5C 日本の事件

日本の事件のうち白楽に関連した事件だけ、白楽ブログで解説します。

日本のネカト・クログレイ事件全体の

★日本語の論文・文書・動画の一覧表

  • 一覧表は、公表年月日順に並べてある。
  • 表示件数の変更、並べ替え、検索が可能。
  • 赤字をクリックすると資料が開く。
  • 事件・書籍・ブログ・新聞記事・裁判記録を除く。

日本語の論文・文書・動画一覧事件・書籍・ブログ・新聞記事・裁判記録を除く:例外あり

公表年月日重要度発表者メディアタイトルとリンク
221021師子角允彬弁護士 師子角允彬のブログ研究活動の不正、論文不正を理由とする懲戒解雇-立証責任の所在はどのように理解されるのか
220724カンニング竹山カンニング竹山の土曜The NIGHT#187:和歌山カレー事件・検出されたヒ素に証拠捏造の鑑定不正の可能性
220511JST研究倫理映像教材制作委員会JST Channel(英語字幕)「倫理の空白 理工学研究室」 学生編
220511JST研究倫理映像教材制作委員会JST Channel(日本語字幕)「倫理の空白 理工学研究室」 准教授編
220511科学技術振興機構JST研究倫理教育映像教材
220425松澤孝明(日本医療研究開発機構、研究公正・業務推進部長)日本医療研究開発機構諸外国の研究公正における中核的人材制度と日本への適用可能性
220401明晩あるむ(化学V)YouTube【2022年エイプリルフール】研究不正ってなんだ?!
220401原田英美子(滋賀県立大学 環境科学部 生物資源管理学科)YouTube組織的な研究不正問題を防ぐための適切な情報の収集および提供
220320若葉文庫YouTubeルポ作品には「創作性」がないと言い張る裁判官。勉強ばっかりしてて、一度もルポを読んだことがないのかも……。/「大物教授の盗用疑惑」 謎が多い一審判決の解説【後編】
220319若葉文庫YouTube世にも奇妙な「細切れ」立証とは? 裁判官の中ではルポ作品はパクリOKらしい……。/「大物教授の盗用疑惑」 謎が多い一審判決の解説【前編】
220317Integrity Matters by TurnitinYouTubeハゲタカジャーナルとクローンジャーナルが、研究公正(リサーチ・インテグリティ)と学術公正(アカデミック・インテグリティ)に与える影響、日本語字幕
220311Dr. クラゲさんの研究室YouTube研究不正【用語ざっくり解説】
220210京都大学iPS細胞研究所_CiRAYouTubeSTOP!研究不正 ~陥りやすいワナとは?~ 黒木登志夫 博士によるご講演
211201菊地重秋埼玉学園大学紀要. 人間学部篇我が国における研究不正(ミスコンダクト)等の概観 : 新聞報道記事から(その12)。なお、(その1~その11)もある
211022森本剛日本医療研究開発機構1,000人を超える医師を対象とした大規模な横断研究の結果、「研究公正意識の低さ」が明らかに
210500文部科学省・研究公正推進室公正な研究活動の推進に向けた取組保存版
210500松澤孝明
RI : Research Integrity Reports研究不正の適正な取り扱いと研究者の人権
210300PwC コンサルティング合同会社内閣府研究インテグリティ(Research Integrity)に係る調査・分析報告書
201100栗島智明 / クリシマ トモアキ社会科学論集研究不正の法問題に関する序論的考察 : 学問の自由との関係を中心に
201200藤井基貴静岡大学教育学部研究報告. 人文・社会・自然科学篇ドイツにおける研究公正と「学問の自由」(2) : 電子ジャーナル問題をめぐるオープンアクセス化と二次公開
200300PwC コンサルティング合同会社日本医療研究開発機構「研究公正の指導的専門員の育成方法に関する調査」調査報告書
200300有限責任監査法人トーマツ文部科学省諸外国における研究倫理教育内容の水準に関する調査・分析業務成果報告書
190300PwC コンサルティング合同会社文部科学省諸外国の研究公正の推進に関する調査・分析業務 成果報告書
181200藤井基貴静岡大学教育学部研究報告. 人文・社会・自然科学篇ドイツにおける研究公正と「学問の自由」(1) : ドイツ研究振興協会(DFG) の機能と法制度上の課題利用統
170300未来工学研究所日本医療研究開発機構研究活動における不正行為に対する調査方法に関する調査報告書
170300EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社日本医療研究開発機構諸外国の研究倫理教育の実施状況に関する調査報告書
161200成戸昌信(なると まさのぶ)経営センサー研究不正から読み解くもの
140300藤井基貴静岡大学教育学部研究報告. 人文・社会・自然科学篇ドイツにおける研究倫理への取り組み(1) : 「DFG 提言」(1998)および「補遺」(2013)の検討を中心に
141000文部科学省「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」に係る質問と回答(FAQ)220415保存版
140826文部科学省研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン
060808文部科学省研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて