「博士号はく奪」:映画学:ティエンリン・ジャイ、翟天臨(Tianlin Zhai)(中国)

2019年5月18日掲載

ワンポイント:テレビ・映画の人気俳優で、2018年6月(31歳)、北京電影学院(Beijing Film Academy)で研究博士号(PhD)を取得した。2019年2月(32歳)、ブロガーが、ティエンリン・ジャイの博士号に関係する論文が盗用だと指摘した。同2月(32歳)、北京大学はティエンリン・ジャイをポスドクとして受け入れないと発表し、北京電影学院(Beijing Film Academy)は博士号をはく奪した。中国のメディアが大騒ぎした。国民の損害額(推定)は2億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文
7.白楽の感想
8.主要情報源
9.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

ティェンリン・ジャイ、翟天臨、翟天临(Tianlin Zhai、写真出典)は、中国の人気俳優である。2018年6月(31歳)、北京電影学院(Beijing Film Academy)で研究博士号(PhD)を取得した。2019年2月に北京大学・光华管理学院(Guanghua School of Management, Peking University)のポスドク就任予定だった。専門は映画学だった。

2019年2月(32歳)、ブロガー「PITDyazhounuedaiboshizuzhi」が、ティエンリン・ジャイの博士号に関係する論文はリンファー・ハリ教授(Lihua Huang)が2006年に発表した2,783単語の論文と40.4%が同じ単語、つまり盗用、だと指摘した。

2019年2月16日(32歳)、北京大学はティエンリン・ジャイをポスドクとして受け入れないと発表した。

2019年2月19日(32歳)、北京電影学院(Beijing Film Academy)は調査の結果、盗用と結論し、ティエンリン・ジャイの博士号をはく奪した。

北京電影学院(Beijing Film Academy)。写真出典:由David290自己的作品CC BY-SA 4.0链接

  • 国:中国
  • 成長国:中国
  • 研究博士号(PhD)取得:北京電影学院(Beijing Film Academy)
  • 男女:男性
  • 生年月日:1987年2月15日
  • 現在の年齢:34歳
  • 分野:映画学
  • 最初の不正論文発表:2018年(31歳)
  • 発覚年:2019年(32歳)
  • 発覚時地位:人気俳優
  • ステップ1(発覚):第一次追及者はブロガー「PITDyazhounuedaiboshizuzhi」(詳細不明)でウェイボーにアップした
  • ステップ2(メディア):多数の中国メディア
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①北京電影学院(Beijing Film Academy)・調査委員会。②北京大学・調査委員会
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:あり。https://m.sohu.com/a/295645532_114941?_f=m-index_important_news_6&spm=smwp.home.fd-important.7.1550560931561JCDuO9S
  • 大学の透明性:機関以外が詳細をウェブ公表(⦿)
  • 不正:盗用
  • 不正論文数:少なくとも1報
  • 盗用ページ率:
  • 盗用文字率:40%
  • 時期:研究キャリアの初期から
  • 職:
  • 処分:博士号はく奪(Ⅹ)。北京大学がポスドク・不採用
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は2億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

  • 1987年2月15日:中国で生まれる
  • 2006年(18歳):北京電影学院(Beijing Film Academy)・演劇本科に入学
  • 2010-2013年7月(22-26歳):北京電影学院(Beijing Film Academy)・修士課程。修士号取得
  • 2014年(27歳):北京電影学院(Beijing Film Academy)・映画学・博士大学院に入学
  • 2018年6月(31歳):北京電影学院(Beijing Film Academy)で研究博士号(PhD)を取得
  • 2019年2月(32歳):北京大学・ポスドクの予定
  • 2019年2月(32歳):盗博が発覚
  • 2019年2月(32歳):北京大学がポスドク・不採用
  • 2019年2月(32歳):北京電影学院が博士号はく奪

●3.【動画】

【動画1】
ニュース動画:「北京大学、俳優のZhai Tianlin氏に学術上の不正行為を訴追(Peking University expels actor Zhai Tianlin for academic misconduct) – YouTube」(英語)2分11秒。
CGTNが2019/02/17 に公開

【動画2】
ネカト事件の動画ではなく、ティエンリン・ジャイ、翟天臨(Zhai Tianlin)の出演するドラマの宣伝動画:「Miss Buyer trailer Zhai Tianlin X Tang Yixin 买定离手我爱你 ,唐艺昕翟天临揭秘买手业,带你看全时尚买手圈—其他—视频高清在线观看 优酷 1 – YouTube」(中国語)1分50秒。
Cfensi – Your source for Chinese Entertainment Newsが2018/11/26 に公開

●4.【日本語の解説】

★2019年2月18日:「芙蓉峰の如是我聞」記事:翟天臨さんと北京電影学院が、大変なことになっています

出典 → ココ (保存版
同じ文章がここにもある → 2019年2月21日の发布于の「weibo」記事:【初心专栏】怎么一本正经地向日本友人科普翟天临事件

私は知りませんでしたが、中国に、翟天臨(翟天临)(zhai2 tian1 lin2/ジャイティェンリン)さんという俳優がいるのだそうです。

「翟」(zhai2/ジャイ)と読み、中国には、まあまあよくある姓です。

翟さん、俳優なのですが、秀才ということで有名でした。
これを「学覇」(xue2 ba4/シュエバ)と言います。

俳優をしながら、北京電影学院という学校の大学院に通い、博士号を取得したのだそうです。

「電影(电影)」(dian4 ying3/ディェンイン)とは、映画のことです。
きっと、映画について学ぶ大学なのだと思います。

日本でもそうかもしれませんが、俳優さんになるとお金持ちになれるので、こういう学校に行こうという人が増えています。

これから翟さんは、北京大学のポストドクターに進む予定でした。
これを「博士後(博士后)」(bo2 shi4 hou4/ボシホウ)と言います。

ここまでは順調だったのですが、ふとした機会に、翟さんが「知網(知网)」(zhi1 wang3/ジワン)について知らないことがばれてしまいました。

「知網」とは、私も知りませんが、何でも、博士論文などを投稿するサイトで、少なくとも本当の博士であれば、知らない人はいないという常識中の常識なのだそうです。

で、ちょっとおかしいんじゃない?ということになって、論文を調べたところ、翟さんの論文は、どうも、陳坤(陈坤)(chen2 kun1/チェンクン)さんの論文を真似たようだということがわかりました。

翟さんに、どれだけのコネがあったのかわかりませんが、どうも甘々で博士にしてもらったようです。

★2019年3月3日:陳言(在北京ジャーナリスト)の「J-CASTニュース」記事:中国人気俳優の論文盗用 「博士号」絡む不正に厳しい目

出典 → ココ (保存版

中国の人気俳優、翟天臨(ディー・ティエン・リン)が2019年2月14日、北京大学の「ポストドクター」を辞した。一カ月に何本ものテレビドラマに出演するほどのイケメン俳優、翟。だが、他人の著作や論文を盗用して修士論文と博士論文を完成させたことが暴露され、世論の注目を大いに集めていた。盗用認定にあたっては、複数の論文の文章をチェックするソフトを駆使して、ネット民たちが大活躍した。

博士号を取得した時=「百度」サイトから

日本では俳優の学歴はそこまで重視されないだろうが、中国では違う。俳優は演技の巧みさのほかに、人並み以上の学識が求められる。翟はまさにその「お手本」。彼は博士号を習得しただけではなく、首尾よく北京大学のポストドクターになっていた。

日本でポストドクターといえば、博士号を取った人が、就職先や研究者としての正式な身分を得る前に研究を続ける、どちらかといえば地味なイメージかもしれない。しかし中国のポストドクターはとても名誉あるポストだ。本人が重要なポジションに就くまで保持できる「ステータス」である。

http://www.cn.hanx.in/2008/02/zhai-tianlin.html

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★盗用基準

中国の多くの大学では、単語の流用率が20%以下なら盗用ではないという基準を設けている。20%ではなく15~25%で大学によって異なるという記述もある。

北京電影学院(Beijing Film Academy)によると、修士号を取得するには、2つのレポーを出版しなければならず、内1報は、中国の主要な学術誌に出版しなければならない。

博士号の授与基準は、院生単独または指導教授と共著の論文(第一著者または第二著者)を少なくとも2報、中国と外国で、出版しなければならない。内、1報は中国の主要学術誌に出版する。

★盗用発覚

2018年8月(31歳)、ティエンリン・ジャイの論文の1つが学術誌に掲載され、中国学術文献オンラインサービス(China National Knowledge Infrastructure、CKNI)にアップロードされた。この論文は総説(解説文)ではないので、独創性が要求される。

2018年12月28日(31歳)、北京大学・光华管理学院(Guanghua School of Management, Peking University)がポスドクとして受け入れる書類をティエンリン・ジャイに発行した。

2019年1月31日(31歳)、ティエンリン・ジャイは以下のポスドク採用の通知を新浪微博(シンランウェイボー、Sina Weibo)にアップした。

https://www.jqknews.com/news/137992-Media_Can_Zhai_Tianlins_thesis_still_stand_up_to_being_accused_of_plagiarism.html

ポスドク採用の通知にブロガー「PITDyazhounuedaiboshizuzhi」が反応した。

ティエンリン・ジャイの論文を調べ始めたのだ。

2019年2月(32歳)、ブロガー「PITDyazhounuedaiboshizuzhi」は、オンライン・メディア解説誌「Guangdian Shiping」のティエンリン・ジャイの論文は、リファー・ハァン教授(Lihua Huang)が2006年に発表した2,783単語の論文と40.4%が同じ単語だと指摘した。つまり、単語の流用率が20%以下という基準を大きく越えた盗用だと指摘した。

ティエンリン・ジャイはハンサムで知的な男優として大人気だったので、中国のマスメディアは大騒ぎになった。

ここ数年、中国はネカトに厳しく対処するようになり、何人もの有名人がネカト処分を受けている。

盗用文字率は40.4%だが、文章の質が非常に悪く、盗用検出ソフトが盗用と識別できない程だったそうだ。

2019年2月16日(32歳)、北京大学はティエンリン・ジャイをポスドクとして受け入れないと発表した。

2019年2月19日(32歳)、北京電影学院(Beijing Film Academy)は調査の結果、盗用と結論し、ティエンリン・ジャイの博士号をはく奪した。
→ 2019年2月19日の「Chinadaily」記事:Zhai’s doctorate revoked after investigation – Chinadaily.com.cn

https://www.weibo.com/1875379117/HhnESkX96?refer_flag=1001030103_&type=comment#_loginLayer_1556252821545

★監督責任

ティエンリン・ジャイの指導の失敗に対し指導教員だったイー・チェン教授(Yi Chen)は院生の指導資格を失った。

★政府

日本の文部科学省に相当する中華人民共和国教育部の陳宝生・大臣(陈宝生、Baosheng Chen)が、ティエンリン・ジャイの事件に言及している。ネカトに対してゼロ・トレランス方針(全く許さず、違反した場合は厳罰処分)を指示している。
→ 2019年2月15日:Ministry of Education addresses Zhai plagiarism case

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

省略。

●7.【白楽の感想】

《1》有名人

俳優、政治家など研究が本業ではないのに箔をつけるために博士号を取得する。しかし、片手間で博士論文を書けるほど博士論文は簡単ではない。それでネカトをする。バレて、本業まで危なくなる。

博士号は本業に必要ないのだから、取得しようと思わなきゃいいのにと、白楽は思う。人間の業(「ズルして得したい」)なんですかね。

《2》不明

ティエンリン・ジャイのどの論文が盗用なのか、ハッキリつかめなかった。博士号を得るための事前の論文の2つの内の1つが盗用だったとあるが、博士論文そのものに盗用はないのか? 修士論文の盗用は調査されたのか、これら全部の論文が盗用なのか、なんか、わかりませんでした。

単語の流用率が20%以下なら盗用ではないという基準はいつどこが決めたのかも、わかりませんでした。

《3》監督責任

ティエンリン・ジャイの指導教員だったイー・チェン教授(Yi Chen)も処分された。中国は欧米的かと思ったが、ネカトでは日本と同じように監督責任を科す文化のようだ。

《4》中国

中国はここ数年、急速にネカト取締りに乗り出している。ネカトに対してゼロ・トレランス方針(全く許さず、違反した場合は厳罰処分)を宣言している。日本は、10数年後、イヤイヤ数年後かもしれない、ネカト対策でも中国に追い抜かれるだろう。

ーーーーーー
日本がもっと豊かに、そして研究界はもっと公正になって欲しい。正直者が得する社会に!
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

Actor Zhai Tianlin. [Photo: IC]、http://chinaplus.cri.cn/news/china/9/20190216/249684.html

●8.【主要情報源】

① ウィキペディア英語版:Zhai Tianlin – Wikipedia
② 2019年2月12日の「China Daily」記事:Film academy probes PhD actor accused of academic plagiarism、(保存版)
③ 2019年2月17日の「Global Times」記事:Peking University expels actor Zhai Tianlin over plagiarism claim – Global Times、(保存版)
④ 2019年2月10日の「jqknews」記事:Media: Can Zhai Tianlins thesis still stand up to being accused of plagiarism? | jqknews 、(保存版)
⑤ 2019年2月16日の王清(Wang Qingchu)記者の「SHINE News」記事:Peking University removes actor from post-doctoral program over academic misconduct – SHINE News
⑥ 2019年2月15日のシェリー・ライダー(Sherie Ryder)記者とケリー・アレン(Kerry Allen)記者の「BBC News」記事:Chinese actor quits research work over plagiarism admission – BBC News
⑦ 2019年2月20日のミシェル・ウォン(Michelle Wong)記者の「South China Morning Post」記事:Plagiarism costs Chinese film star Zhai Tianlin his PhD | South China Morning Post
⑧ 百度百科:翟天临_百度百科
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。