ボイテック・アダム(Vojtěch Adam)(チェコ)

2022年6月15日掲載 

ワンポイント:アダムはメンデル大学・教授・副学長で、888報の論文を出版し、巨額の研究費を得たチェコのスーパースター研究者だった。2021年10月(39歳)、メンデル大学の次期・学長に選出された。しかし、その1年前、エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)らに、多数の論文に画像の異常があると指摘されていた。ネカト調査が入り、2022年1月、ネカトでクロと判定された。精査された12論文の内、2014~2019年(32~37歳)の6論文が撤回推奨、3論文が撤回考慮になった。アダムは当初、ネカト指摘を軽視していたが、結局、学長就任を諦めた。解雇処分はなく、メンデル大学・教授職を維持している。2022年6月14日現在、撤回論文数は1報である。国民の損害額(推定)は5億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
9.主要情報源
10.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

ボイテック・アダム(ヴォイチェク・アダム、ヴォイチェフ・アダム、Vojtěch 、ORCID iD:https://orcid.org/0000-0002-8527-286X、写真出典)は、チェコのメンデル大学(Mendel University in Brno)・教授で医師免許は持っていない。所属は化学科だが、専門は生化学・がん研究なので、生命科学の枠で扱った。

アダムはメンデル大学・教授・副学長で、888報を出版し、巨額の研究費を得たチェコのスーパースター研究者である。

チェコの中央ヨーロッパ工科大学(Central European Institute of Technology)・グループ長を兼任し、チェコのブリュン工科大学(Brno University of Technology)・教授も兼任した。

2021年10月(39歳)、メンデル大学の次期・学長に選出された。しかし、その1年前の2020年10月(38歳)、エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)らに、多数の論文画像の異常が指摘されていた。

ネカト調査が入り、2022年1月、ネカト調査報告書が公表され、クロと判定された。

精査された疑惑の12論文の内、2014~2019年(32~37歳)の6年間の6論文が撤回推奨された。3論文は撤回考慮と結論された。しかし、2022年6月14日現在、撤回論文は1報しかない。

アダムは当初、ネカトとの批判を軽視し学長に就任するとしていたが、結局、学長就任を諦めた。

2022年6月14日現在まで、アダムに対する処分はなく、アダムはメンデル大学・教授職を維持している。

メンデル大学(Mendel University in Brno)。写真出典

中央ヨーロッパ工科大学(Central European Institute of Technology)。写真出典

以下は、チェコのブリュン工科大学(Brno University of Technology)の動画

  • 国:チェコ
  • 成長国:チェコ
  • 医師免許(MD)取得:なし
  • 研究博士号(PhD)取得:マサリク大学
  • 男女:男性
  • 生年月日:1982年5月2日。チェコのブルノで生まれる
  • 現在の年齢:40歳
  • 分野:生化学
  • 不正論文発表:2014~2019年(32~37歳)の6年間
  • 発覚年:2020年(38歳)
  • 発覚時地位:メンデル大学・教授・副学長
  • ステップ1(発覚):第一次追及者はエリザベス・ビック(Elisabeth Bik)でパブピアと自分のブログで指摘
  • ステップ2(メディア):「パブピア(PubPeer)」、エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)のブログ、レオニッド・シュナイダー(Leonid Schneider)のブログ
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①メンデル大学など3大学合同の調査委員会
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:あり。https://www.ceitec.cz/vojtech-adam-investigation-report-pdf/f52720
  • 大学の透明性:実名報道で調査報告書(委員名付き)がウェブ閲覧可(◎)
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:精査した12論文の内、6論文が撤回推奨、3論文は撤回考慮。2022年6月14日現在は撤回論文は1報のみ
  • 時期:研究キャリアの中期
  • 職:事件後に研究職(または発覚時の地位)を続けた(〇)。選任された学長職は辞退
  • 処分:なし
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は5億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

  • 1982年5月2日:チェコのブルノで生まれる
  • 2006年6月31日~2007年12月10日(24~25歳):マサリク大学(Masaryk University)で学士号取得:分析化学
  • 2007年9月1日~2010年2月26日(25~27歳):同大学で研究博士号(PhD)を取得:細胞分子生物学
  • 2010年3月1日~2012年2月28日(27~29歳):メンデル大学(Mendel University in Brno)・助教授
  • 2012年3月1日~2015年12月31日(29~33歳):同大学・準教授
  • 2014~2022年(31~39歳):同大学・副学長
  • 2014~2019年(32~37歳):後に撤回推奨される論文6報を出版
  • 2016年1月(34歳):同大学・教授
  • 2021年10月(39歳):エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)がパブピアでネカトを指摘
  • 2021年10月10日~2021年12月31日(39歳):チェコの中央ヨーロッパ工科大学(Central European Institute of Technology)・グループ長を兼任
  • 2021年10月10日~2021年12月31日(39歳):チェコのブリュン工科大学(Brno University of Technology)・教授を兼任
  • 2021年10月18日(39歳):メンデル大学・学長に選出
  • 2022年1月25日(39歳):エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)がブログでネカトを指摘
  • 2022年1月26日(39歳):ミロシュ・ゼマン共和国大統領によりメンデル大学・学長に任命
  • 2022年2月1日(39歳):メンデル大学・学長就任予定日。この前日に就任辞退
  • 2022年6月14日(40歳)現在:メンデル大学・教授職を維持:Lidé na MENDELU – Mendelova univerzita v Brně

●3.【動画】

以下は事件の動画ではない。

【動画1】
講演動画:「CRISPR – evoluce v našich rukách | Vojtěch Adam | TEDxPrague – YouTube」(チェコ語)12分9秒。
TEDx Talks(チャンネル登録者数 3510万人)が2020/03/07に公開

【動画2】
紹介動画:「Řečník Science slamu 10: Vojtěch Adam – YouTube」(チェコ語)1分24秒。
Science slam MUNI(チャンネル登録者数 368人)が2019/03/05に公開

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★チェコのトップ研究者

ボイテック・アダム(Vojtěch Adam、写真出典)は生化学者で、チェコのトップ研究者である。

2018年、約140万ユーロ(約1億7千万円)の研究費を欧州研究会議(European Research Council (ERC))から得ている。 → Towards the Understanding a Metal-Tumour-Metabolism | ToMeTuM Project | Fact Sheet | H2020 | CORDIS | European Commission

アダムは出版論文数がとても多い。888報の出版物、740報の査読論文があると自己紹介している。17年間の研究キャリアで740報は、8日ごとに1報出版というハイペースである。

以下の図は、エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)が示した図である。その図ではアダムは出版論文数 を579報としているが、2022年6月14日現在の元データでは624報に増えている。 → Vojtech adam Researcher: Vojtech Adam in Publications – Dimensions

Vojtěch Adam publications per year (source: Dimensions.ai)

なお、後述するが、パブメド(PubMed)でヒットした論文数は、上記した「740報の査読論文」数の約半数である386論文だった。

アダムは2014~2022年(31~39歳)の間、メンデル大学の副学長だった。そして、2021年10月(39歳)にメンデル大学の次期・学長に選出された。学長就任は2022年2月1日(39歳)の予定だった。

★発覚の経緯

2020年10月xx日(38歳)、メンデル大学の次期・学長に選出される約1年前、エリザベス・ビック(Elisabeth Bik、写真出典)は、ボイテック・アダム(Vojtěch Adam)の多数の論文に画像の異常があると指摘した。

ビックの指摘を解説したレオニッド・シュナイダー(Leonid Schneider)が、アダムにネカトを指摘した時、アダムは次のように答えている(出典:2021年10月25日のシュナイダーのブログ)。

「私は、何百報もの科学論文を共著で書いています。 出版論文に公開されたデータの質を検証するプロジェクトがあることをうれしく思います。そのような客観的な検証を独立して行なうことは重要です。

なお、ご指摘の私の論文の場合、大変申し訳なく思いますが、私自身がデータをねつ造・改ざんしたことは一度もございません。現在、共著者や編集部と連絡を取り、論文の正誤表を作成しています」

★ネカト調査委員会

2021年10月22日、アダム教授が所属する3つの機関(メンデル大学、ブリュン工科大学(BUT)、中央ヨーロッパ工科大学(CEITEC))はアダム教授のネカト調査委員会を立ち上げると発表した。

ネカト調査委員会設置を主導したのはメンデル大学のダヌシェ・ネルドヴァ学長(Danuše Nerudová、写真: Mendelova univerzita v Brně、出典)である。

話しが少しそれる。ネルドヴァ学長は経済学者で、1979年1月4日生まれなので、この時、42歳だった。2018年2月1日に39歳で、史上初のメンデル大学女性学長に就任した。なお、2021年の学長再選は望んでいなかったのでアダムと競合していない。話によると、ネルドヴァは2023年1月のチェコの大統領選挙に立候補するとのことだ。大統領になれば、チェコスロバキア時代を含め、チェコ初の女性大統領になる。

ネカト調査委員会は6人の委員で構成され氏名・所属は公表された。

第1回は2021年11月15日に開催され、パブピアで問題視された12論文に焦点を絞って議論するという方針を決めた。

アダム教授は、パブピアでネカトと指摘された後、論文を訂正する方向で努力した。彼は、ほとんどの場合、訂正しても論文の科学的結論に影響しないと主張した。しかし、ネカト調査委員会はそうではないと結論している。

アダム教授は、論文の画像の異常は「間違い」であって、意図的な操作ではないと主張した。しかし、ネカト調査委員会は、意図的かどうかは重要ではないとした。重要なことは、画像がどのような過程で作成されたのか、つまり、画像の生データと論文画像が一致すれば、不正行為ではなかったと判定するとした。

ところが、アダム教授は生データの定義を曲解したのか、ごまかそうとしたのか、ネカト調査委員会に提出した顕微鏡像は、ほとんどの場合、論文で発表した組み立て後の低解像度の合成図(jpegファイル)だった。委員会は、生データファイルを要請していたのにである。

分子生物学の電気泳動ゲルの画像では、委員会はゲルをスキャンした生データの提出を要請していたが、代わりに、アダム教授が提出したのは、パワーポイントでゲルを組み立てた画像だった。

また、委員会に提出したほとんどのデータセットは、実験ノートの記録を付けてこなかった。

論文の図の準備には細心の注意が必要である。委員会が調査した結果、アダム研究室の室員は細心の注意を払って論文の図を準備したとは思えない回答をした。論文の画像の重複は明白で、少し注意を払えばすぐ見つかるレベルで、委員会は、「間違えた」レベルとは思えないと判断した。

また、委員会は、原稿の査読と編集レベルが低いことにも驚いた。これらの論文を掲載した出版社が非常に簡単に正誤表を受理したことにも驚いた。なお、委員会は、これらの正誤表を無視することを学術界に推奨している。

ネカト調査委員会は、結局、精査したアダム教授の12論文の内、6論文を撤回推奨、3論文は撤回考慮、と結論した。

2022年1月25日(?)、中央ヨーロッパ工科大学(Central European Institute of Technology)がまとめ役になって、ネカト調査委員会の調査報告書を公表した。 → Press statement of the director of the CEITEC consortium on discrepancy in research publications of Vojtech Adam | CEITEC – výzkumné centrum

以下は2022年1月25日(?)のネカト調査報告書(英語版)の冒頭部分(出典:同)。全文(7ページ)は → https://www.ceitec.cz/vojtech-adam-investigation-report-pdf/f52720

★その後

ネカトでクロと判定されたアダムは当初、学長就任への辞退を拒否した。ネカトは就任辞退のような不可逆的なステップにつながるほど深刻ではなかったと主張した。

しかし、メンデル大学のダヌシェ・ネルドヴァ学長と、チェコの科学当局は彼の辞任を求めた。

結局、アダムは、学長に就任しないことを決めた。

なお、2022年1月26日、レオニッド・シュナイダー(Leonid Schneider)は、エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)の記事のコメント欄で、パヴェㇽ・トマンチャックのメールを紹介している。

アダムのネカト調査員の1人であるパヴェㇽ・トマンチャック(Pavel Tomancak、 Pavel Tomančák、写真出典)は、中央ヨーロッパ工科大学(Central European Institute of Technology)コンソーシアムの責任者で、ドイツのマックスプランク・分子細胞遺伝学研究所(MPI-CB: – Max Planck Institute of Molecular Cell Biology and Genetics)・グループリーダーである。

トマンチャックは、シュナイダーに次のメールをした。なお、トマンチャックはチェコ出身である。

「2022年2月1日の時点で、アダム教授は中央ヨーロッパ工科大学の研究グループリーダーの地位を辞任しました。中央ヨーロッパ工科大学は、アダムの研究グループの研究実施体制を調査することにした。

さらに、私はすべてのキャリアレベルで中央ヨーロッパ工科大学・コンソーシアム研究者の間で優れた研究実施意識を高めるための措置を講じることを計画しています。

欧州研究会議(European Research Council (ERC))は私の措置を支援すると発表しました。

私の見解では、アダムの欧州研究会議からの実行中の助成金は停止されるでしょう。

そして、アダムの指導教授で、多くの不正論文の著者であるマサリク大学(Masaryk University)のレナ・キゼク教授(Rene Kizek、写真出典)も、ゲームオーバーです。2021年12月31日、マサリク大学はキゼク教授の雇用契約を止めました。

【ねつ造・改ざんの具体例】

ネカト調査委員会は、結局、精査したアダム教授の12論文の内、6論文を撤回推奨、3論文は撤回考慮、と結論した。

撤回推奨論文が6報もある。以下、エリザベス・ビック(Elisabeth Bik)が最初に指摘し、かつ、ネカト調査委員会も指摘した1報を示す。

★「2017年12月のOncotarget」論文

「2017年12月のOncotarget」論文の書誌情報を以下に示す。2016年6月24日現在、撤回されていない。

2020年10月xx日、院生がエリザベス・ビック(Elisabeth Bik)に伝え、ビックが調べ、問題点をパブピアで指摘した。

図7と表7のデータは別の論文の図とと表の一部をそのまま使用していると指摘した「Androlepis Skinneri (commented October 7th, 2019 5:19 AM and accepted October 7th, 2019 5:53 AM)」。
October 2020

以下のパブピアの図の出典:https://pubpeer.com/publications/2CFFE0198A1042B5D4E119005487D5

――――――――――以下は図1E
黄色のバンド、反転、別の切り方などしているが同じバンド。

――――――――――以下は図2
赤枠画像は同じ画像。

――――――――――以下は図3
Petr Svobodaがビックに伝えた。

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

★パブメド(PubMed)

2022年6月14日現在、パブメド(PubMed)で、ボイテック・アダム(Vojtěch Adam)の論文を「Vojtěch Adam [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2004~2022年の19年間の386論文がヒットした。

2022年6月14日現在、「Retracted Publication」のフィルターでパブメドの論文撤回リストを検索すると、「2011年11月のPLoS One」論文・1論文が2022年5月19日に撤回されていた。

★撤回監視データベース

2022年6月14日現在、「撤回監視(Retraction Watch)」の撤回監視データベースでボイテック・アダム(Vojtěch Adam)を「Vojtěch Adam」で検索すると、「2011年11月のPLoS One」論文・1論文が2022年5月19日に 撤回されていた。

★パブピア(PubPeer)

2022年6月14日現在、「パブピア(PubPeer)」では、ボイテック・アダム(Vojtěch Adam)の論文のコメントを「Vojtěch Adam」で検索すると、2007~2019年の13年間に出版された30論文にコメントがあった。

●7.【白楽の感想】

《1》副学長・学長のネカト 

大学の副学長・学長のネカトは、国によっては、調査されないことがあるし、調査されても歪んだ結論となる場合もある(というか、多分多い)。

アダム事件のボイテック・アダム(Vojtěch Adam)は、副学長で次期学長予定だったが、学長選前に既にネカトがあると指摘されていた。

そのような悪評のある研究者をよくも次期学長に選出したもんだ、と白楽は、アキレタ。

ただ、土壇場で、メンデル大学のダヌシェ・ネルドヴァ学長(Danuše Nerudová)が、しっかりと対処した。

万一、アダムが学長に就任していたら、厄介な事件になっただろうと思う。

《2》ネカト犯

ボイテック・アダム(Vojtěch Adam)は、チェコのトップ研究者である。

実際のネカト犯はアダムではなく、共著者の誰かだという気もするが、もしそうなら、アダムは調査委員会にどうして生データを提出しなかったのだろう。

問題のデータを出した共著者が誰かを、アダムは知っているハズだ。どうしてその人に生データを要求しなかったのか? その人の名前を挙げて非難しなかったのか?

そうしなかったということは、やはり、アダムがネカト者ということなのか?

《3》ネカトの予防

アダムは自称、740報の査読論文があると述べている。

ネカト調査委員会は、ネカト疑惑が指摘された12論文しか精査していない。

結局、精査したアダム教授の12論文の内、6論文を撤回推奨、3論文は撤回考慮、と結論した。

つまり、半数が撤回、4分の1が撤回考慮である。ということは、740報の査読論文全部をネカト精査すべきだと思う。100報以上、撤回推奨になるのではないのだろうか?

ネカト調査委員会の報告書はソコソコ優れていると思うが、精査論文を12報に限定したのは、かなりの欠陥だと思う。

《4》ネカトの予防

アダム事件はどうすると、ネカトを予防できたのか? 

ネカト犯がわからないと、方法が絞れない。

しかし、8日ごとに1報出版というハイペースの研究者はなんかおかしいと、周りが思わないのだろうか?ボイテック・アダム(Vojtěch Adam)。Foto: Mendelu。出典:https://denikn.cz/795062/jasne-znamky-manipulace-s-daty-vysvetlujeme-proc-vedci-vyzyvaji-noveho-rektora-k-rezignaci/

ーーーーーーー
日本がスポーツ、観光、娯楽を過度に追及する現状は日本の衰退を早め、ギリシャ化を促進する。日本は、40年後に現人口の22%が減少し、今後、飛躍的な経済の発展はない。科学技術と教育を基幹にした堅実・健全で成熟した人間社会をめざすべきだ。科学技術と教育の基本は信頼である。信頼の条件は公正・誠実(integrity)である。人はズルをする。人は過ちを犯す。人は間違える。その前提で、公正・誠実(integrity)を高め維持すべきだ。しかし、もっと大きな視点では、日本は国・社会を動かす人々が劣化している。どうすべきなのか?
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●9.【主要情報源】

① ウィキペディア・チェコ語版:Vojtěch Adam – Wikipedie
② 2021年10月25日のレオニッド・シュナイダー(Leonid Schneider)のブログ:Moravian Rhapsody – For Better Science
③ ◎2022年1月25日のエリザベス・ビック(Elisabeth Bik)記者の「Science Integrity Digest」記事:New Mendel University Rector found guilty of misconduct – Science Integrity Digest
④ 2022年1月26日の記者名不記載の「iROZHLAS – spolehlivé zprávy」記事:Budoucí rektor Mendelovy univerzity čelí kritice kvůli pochybení v článcích. Výzvu k rezignaci odmítl | iROZHLAS – spolehlivé zprávy
⑤ 2022年1月31日のフィリップ・サラとアルジベータ・トロシローヴァ(Filip Šára、 Alžběta Trousilová)記者の「Novinky.cz」記事:Vojtěch Adam rezignoval na post rektora – Novinky.cz
Thread by @MicrobiomDigest on Thread Reader App – Thread Reader App
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。誹謗中傷的なコメントは削除します

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments