ジャニナ・ジャン(Janina Jiang)(米)

2022年8月5日掲載、2022年12月7日更新

ワンポイント:2022年8月2日(58歳?)、研究公正局は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・助教授だったジャニナ・ジャンの、2011~2018年9月(47~54歳?)の8年間の11件の研究費申請書に、データねつ造・改ざんがあったと発表した。発表を見た人が研究公正局の間違いを指摘し、2022年9月16日、連邦官報は訂正した。研究公正局の発表に間違いがあり、連邦官報が訂正したのは初めてだと思う。執筆時点では、撤回論文はゼロ。国民の損害額(推定)は1億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
9.主要情報源
10.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

ジャニナ・ジャン(Janina Jiang、Janina Q Jiang、ORCID iD:、写真出典)は、中国で医師免許、カナダで研究博士号(PhD)を取得し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・助教授になった。専門は腫瘍免疫学である。

2022年8月2日(58歳?)、研究公正局は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・助教授だったジャニナ・ジャンの、2011~2018年9月(47~54歳?)の8年間の11件の研究費申請書に、ねつ造・改ざんがあったと発表した。

ネカトの指摘は研究費申請書だけである。出版論文でのネカトは指摘されていない。

2015年2月~ 2018 年6 月(51~ 54歳?)、ジャニナ・ジャンは? エイズ・ ワクチンの6件と子宮頸がんの 2 件の研究を終えた。

2019 年1月10日(55歳?)、共同研究者が上記の研究データに疑念を抱き、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に通報した。

2019 年4月25日(55歳?)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校はネカト本調査を開始した。

ネカトデータは論文に出版していなかったが、複数の研究費申請書に使用していた。 2018年9月に申請した研究費申請書が最新だった。

2020年8月(56歳?)、ジャニナ・ジャンは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校を辞職した(させられた?)。

2021年6月22日(57歳?)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校はネカト調査を終え、クロと判定し、研究公正局に伝えた。

2022年8月2日(58歳?)、研究公正局は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・助教授だったジャニナ・ジャンの、2011~2018年9月(47~54歳?)の8年間・11件の研究費申請書に、データねつ造・改ざんがあったと発表した。

2022年7月22日(59歳?)から3年間の監督期間(Supervision Period)処分を科した。3年間の監督期間(Supervision Period)処分は普通の処分である。

2022年8月22日時点では、ジャニナ・ジャンはシーダース=シナイ病院(Cedars-Sinai Medical Center)・研究員だった。

2022年8 月末、研究公正局がネカト公表したことを受け、シーダース=シナイ病院を解雇された(辞職した?)。

2022年11月11日時点、シーダース=シナイ病院の研究室メンバーから削除されている(2022年11月11日時点のサイト)。

なお、2022年8月2日の研究公正局の発表を見た人が、発表内容の間違いを指摘した。

それで、2022年9月16日、研究公正局の発表に間違いがありましたと、連邦官報は2022年8月5日の記事を訂正した。

ネカト事件の発表で連邦官報を訂正したのは初めてだと思う。

image192012年7月9日。米国・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California, Los Angeles:UCLA)正門前の筆者(白楽)

  • 国:米国
  • 成長国:中国
  • 医師免許(MD)取得:中国の同済医科大学
  • 研究博士号(PhD)取得:カナダのマクマスター大学
  • 男女:女性
  • 生年月日:不明。仮に1964年1月1日生まれとする。1988年に大学院入学した時を24歳とした
  • 現在の年齢:59 歳?
  • 分野:腫瘍免疫学
  • 不正申請:2011~2018年9月(47~54歳?)の8年間
  • 発覚年:2019 年(55歳?)
  • 発覚時地位:カリフォルニア大学ロサンゼルス校・助教授
  • ステップ1(発覚):第一次追及者は共同研究者だが氏名は不明
  • ステップ2(メディア):
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①カリフォルニア大学ロサンゼルス校・調査委員会。②研究公正局
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:なし。「撤回監視(Retraction Watch)」が公表 → https://retractionwatch.com/wp-content/uploads/2022/11/Jiang-Investigation-Report-Redacted-10.7.2022-22-1291.pdf
  • 大学の透明性:研究公正局でクロ判定(〇)
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正申請数:出版論文に不正なし。2022年12月6日現在、撤回論文はない。研究公正局は2011~2018年9月(34~41歳?)の8年間の11件の研究費申請書を不正とした
  • 時期:研究キャリアの中期~後期
  • 職:事件後に研究職(または発覚時の地位)を続けられなかった(Ⅹ)
  • 処分: NIHから 3年間の監督期間(Supervision Period)処分
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は3億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

主な出典:Janina Jiang | LinkedInネカト調査報告書

  • 生年月日:不明。仮に1964年1月1日生まれとする。1988年に医師免許を取得した時を24歳とした
  • 1988年(24歳?):中国の同済医科大学(Tongji Medical University)で医師免許を取得
  • 2001年(37歳?):カナダのオタワ大学(University of Ottawa)で修士号を取得
  • 2001~2005年(37~41歳?):カナダのマクマスター大学(McMaster University)で研究博士号(PhD)を取得:分子生物学
  • 2005~2008年(41~44歳?):スタンフォード大学(Stanford University)・ポスドク
  • 2010年3月~2018年6月(46~54歳?):カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・病理/実験医学科(Department of Pathology and Laboratory Medicine)・助教授
  • 2011~2018年9月(47~54歳?):この間の11件の研究費申請書が後にネカトと指摘された
  • 2018年7月~2020年8月(54~56歳?):カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・セメル神経科学人間行動研究所(Semel Institute for Neuroscience and Human Behavior)・助教授
  • 2019 年1月(55歳?):不正研究が発覚
  • 2019 年4月(55歳?):カリフォルニア大学ロサンゼルス校はネカト本調査を開始
  • 2021年6月22日(57歳?):カリフォルニア大学ロサンゼルス校はネカト調査を終え、クロと認定した
  • 20xx年(xx歳):シーダース=シナイ病院(Cedars-Sinai Medical Cente)・研究員:https://archive.ph/iBGYI
  • 2022年8月2日(58歳?):研究公正局がネカトと発表
  • 2022年8 月末(58歳?):シーダース=シナイ病院を解雇(辞職?)

●3.【動画】

以下は事件の動画ではない。

【動画1】
実験手技の動画:「マウス生殖管粘膜からのリンパ球の単離」(英語)2分00秒。
JoVEが2012/09/03に公開 → 以下の画像をクリック

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★中国人

ジャニナ・ジャン(Janina Jiang、Janina Q Jiang)は、中国の同済医科大学(Tongji Medical University)で医師免許を取得し、その後、カナダのマクマスター大学(McMaster University)で研究博士号(PhD)を取得した。

米国のスタンフォード大学(Stanford University)・ポスドクを経て、2010年3月、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・助教授になった。

ボスはキャスリーン・ケリー教授(Kathleen A Kelly、写真出典)だった。2011~2017年の8論文がケリー教授と共著である。

ただ、ケリー教授 のグラントが十分ではなく、ジャニナ・ジャンは2015年から別の教授とも研究するようになった。

この別の教授が誰なのかハッキリしない。スティーブン・デュビネット教授(Steven M. Dubinett)かもしれない。

★ネカト調査

2015年2月~ 2018 年6 月(51~ 54歳?)、ジャニナ・ジャンは? エイズ・ ワクチンの6件と子宮頸がんの 2 件の研究を終えた。その時、 ジャニナ・ジャンは共同研究者にフローサイトメトリーの生データを提供しなかったので共同研究者はなにかヘンだなと感じた。

結局、ジャニナ・ジャンはエイズ・ ワクチンの 2.5 件分と子宮頸がんの 2 件の生データを共同研究者に提供した。

共同研究者はフローサイトメトリーの知識がある別の共同研究者にその生データを分析して貰った。

その生データにネカト疑惑が生じた。

これらのデータは既にNIH助成金申請で使われていた。

2019 年1月10日(55歳?)、共同研究者はジャニナ・ジャンのネカト疑惑をカリフォルニア大学ロサンゼルス校に通報した。

対応したのは、 ロジャー・ワキモト研究担当副学長(Roger Wakimoto、写真出典)で、ワキモト副学長は研究公正官(Research Integrity Officer )でもあった。

2019 年4月17日(55歳?)、予備調査を終え、本調査に入るとジャニナ・ジャンに伝えると、ジャニナ・ジャンは研究内容を変えたので、過去の資料を廃棄して持っていないと答えた。

2019 年4月25日(55歳?)、3人の委員からなるネカト調査委員会が発足し、調査を始めた。

2021年6月xx日(57歳?)、2年2か月の調査の後、ネカト調査委員会はジャニナ・ジャンがデータをねつ造・改ざんしたと結論した。

2021年6月22日(57歳?)、ワキモト副学長はジャニナ・ジャンに調査報告書を送付し、コメントがあれば申立てるように伝えた。

30日以内に申立てがなかったので、2021年7月27日付けで、以下のネカト調査報告書が確定した。

以下は「撤回監視(Retraction Watch)」が情報公開法で得たネカト調査報告書(2021年7月27日付け)の冒頭部分(出典:同)。全文(42ページ)は → https://retractionwatch.com/wp-content/uploads/2022/11/Jiang-Investigation-Report-Redacted-10.7.2022-22-1291.pdf

★研究公正局

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のネカト調査報告書(2021年7月27日付け)を受け取ってから約1年が経過した。

2022年8月2日(58歳?)、研究公正局は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・助教授だったジャニナ・ジャンの、2011~2018年9月(47~54歳?)の8年間の11件の研究費申請書に、ねつ造・改ざんがあったと発表した。

ねつ造・改ざんは全部、フローサイトメトリーのデータだった。

ネカトの指摘は研究費申請書だけで、出版論文でのネカトは指摘されていない。

2022年7月22日から3年間の監督期間(Supervision Period)処分を科した。3年間の監督期間(Supervision Period)処分は普通の処分である。

研究公正局の発表をそのまま貼り付けると11件の研究費申請は以下の通り。

  1. R43 CA228629-01, “CTL Based Therapeutic Vaccine to Prevent or Interrupt HPV Mediated Oncogenesis,” submitted to NCI, NIH, Awarded Project Dates: September 18, 2018-February 29, 2020.
  2. UL1 TR000124, “UCLA Clinical and Translational Science Institute,” submitted to NCATS, NIH, Awarded Project Dates: June 1, 2011-August 31, 2016.
  3. P01 AI131294-01, “Defining Factors Controlling HIV Rebound,” submitted to NIAID, NIH, Awarded Project Dates: August 10, 2017-July 31, 2022.
  4. R01 AI126914-01, “A Recombinant Human Vault CTL-Based HIV Vaccine Component,” submitted to NIAID, NIH, on December 23, 2015.
  5. R21 AI131013-01, “A Novel Cellular Immune Zika Vaccine,” submitted to NIAID, NIH, on June 14, 2016.
  6. R21 AI131451-01, “A Novel Therapeutic Vaccine for HPV Oncogenesis,” submitted to NIAID, NIH, on June 14, 2016.
  7. R21 AI131451-01A1, “A Novel Therapeutic Vaccine for HPV Oncogenesis,” submitted to NIAID, NIH, on June 13, 2017.
  8. R21 AI142068-01, “A Novel Therapeutic Vaccine for HPV Oncogenesis,” submitted to NIAID, NIH, on February 12, 2018.
  9. R43 AI136224-01, “Development of A Novel Pan-Serovar Vaccine for Chlamydia,” submitted to NIAID, NIH, on April 5, 2017.
  10. R44 AI126960-01, “Novel Pan-Serovar Vaccine for Chlamydia,” submitted to NIAID, NIH, on January 4, 2016.
  11. R44 AI128983-01, “Design of a Novel CTL Retargeting Therapeutic HIV Vaccine,” submitted to NIAID, NIH, on April 2, 2016.

なお、「Grantome」で検索したところ、ジャニナ・ジャンは研究代表者としては、NIHからの研究費を受給していない、 Grantome: Search

★NIHグラントではなかった

ジャニナ・ジャン事件は、珍しいことに、基本的な点で間違いがあった。

上記したように、11件の研究費申請にネカトがあったと研究公正局は発表し、2022年8月5日の連邦官報にもその旨記載された。

この発表を見た関係者が、11件の研究費申請のうちの1件は、ジャニナ・ジャンとは無関係だとワキモト副学長に伝えた。

つまり、上記11件の研究費申請の2番目の「 UL1 TR000124」は ジャニナ・ジャンのねつ造・改ざんデータは含まれていなかった。

2021年8月16日、ワキモト副学長は連邦官報の訂正を要請した。

対応しないので、ワキモト副学長は 2021年9月9日に再度、今度は強い口調で連邦官報の訂正を要請した。

「撤回監視(Retraction Watch)」が情報公開法で得たワキモト副学長の2通の手紙(2021年8月16日付け、2021年9月9日付け)の冒頭部分(出典:同)。全文(8ページ)は → https://retractionwatch.com/wp-content/uploads/2022/11/Pollack-Responsive-Records-22-1434.pdf

2022 年9月16日、それで、連邦官報は2022年8月5日の記事の該当部分を削除するという訂正をした。 → 2022 年9月16日の連邦官報:II. Correction of Errors

【ねつ造・改ざんの具体例】

2022年8月2日の研究公正局の発表では、ねつ造・改ざんは、各研究費申請書のフローサイトメトリーのデータだと指摘している。

しかし、出版論文でのねつ造・改ざんを指摘していない。

研究費申請書は閲覧できない。仕方がないので、ジャニナ・ジャンの論文からフローサイトメトリーのデータがどんなものかを以下に示そう。

同じデータさ再使用されている場合を除くと、上図のようなフローサイトメトリーのデータでは、データにねつ造・改ざんがあっても、第三者はなかなかワカリマセン。

なお、上記のフローサイトメトリーのデータはジャニナ・ジャンの「2017年1月のVaccines (Basel)」論文の図A2である。このデータがねつ造・改ざんだとは指摘されてはいない。それで、読者が間違えないように従来のスタイルを変えて示した。

図A2の出典は原著論文:A Protective Vaccine against Chlamydia Genital Infection Using Vault Nanoparticles without an Added Adjuvant – PubMed

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

★パブメド(PubMed)

2022年12月6日現在、パブメド(PubMed)で、ジャニナ・ジャン(Janina Jiang)の論文を「Janina Jiang[Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2003~2021年の19年間の15論文がヒットした。

2022年12月6日現在、「Retracted Publication」でパブメドの論文撤回リストを検索すると、0論文が撤回されていた。

★撤回監視データベース

2022年12月6日現在、「撤回監視(Retraction Watch)」の撤回監視データベースでジャニナ・ジャン(Janina Jiang)を「Janina Jiang」で検索すると、0論文が撤回されていた。

★パブピア(PubPeer)

2022年12月6日現在、「パブピア(PubPeer)」では、ジャニナ・ジャン(Janina Jiang)の論文のコメントを「”Janina Jiang”」で検索すると、0論文にコメントがあった。

●7.【白楽の感想】

《1》研究費申請書でネカト 

ジャニナ・ジャン事件では、ジャニナ・ジャン(Janina Jiang、写真出典)が「どのような状況で、どうして」ネカトをしたのか、見えてこない。これでは、ネカト対策に役立つ点は少ない。

想像をたくましく推察すると、以下の状況かもしれない。

事実として、ジャニナ・ジャンは2021年(57歳?)までに15論文しか発表していない。研究代表者としてNIHのグラントを一度も受給していない。

研究業績とグラント受給だけで判断すると、研究能力が低い、または/及び、研究に熱心ではなかった。それで、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of california, Los Angeles)・助教授としては、肩身が狭かった。それでも、なんとか、テニュア(終身在職権、Tenure)を得て準教授になりたかっただろう。

それで、データねつ造・改ざんしてでも、グラントを受給しようと考えた気がする。

それなら、同時に研究業績を上げようと出版論文数も増やすと思えるが、出版論文数は多くない。ネカト論文も出版していない。というのは、研究公正局は出版論文でのネカトを指摘していないからだ。

想像をたくましく推察したが、もし想像が当たっていれば、出版論文でもフローサイトメトリーのデータねつ造・改ざんをしていたと思う。共同研究者はネカトにウスウス気がついていたが、証拠を押さえられなかった。それで、機会を見ていたと思う。

それで、蓋を開けてみると、2011~2018年9月(47~54歳?)の8年間の11件の研究費申請書に、データねつ造・改ざんがあったのだ。

基本中の基本だが、もっと、早く見つけるべきだったが、共同研究者しかわからないデータねつ造・改ざんを押さえるのは至難である。。

では、どうするとジャニナ・ジャンのネカト行為を防止できたか?

ネカト防止方法は思いつかないが、この事件で日本が学ぶ点が1つある。それは、出版論文でネカトしていなくても研究費申請書でネカトするケースがあるということだ。

日本は、研究費申請書でのネカトを研究不正とみなしていない。

文部科学省のガイドラインには修正すべき点がいくつもあるが、これもその1つで、発表・未発表を問わずネカトは研究不正です。

《2》「撤回監視(Retraction Watch)」の姿勢 

研究公正局がネカト者を発表すると、ほぼ100%、同じ日に「撤回監視(Retraction Watch)」が記事にした(と思っていた)。

ところが、ジャニナ・ジャン事件では、3日後だった。

なぜか?

白楽が推察するに、ジャニナ・ジャン事件では、論文内容または出版の問題が絡んでいないからだ。でも、なんかヘン。

「撤回監視(Retraction Watch)」は数人のスタッフでボランティアで活動している。仕事が重なることも、私用で忙しい時も、旅行に行くことも、病気になることも、やる気をなくす時も、「人生いろいろ」だろう。1人で活動している白楽にも色々事情がある。

ーーーーーー
日本がスポーツ、観光、娯楽を過度に追及する現状は日本の衰退を早め、ギリシャ化を促進する。日本は、40年後に現人口の22%が減少し、今後、飛躍的な経済の発展はない。科学技術と教育を基幹にした堅実・健全で成熟した人間社会をめざすべきだ。科学技術と教育の基本は信頼である。信頼の条件は公正・誠実(integrity)である。人はズルをする。人は過ちを犯す。人は間違える。その前提で、公正・誠実(integrity)を高め維持すべきだ。
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●9.【主要情報源】

①  研究公正局の報告:(1)2022年8月2日:Case Summary: Jiang, Janina | ORI – The Office of Research Integrity。(2)2022年8月5日の連邦官報:FRN 2022-16867 Jiang.pdf 。(3)2022年8月5日の連邦官報:Federal Register :: Findings of Research Misconduct。(4)2022年8月5日の連邦官報:Findings of Research Misconduct。(5)2022 年9月16日の連邦官報の訂正:II. Correction of Errors
② 2022年8月5日のアイヴァン・オランスキー(Ivan Oransky)の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:UCLA veteran researcher faked data in 11 grant applications, per Feds ? Retraction Watch
③ 2022年9月23日のアイヴァン・オランスキー(Ivan Oransky)の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:UCLA walks back claim that application for $50 million grant included fake data ? Retraction Watch
④ 2022年11月7日のエリー・キンケイド(Ellie Kincaid)記者の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:Exclusive: UCLA found a longtime researcher faked data ? but made a strange mistake in its report ? Retraction Watch
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。誹謗中傷的なコメントは削除します

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments