社会心理学:ディーデリク・スターペル(Diederik Stapel)(オランダ)

ワンポイント:著名な社会心理学者の10年間のデータねつ造

【概略】 stapel_npcディーデリク・スターペル(Diederik Stapel、写真出典)は、オランダのティルブルフ大学(Tilburg University)・教授で、専門は社会心理学である。その学説は、「肉好きの人間は自己中心的である」という類いの世間受けする学説だった。

ネイチャー誌の「今年の10人(Nature’s 10)」は、その年、学術界で最も重要な役割を果たした世界の10人を選んでいるが、スターペルは2011年に選ばれた。それほど著名な研究者だった。

「Times Higher Education」の大学ランキングでは、ティルブルフ大学はオランダ第13位、欧州第276~300位の大学である(World University Rankings 2014-15: Europe – Times Higher Education)。

2011年8月27日(44歳)、ティルブルフ大学・研究担当副学長フィリップ・エイジランダー(Philip Eijlander)は、「スターペルのデータはねつ造・改ざんだ」と通報してきた若者に直接会って話を聞いた。

2011年9月初旬(44歳)、フィリップ・エイジランダーがスターペルに直接会って問いただすと、スターペルはあっさり、ねつ造・改ざんを認めた。

2011年9月7日、ティルブルフ大学は、スターペルを停職にした。

images2012年11月28日、ティルブルフ大学・フローニンゲン大学・アムステル大学の3大学合同調査委員会が調査の結果を公表した。スターペルは10年間にわたり、少なくとも55論文にデータねつ造・改ざんをしていた。

「The Scientist」誌の選んだ「2011年の大事件」の第1位である(2011年ランキング | 研究倫理Top Science Scandals of 2011 | The Scientist MagazineR)。2012年2月27日の「大学の10大研究不正」ランキングの第1位でもある(2012年ランキング | 研究倫理)。 Diederik+Stapel

  • 国:オランダ
  • 成長国:オランダ
  • 研究博士号(PhD)取得:オランダのアムステル大学(University of Amsterdam)
  • 男女:男性
  • 生年月日:1966年10月19日
  • 現在の年齢:54歳
  • 分野:社会心理学
  • 最初の不正論文発表:2002年(35歳)
  • 発覚年:2011年(44歳)
  • 発覚時地位:ティルブルフ大学・教授、学部長
  • 発覚:公益通報
  • 調査:①ティルブルフ大学・フローニンゲン大学・アムステル大学の3大学合同調査委員会。2011年10月31日~2012年11月28日
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:少なくとも55報。24論文が論文撤回
  • 時期:研究キャリアの初期から
  • 結末:解雇、研究博士号(PhD)返却

03FRAUD-popup写真出典

【経歴と経過】

  • 1966年10月19日:オランダのウフストヘーストで生まれる
  • 1991年(24歳):オランダのアムステル大学(University of Amsterdam)で文学修士号取得した。心理学とコミュニケーション
  • 1997年(30歳):オランダのアムステル大学(University of Amsterdam)で研究博士号(PhD)を取得した。社会心理学
  • 2000年(33歳):オランダのフローニンゲン大学(University of Groningen)・教授
  • 2006年9月1日(39歳):オランダのティルブルフ大学(Tilburg University)・正教授に移籍。TiBER(Tilburg Institute for Behavioral Economics Research)創設
  • 2010年9月1日(43歳):ティルブルフ大学・社会行動科学部・部長
  • 2011年8月(44歳):データねつ造・改ざんが発覚
  • 2011年9月(44歳):ティルブルフ大学を停職(その後、解雇になったハズ)
  • 2011年12月(45歳):ネイチャー誌の「今年の10人(Nature’s 10)」に選ばれる

pic_04

【研究内容】

スターペルの研究ネカト事件が発覚すると、それまでスターペルの研究を紹介していたサイトがバタバタ削除された(推定)。サイトの執筆者は、スターペルの研究結果を称賛していたから、そのまま残しておくと、自分の眼力のなさが露呈してしまうからである。

スターペルほどの著名学者なら、たくさんの称賛者がいたに違いないが、ほぼ全部が削除されている。ということで、ココでは写真のみ。

foto-sib-utrecht-diederik-stapel

Diederik Stapel leest brief voor van Anton Dautzenberg aan hem tijdens Schuimt. foto Gemma van der Heyden

【不正発覚・調査の経緯】

92b16d31-1dd3-449e-9831-cf231b089fe5_Philip%20Eijlander_230x307
フィリップ・エイジランダー(Philip Eijlander)

2011年8月27日(44歳)、ティルブルフ大学の「Rector Magnificus」(研究担当副学長のような役職)のフィリップ・エイジランダー(Philip Eijlander、写真出典)は、「スターペルのデータはねつ造・改ざんだ」と通報してきた若者に直接会って話を聞いた。

2011年9月初旬(44歳)、エイジランダー副学長がスターペルに直接会って問いただすと、スターペルはあっさり、ねつ造・改ざんを認めた。

2011年10月31日(45歳)、エイジランダー副学長は、オランダの心理学の重鎮・ウィレム・レヴェルト(Willem J.M. Levelt)を委員長とする調査委員会に調査を託した。

ウィレム・レヴェルト(Willem J.M. Levelt)
ウィレム・レヴェルト(Willem J.M. Levelt)

2012年11月28日(46歳)、ウィレム・レヴェルト(Willem J.M. Levelt、写真出典)が3大学合同調査委員会代表してまとめた調査報告書(Flawed science: The fraudulent research practices of social psychologist Diederik Stapel)を発表した(①Stapel Investigation、①になければ → Tilburg University – Documenten betreffende Levelt-rapporten)。

調査報告書に記載されているように、エイジランダー副学長は、最初から調査を公開にすると決めたことと、ウィレム・レヴェルトの調査が優れていたことで、事件全体は理解しやすい。

とはいえ、以下に日本語の解説が既にあるので、そちらを修正引用する。

b2394a07-5656-4e6d-99a3-0bbbb36b642d_stapel

2011年11月05日の「スラド サイエンス」記事(オランダの有名な社会心理学者、長期間にわたるデータねつ造を認める | スラド サイエンス)。

オランダのティルブルフ大学は、社会心理学者・ディーデリク・スターペル(Diederik Stapel)元教授のデータねつ造疑惑に関する報告書を発表した(Science Insiderの記事Reutersの記事本家)。

データねつ造疑惑が持ち上がったのは2011年の8月。研究者3名による告発を受けて調査を開始した大学に対し、データねつ造を認めたスターペル氏は2011年9月7日に停職処分となっていた。大学側がスターペル氏の元勤務先であるアムステルダム大学およびフローニンゲン大学にも問い合わせを行い、150報以上の論文を調査した結果、データのねつ造は過去10年近くにわたり繰り返し行なわれていたことが判明した。ねつ造されたデータは、2011年4月にScience誌で発表された「Coping with Chaos: How Disordered Contexts Promote Stereotyping and Discrimination」を含む30報以上の論文で見つかったという。スターペル氏は、「科学者として道を踏み外してしまった」などとする謝罪文をオランダのBrabants Dagblad紙に発表している。

DiederikStapelgroot

【スターペル自身が語る「どうして?」】

★動画
ディーデリク・スターペル(Diederik Stapel)が自分の研究ネカトを語る「Diederik Stapel on the BrainTrain — What I Lost And The Importance Of Being Connected」、(英語)14分9秒、TEDxMaastrichtが2013/09/10 に公開
以下のリンクが切れた時 → 保存版