕食学術誌・捕食事件

2019年2月5日掲載

白楽の意図:論文原稿を捕食学術誌に投稿した時、研究者と出版社とのやり取りは具体的にどのようなものか? 米国のセントラルオクラホマ大学(University of Central Oklahoma)・心理学のケイレブ・ラック助教授(Caleb Lack)は、悪ふざけのつもりで、捕食学術誌へ投稿した。その時の往復メールを「2018年のCenter for Inquiry」記事に掲載した。紹介しよう。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.論文概要
2.書誌情報と著者
3.論文内容
4.関連情報
5.白楽の感想
6.コメント
ーーーーーーー
【注意】「論文を読んで」は、全文翻訳ではありません。ポイントのみの紹介で、白楽の色に染め直してあります。

●1.【論文概要】

米国のセントラルオクラホマ大学(University of Central Oklahoma)・心理学のケイレブ・ラック助教授は、クリムゾン出版社(Crimson Publishers)の捕食学術誌に悪ふざけで投稿した。予想に反して、2か月かけて、原稿はそれなりに査読され、査読コメントも送ってきた。しかし、最初から悪ふざけのつもりだったので、論文掲載料を払うつもりはなく、論文を取り下げると伝えた。数回のやり取りの後、論文掲載料を払わないのに、論文が掲載された。その顛末を、出版社との往復メールを公開してブログに記載した。

●2.【書誌情報と著者】

★書誌情報

★著者

  • 単著の著者:ケイレブ・ラック(Caleb Lack)
  • 写真:http://sites.uco.edu/ceps/directory/lack-caleb.asp
  • 履歴:http://sites.uco.edu/ceps/directory/lack-caleb.asp
  • 国:米国
  • 生年月日:1979年頃生まれた。現在の年齢:40 歳?
  • 学歴:2006年7月、米国のセントラルオクラホマ大学(University of Central Oklahoma)で心理学の研究博士号(PhD)取得
  • 分野:心理学
  • 論文出版時の地位・所属:セントラルオクラホマ大学・心理学・助教授(Assistant Professor of Psychology and the Counseling Practicum Coordinator in the Department of Psychology at the University of Central Oklahoma)

セントラルオクラホマ大学(University of Central Oklahoma)。写真出典https://www.uco.edu/about

【動画1】
本論文の主題とは異なるが、ラック助教授の講演動画:「箱の外で教える(Teaching Outside the Box) | Caleb Lack | TEDxUCO – YouTube」(英語)17分29秒。
TEDx Talksが2015/11/20 に公開

●3.【論文内容】

【1.序論】

理工医学、人文科学、その他、学問分野を問わず、研究コミュニケーションの主要な手段は、学術誌に論文を掲載することです。

私(ケイレブ・ラック)は、その歴史を全て辿りませんが、学術誌は300年以上も前から存在し、査読付き学術誌は250年以上にわたって存在してきたと言えば十分でしょう。

当初は学術団体や科学団体が論文を出版していましたが、第二次世界大戦後、大手の出版社がこの分野で営業を始め、その後、学術出版界を支配するようになりました。そして現在、学術出版業界は巨大になり、大手出版社は年間数十億ドル(数千億円)の収入を得ています。

十数年前にオンラインアクセス出版が登場し、その後、学術出版業界は大きく変化しています。一部の学術誌はもはや、紙に印刷した学術誌を発行していません。そして、ほとんどの研究分野の学術論文がオンラインで自由に入手できるようになっています。

オープンアクセス出版時代を迎えた時、人間社会の多くの場面でもそうであるように、お金を稼ぐチャンスだったので、非倫理的でもいいからお金を得ようとする人々が現れました。捕食的オープンアクセス出版(predatory open-access publishing、捕食出版)として知られるようになった出版社です。捕食出版は、論文掲載料を著者に請求するオンライン専用の学術誌を多数発行しています。

評判の良いオープンアクセス出版社「Public Library of Science(PLoS One)」や従来の真正出版社が行なっている査読と編集を標準的に行なっていると捕食出版社は主張しています。しかし、事実はその主張とかけ離れていることが多く、実質上、査読はなく、内容に関する編集作業はありません。また、論文掲載料は非常に高いことが多いのです。

現在、研究者の誰もが「捕食学術誌」とは何かを、基本的には知っていますが、それでも、捕食出版社の多くは、いたるところに現れ、研究者にスパム電子メールを多量に送付し、ウェブサイトに誇大広告を掲載するのを止めません。

特に危険にさらされているのは、発展途上国の研究者です。学術誌名は意図的に他の著名な学術誌名と似せているため、混乱してしまいます。また、著名な研究者が学術誌の編集委員としてリストされているため、まともな出版社が発行するまともな学術誌だと誤解されている可能性があります。

定期的にさまざまな学術誌に論文を掲載している研究者の私は、毎日のようにいくつかの「論文募集」メールを受信しています。そのほとんどが自分の分野とは異なる学術誌からですが、論文原稿を投稿するよう依頼してきます。 この記事を書いた今日も、例えば、私は電子メールで「第3回アルツハイマー病と認知症に関する国際会議(3rd International Conference on Alzheimers Disease and Dementia)」と「第10回コンピュータサイエンス教育に関する国際会議(10th Annual International Conference on Computer Science Education)」で講演するように依頼されました。

私を知らない人のために、私の専門分野を書くと、私は不安、恐怖、そして強迫観念を専門とする臨床心理学者です。認知症やコンピュータサイエンスは私の専門分野ではありません。

【2.投稿】

2018年1月初旬、私(ケイレブ・ラック)は、スパムメールを削除していたとき、「One Article」という件名の電子メールに興味をそそられました。

クリムゾン出版社(Crimson Publishers)の学術誌「Advances in Complementary & Alternative Medicine (ACAM)」からのメールです。

ーーーー白楽コメント

なお、白楽が調べると、クリムゾン出版社のオフィスは、ウェブサイトでは米国・ニューヨークの「555 Madison Avenue, 5th floor」と「Third Avenue, 2nd floor」の2か所が示されている(Contact Details of Crimson Publishers | Open Access Journals | Crimson Publishers)。そのオフィスは、ヴァーチャル・オフィスまたはレンタル・オフィスとの指摘もある。さらに、別の住所「600 Third Avenue」のオフィスが記載され、社員数は 51-200人という情報もある(Crimson Publishers LLC: 概要 | LinkedIn)。まあ、米国・ニューヨークに本拠があることにしておこう。

クリムゾン出版社は、以下に示すように、ビールのリストで捕食出版社とされている。 → 7-20.ビールのライフワーク:捕食出版社との闘い 2018年11月22日掲載ーーーー白楽コメント終わり

クリムゾン出版社からのメールを以下に示します。

ポイントを日本語に意訳してみます。

ーーー
親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

おはようございます!

私達は2018年1月中旬に新しい学術誌「Advances in Complementary & Alternative Medicine (ACAM)」の発行を計画しております。

どのようなタイプの原稿であれ、ラック博士様からの論文投稿をお願い申し上げます。もし、短報なら、2ページの「意見」または「ミニレビュー」原稿をご送付ください。

あなたが私たちを失望させないことを願っています。

ご投稿をお待ちしています。

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

ーーー

このメールを見て、私は、これはちょっと面白いと思いました。

その後の数か月間、私は「アンジェリーナ」と電子メールのやり取りをしました。以下にその電子メールのやり取りを貼り付けます。

学術誌「Advances in Complementary & Alternative Medicine (ACAM)」を日本語に訳すと「補完代替医療(ACAM)の進歩」なので、研究分野は補完代替医療です。以下、この学術誌をACAM誌と書きます。

ーーー
2018年1月5日午後3時33分

こんにちはアンジェリーナ、

私は論文原稿を投稿しようと思います。その原稿は、ACAM誌にとって非常に重要な論文です。まだ受け付けていますか?

ケイレブ
ーーー
2018年1月8日7時14分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

ご質問にお答えできることを嬉しく思います。補完代替医療に関することならどんな種類の論文でもかまいませんので、できるだけ早く、あなたの大切な原稿をご投稿くださいますよう、お願い申し上げます。

ACAM誌の対象分野細目は、下記のリンクをご覧ください。
http://crimsonpublishers.com/acam/classification.php

あなたの素早い投稿をお待ちしています。

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

ーーー

2018年1月8日11時17分

こんにちはアンジェリーナ、

論文原稿をオンラインポータル経由で送信しようとしましたが、ファイルをアップロードできませんでした。

ケイレブ
ーーー

アップロードできなかったと思った論文原稿は先方に送信されていた。
送信してから24時間以内に次のメールが届いた。

ーーー
2018年1月9日7時26分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

原稿をご送付くださいましてありがとうございます。

原稿を拝見し、査読プロセスに進めたことをお知らせします。その後の進行は随時お知らせします。

以下が原稿IDです。この原稿IDで進行状況が把握できます。

論文タイトル:Induced After-Death Communication, or the Case of the Purple Hat Wearing Medium
日本語訳:死後のコミュニケーション、または紫色帽子霊能者のケース。

原稿ID:ACAM-18-RW-518

原稿を出版するために必要な作業のため、論文掲載料をご納入下さい。
ご理解ください。

良い一日を!

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

ーーー
2018年1月9日10時04分

アンジェリーナ、

私は査読の結果をお待ちします。

ケイレブ
ーーー

2018年1月11日7時08分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

あなたの原稿は査読中です。査読が終わり次第、審査結果をお知らせします。

あなたが私たちを理解していることを願っています。

素晴らしい一日を!

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ
ーーー

【3.査読】

その後2か月間、学術誌から何も連絡がありませんでした。1月中旬に新しい学術誌を発行するとの話だったので、考えてみると、奇妙です。

ただ、正直に申し上げると、私は3月下旬に次の電子メールを読むまで、私は投稿したことを忘れていました。

ーーー
2018年3月21日午前7:00

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

著名な編集者があなたの原稿を肯定的に評価されたことをお知らせします。査読コメントはありませんが、出版は承認されました。それで、私たちは、ゲラ校正をした後、PDF版をあなたに送る予定です。

なお、査読料金は822ドル(約8万2200円)です。
下のリンクをたどってオンラインで822ドル(約8万2200円)をお支払いください。
http://crimsonpublishers.com/pay-online.php

ご理解くださることを願っています。

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

【4.お金】

念のため、あなたが混乱しないように述べますが、「査読コメントはありませんが、出版は承認されました」という査読は、私が投稿してから、2か月経過した後に受け取った。

私は混乱した。そのため、以下のメールでは少し乱暴な対応をしたが、私が混乱していたためです。私はまた、少し卑劣になり始めた。

ーーー
2018年3月21日10時55分

こんにちはアンジェリーナ、

うわー、822ドル(約8万2200円)も!

支払いを決定する前に、私の原稿に対して査読者がどのようなコメントをしたのかを確認する必要があります。ご存知でしょうが、学術出版プロセスは一般的に次のように進行します「投稿、査読、返答、審査、承認または却下」。 査読者のコメントをできるだけ早く送ってください。

敬具

ケイレブ
ーーー

2018年3月22日8時33分

ケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

査読者のコメントを添付ファイルでお送りします。ご覧ください。
なお、以前の電子メールでお伝えしましたように、二重盲検査読プロセスに従っております。

これでうまくいくことを願っています。

素晴らしい一日を!

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ
ーーー

2018年3月22日11時52分

こんにちはアンジェリーナ、

少し混乱しているかもしれません。 あなたは822ドル(約8万2200円)を受け取ってから、私の原稿を査読者に送付すると言っていませんでした?

ケイレブ
ーーー

2018年3月23日8時24分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

私たちは、査読前の支払いをあなたに強制するつもりがないことを明確にしておきたいと存じます。そしてあなたの原稿はすでに査読を終了しており、査読コメントをできるだけ早くお送りいたします。

あなたが私たちを理解していることを願っています。

素晴らしい一日を!

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

私に「支払い」を「強制」? これは何? 学術誌のヤクザかい?

私は少し説明が必要でした。 以後、彼女のメールスタイルを真似ています。

2018年3月25日9時17分

親愛なるアンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ様

お返事をありがとうございます。

私はあなたを誤解しているのではないかと思い始めました。 あなたが送付されたのは査読コメントと理解すべきですか? 査読コメントは「この原稿は出版が承認されました」とあるだけです。

私は、15年間、学術誌にを投稿し論文として掲載されています。学術誌の編集委員として10年以上、勤めています。しかし、正直に申し上げて、これほど役に立たない査読コメントは見たことがありません。

論文内容への具体的なコメントがないまま、あなたが822ドル(約8万2200円)の支払いを要求している事実は、私には、ACAM誌が捕食学術誌のように思えます。

ケイレブ・ラック
ーーー

2018年3月28日8時36分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

あなたの御返事で懸念を持たれていることに関して、もう一度、査読の見直しを致します。査読コメントが得られ次第ご連絡申しあげます。

あなたが私たちを理解していることを願っています。

素晴らしい一日を!

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

ーーー

2018年4月2日7時29分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

私たちはあなたの原稿の査読作業を再び進め、あなたの原稿を若干修正すべきという査読コメントを受け取りました。添付した査読コメントに従って、修正後、修正原稿をなるべく早く再提出して下さるようお願い申し上げます。私たちは、あなたの原稿の出版作業をさらに進めたいと思います。

あなたの再提出をお待ちします。

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

もう一度、査読者のコメントがPDFで添付されてきた。今回は、「若干の修正をしていただければ、さらに査読することをしないで、出版を承認する」と査読者が推奨し、次のコメントが記載されていた。

コメント内容の記載があるが、白楽が省略した。

このコメント内容だと、確かに、誰かが原稿を実際に読んだことを示しています。ただ、2か月というより2日間で読んだコメントという印象ではある。

それでも、まともな査読がなかった2か月前の「査読コメントはありませんが、出版は承認されました」を受け取っていた私としては、まともに対応する気持ちが失せていて、お金も払わないでどこまでできるか、私はACAM誌を試してみることにしました。

【5.どこまで】

ーーー
2018年4月4日10時04分

親愛なるアンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ様

査読をありがとうございます。 しかし、この査読プロセス全体が非常に奇妙に思えます。 最初の査読では「査読コメントはありませんが、出版は承認されました」とあり、あなたは喜んでそれをベースに先に進めました。 その後、私が査読コメントについて尋ねると、あなたは査読者に再度原稿を送り、そして今、原稿には若干の修正が必要だと変更してきました。

私は最近、ACAM誌に出版された論文を少し丁寧に読んでみました。そして、ACAM誌は、牛治療(“Cowpathy”)やバイオリズムや鍼治療などのナンセンスな論文を繰り返し出版しています。そのような学術誌に、私の名前が関係するのは好みません。

とはいえ、あなたが822ドル(約8万2200円)の論文掲載料を放棄しても構わないと思っているならば、私は、原稿を修正して再提出させていただきます。 しかし、支払い額を再交渉できない限り(例えば3ドル50セント(tree fiddy、約350円)など)、お金を払ってACAM誌に論文を出版する気はありません。

あなたが私を理解してくれることを望む!

ケイレブ・ラック
ーーー

2018年4月6日午前8時5分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

メールをありがとうございます。

お答えします。私たちは通常、ご投稿いただいた原稿を2ー3人の編集者に割り当てます。そして、すべての査読者のすべてのコメントを考慮して出版していることを明確にしたいと思います。最初にお送りしたのは最初の査読者のコメントで、その後、2番目の査読者のコメントをお送りしました。

改訂原稿を早めにお送りくださるようお願い申し上げます。

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ
ーーー

2018年4月10日午前10時20分

親愛なるアンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ様

あなたは私に改訂原稿を送付するよう求めているのですか?

以前の電子メールで質問したように。その場合、論文掲載料はどうなるのですか?

ケイレブ・ラック
ーーー

2018年4月12日7時55分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

私たちは外部から資金を得ておらず、著者の支払いに完全に依存していることをお知らせします。それで、あなたのご要望を勘案し、論文掲載料を一部免除できないかと財務マネージャーに交渉しました。それで、822ドル(約8万2200円)ではなく、請求額は609ドル(約6万円)になりました。609ドル(約6万円)をお支払いくださり、早めに修正原稿をご提出してください。

これでうまくいくことを願っています!

あなたの前向きな対応をお期待しつつ。

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ

当初の請求額から約25パーセント、200ドル(約2万円)以上を割り引いてくれた。この割引はかなり寛大である。しかし、それは私の「例えば3ドル50セント(tree fiddy、約350円)など」という交渉を完全には満たしていませんが、私は私の交渉スキルが機能していることを理解した。 しかし、私は一銭も払う気持ちはなかったので、「別れのメール」と思える内容のメールを送りました。

ーーー
2018年4月16日11時20分

親愛なるアンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ様

対応が遅れたことをお詫び申し上げます。あなたの学術誌に私の論文を掲載するために600ドル(約6万円)を超える金額は、私はまだ非常に高すぎると思っています。それで、私は自分の論文を取り下げたいと思います。お金というささいなことで私たちの関係が停止してしまったことを残念に思います。

著名なピンク・フロイド(Pink Floyd)が「金、そいつは全くすばらしい。両手で現金つかんだら、しっかり隠しておけ」。あるいは、カニエ・ウェスト(Kanye West)が、「別に彼女のことを金目当て女だなんて言ってないけど、金ないやつとはつるまないんだよな」と歌っています。残念ながら、その歌詞にあるように行動する人たちがいます。

親愛なるアンジェリーナ、さようなら。そして、病気を治すために牛の尿を使うインド亜大陸からもっと多くの論文原稿を得られることを願っています。

誠に遺憾ではご ざいますが、

ケイレブ・ラック

手紙中の歌詞の日本語訳の出典は以下の通り。

――

好奇心が強い人のために書きますが、牛の尿を使って病気を治すという論文がこの「ACAM誌」に掲載されています。牛の尿が病気を治すことを裏付ける実証的証拠はありませんが、私は農場・牧場で育ちました。その時、多くの異なる牛の尿にまみれましたが、そのことで、私の病気が治ったことはありません。まあ、 私はあまり頻繁に病気になることはありませんでしたが。

上記のメールを送付したあと、アンジェリーナからもう何も言ってこないと、確実に私は思いました。それで、アンジェリーナの次の行動を予想しませんでした! 1日も経たないうちに、私は新しいメールを受け取ったのです。
――

2018年4月17日8時29分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

私たちのジャーナルはオープンアクセスのオンライン出版誌であり、私たちは第三者に賃金を支払う必要があることをお知らせ致します。そのため、最小の出版費用を支払いくださるようお願い致します。

また、改訂原稿の提出をお願いします。

今回は私たちを失望させないでください。

あなたの前向きな対応を期待しつつ。

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ
――

手紙文を省略するが、以下、往復メールが続く。

  • 2018年4月17日午後2時31分 ケイレブ・ラックが再度、今度こそ、返信してこないだろうというイヤミな文面をメールした。
  • 2018年4月19日2時59分 アンジェリーナから、メールが来た。論文をウェブ上に維持するウェブ・ホスティング料として$ 150(約1万5千円)を請求してきた。
  • 2018年4月23日3時44分 ケイレブ・ラックは、論文を取り下げたのだから、ウェブ・ホスティング料を請求するのはおかしいと、返事をする。
  • 2018年4月24日7時49分 アンジェリーナから、財務マネージャーが論文掲載料を免除するとのこと。その代わり、別の論文原稿を送ってくださいと依頼してきた。
  • 2018年4月24日11時18分 ケイレブ・ラックは、論文を無料で公開してくれることと、さらに2、3報の論文も無料で公開してくれるのか、と質問した。

【6.無料で出版】

そして次が最後のメールである。

――
2018年4月25日午前8時18分

親愛なるケイレブ・ラック博士様へ

お返事をありがとうございます。

これから投稿される2、3報の論文の論文掲載料を請求しないことをお知らせします。今回の修正原稿と次の論文原稿をすぐに受け取れることを楽しみにしています。

すてきな一日を!

アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチ
――

彼らは私からお金を得ることをあきらめただけでなく、無料で論文掲載する代わりに、より多くの論文を投稿するよう依頼してきた。

なお、今回の論文は2018年5月8日に以下のように出版された。

学術誌:Advances in Complementary & Alternative Medicine (ACAM)
論文タイトル:Induced After-Death Communication, or the Case of the Purple Hat Wearing Medium
日本語訳:死後のコミュニケーション、または紫色帽子霊能者のケース。
DOI: 10.31031/ACAM.2018.02.000545

私はこの論文がとても良い内容であるとは言わないが、それでもそれなりに有用な論文です。

なお、私はACAM誌が私に望んだ他の論文原稿を送っていません。

以下の論文の一部をクリックすると、論文が別窓で開く。

●4.【関連情報】

①【捕食学術誌リスト】

捕食学術誌への悪ふざけリスト(1)
捕食学術の記事リスト(1)

●5.【白楽の感想】

《1》ヤな奴

メールのやり取りを読むと、ケイレブ・ラック助教授は「ヤな奴」で、パワハラみたいに感じた。

もちろん、ビジネス上の交渉なので、パワハラではない。イヤならアンジェリーナが止めればいいだけだから。でも、「ヤな奴」という印象は満開です。

一方、ACAM誌の担当者・アンジェリーナ・ジョヴォヴィッチは我慢強く、誠実で、丁寧に対応している。

《2》査読システムを改善

クリムゾン出版社は捕食出版社とされているが、結局、捕食論文の根源的な問題は、粗悪論文を投稿する研究者に責任がある。そして、粗悪論文が投稿されても受理しなければいいだけだから、中心的な問題は、査読の質である。

出版社は掲載作業にかかわる経費、つまり、論文掲載料をもらって、論文を掲載するだけだ。

査読に問題があるなら、世界の学術誌の査読システムを改善すべきだろう。

例えば、世界査読機構を作り、査読者を登録制にする。研究者IDであるORCID (Open Research and Contributor Identifier)と同じように、世界査読機構は査読者を認定し、査読者IDであるOPRID (Open Peer Review Identifier、白楽の造語)を与える。いい加減な査読をした人の査読者資格をはく奪する。

査読者は顕名にし、査読文を公表する。人事考査のように、査読中は、査読者と投稿者との連絡を禁じる。

研究者は論文が業績として評価される。同じように、査読も業績として評価される。そうすれば、いい加減な査読をすると評価が低くなるので、それなりの質が保ててる。

あるいは、以下のフロンティアーズ社(Frontiers)のように共同で論文の質を向上する方式も一考の価値がある。 → 企業:学術業(academic business):フロンティアーズ社(Frontiers)(スイス) | 研究倫理(ネカト、研究規範)

査読についても、初回の査読が済んだ後に著者とレビュワーがオンラインフォーラム上で議論を行い、最終的に出版される論文にはレビュワーの名前が掲載されるというシステムになっています(2013年3月1日:カレントアウェアネス・ポータル)。

そして、査読を有料とする。査読者をランクABCに分け、査読者ランクAは1回20万円、Bは1回10万円、Cは1回5万円とし、論文の採択・不採択にかかわらず、徴収する。こうすることで、著名な教授への査読は高くなり、超一流紙への投稿と同じ、質的ランクがでて需要と供給のバランスが働く。

大学教員が査読する時、大学に届け、半分は大学の収入、半分は査読教員の報奨金にする。そうしないと、査読者は単に負担が増えるだけだ。

などなど。

ーーーーーー
日本がもっと豊かに、そして研究界はもっと公正になって欲しい(富国公正)。正直者が得する社会に!
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

http://borntodoscience.blogspot.com/2011/01/tangling-with-twisters.html

★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●6.【コメント】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。