ヨン・スドベ (Jon Sudbø) (ノルウェー)


【概略】
141018 Jon-Sudbo[1]ノルウェーのオスロ大学・準教授、オスロ大学病院ノルウェー・ラジウム病院の医師・歯科医師で、著名ながん研究者であるヨン・スドベ(Jon Sudbø)は、2005年10月に『ランセット』誌に13人の共著者ととにも、口腔がんに非ステロイド系抗炎症剤が有効という論文を発表した。

2006年1月、この論文のデータねつ造が発覚した。調査の結果、他の35論文(36論文が撤回)と博士論文にもねつ造・改ざんが見つかった。写真出典

Wanja Kildalねつ造・改ざん論文の7報は妻・Wanja Kildalと共著だった。妻は、現在、オスロ大学病院の博士院生で生物医学研究グループ長である。写真出典

また、ねつ造・改ざん論文の2報は双子の兄・Asle Sudbøと共著だった。兄・Asle Sudbøはノルウェー科学技術大学(Norwegian University of Science and Technology)・教授で、超電導が専門である。兄は、ねつ造を知らなかったということで免責されている。写真出典141018 sudboasle[1]

  • 国:ノルウェー
  • 成長国:ノルウェー
  • 男女:男性
  • 生年月日:1961年5月3日
  • 現在の年齢:56歳
  • 分野:がん学
  • 最初の不正発覚論文発表:2005年10月(44歳)
  • 発覚年:2006年1月(44歳)
  • 発覚時地位:オスロ大学病院の一部であるノルウェー・ラジウム病院(Norwegian Radium Hospital)の医師・歯科医師、オスロ大学・準教授
  • 発覚:外部研究者の指摘
  • 調査:ノルウェー・ラジウム病院とオスロ大学が設置した調査委員会(Investigation Commission appointed by Norwegian Radium Hospital and the University of Oslo)
  • 調査期間:2006年1月18日-2006年6月30日。6か月間
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:16報という説があるが36論文が撤回されている。博士論文も不正
  • 時期:研究キャリアの初期から
  • 結末:大学と病院を辞職。医師免許・歯科医師免許は剥奪。オスロ大学の博士論文にも不正が発覚し、博士号も剥奪。

主要情報源:
① ニコラス・ウェイド (Nicholas Wade)の2006年1月19日の記事:Cancer Study Was Made Up, Journal Says – New York Times
② ウィキペディア Jon Sudbø – Wikipedia, the free encyclopedia
③ 米国・研究公正局 報告書 Case Summary: Sudbo, Jon | ORI – The Office of Research Integrity
④ ヘルケ・フェリー(Helke Ferrie)の記事:Medical Research Fraud | Vitality Magazine | Toronto Canada alternative health, natural medicine and green living

【研究】
がんの治療は一般的に外科切除、化学療法、放射線療法の3種類である。がんは、薬を飲んで治る(つまり、化学療法)と良いのだが、現実、そのようながんは少ない。

日本癌治療学会のがん診療ガイドラインによれば、口腔がんの治療は以下のようだ。

口腔癌を含む頭頸部癌に対する治療は従来から手術や放射線治療が中心に行われ,進行癌には手術,放射線,化学療法を組み合わせた集学的治療が行われている。

この状況下に、イブプロフェン(ibuprofen)などのプロピオン酸系の非ステロイド系消炎鎮痛剤 (NSAID:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs) が口腔がんの発症を抑えるとヨン・スドベが発表した。当然、センセーショナルである。

なお、イブプロフェンはアスピリンと同じようにポピュラーな鎮痛薬で、日本でも他国でも街の市販薬として入手可能で、アメリカではスーパーや雑貨店で購入できる。日本では科研製薬が製造・販売する商品名「ブルフェン」がイブプロフェンである。

作用機序の説明を省くが、イブプロフェンは、鎮痛作用以外に、抗血小板作用、パーキンソン病の危険性の低下、アルツハイマー型痴呆の予防効果があるとされている。

【経歴】
1961年5月3日生まれ。
141018 280gorm_1166542881[1]ノルウェーのオスロ大学を卒業し、医師免許・歯科医師免許を取得し、博士号も取得した。Wanja Kildalと結婚した。ノルウェー・オスロにあるオスロ大学病院の一部であるノルウェー・ラジウム病院(Norwegian Radium Hospital)の医師・歯科医師、オスロ大学・準教授になっていた。

  • 1985年(23歳):オスロ大学・歯科医師コース入学。クラスで1番の成績
  • 1994年(32歳):オスロ大学・医師コース入学。有給
  • 2001年(39歳)2月20日:オスロ大学より博士号取得。博士研究プロジェクトは1993-2001の9年間続いた。指導者はノルウェー・ラジウム病院のAlbrecht Reith教授だが、オスロ大学教授ではなかったので、オスロ大学教授のJahn Neslandが形式的指導者になった
  • 20xx年(xx歳):オスロ大学ノルウェー・ラジウム病院の医師・歯科医師、オスロ大学・準教授
  • 2006年(44歳)1月:データねつ造が発覚
  • 2006年(44歳):大学と病院を辞職。医師免許・歯科医師免許が剥奪された。博士論文にも不正が発覚し、博士号も剥奪された
  • 2007年(45歳):限定的な歯科医師免許が認められた
  • 2009年(47歳):限定的な医師免許が認められた
  • 2014年(52歳)現在:ノルウェーのセルヨール(Seljord)で歯科助手として勤務

【不正発覚の経緯】

スドべの2005年10月に『ランセット』論文は、イブプロフェン(ibuprofen)などのプロピオン酸系の非ステロイド系消炎鎮痛剤 (NSAID) は喫煙による口腔がんの発症を抑えると報告した。908人の患者を対象にした研究結果であった。

ヘルケ・フェリー(Helke Ferrie)の記事に加筆すると以下のようだ。(Medical Research Fraud | Vitality Magazine | Toronto Canada alternative health, natural medicine and green living

スドべの論文発表の2か月後、2005年12月のクリスマス休暇に、ノルウェー公衆健康研究所(Norwegian Institute of Public Health、所員約1,000人)の医師で疫学部長のカミラ・ストルテンベルグ(Camilla Stoltenberg、写真出典)は、休暇のお勉強にと、今やノルウェーが誇る世界的な研究成果をあげたスドべの『ランセット』論文読んでいた。
141018 camilla_stoltenberg_724750i[1]

研究者は細かいことにも注意深い。論文には、小さな字で、908人の患者はノルウェー・データベース・コホートから得たと書いてあった。

たまたま、カミラ・ストルテンベルグはノルウェー・データベース・コホートの責任者だった。論文ではそこからデータを得たと書いてあったが、このデータベースは1月に公開予定で、まだ、公開されていない。どうなっているのだ?

さらに調べると、908人の患者の内、250人は同じ誕生日だった。

疑念は大きく広がり、ノルウェー・ラジウム病院とスウェーデンのカロリンスカ研究所がスドベの1997年以降の38論文を調査した。

2006年6月30日、ノルウェー・ラジウム病院とオスロ大学が2006年1月18日に設置した調査委員会(Investigation Commission appointed by Norwegian Radium Hospital and the University of Oslo)がスドべのデータねつ造・改ざんを明らかにした。6か月という短期間の調査で、報告書は英約文で145ページに及ぶ。「Report from the Investigation Commission appointed by Rikshospitalet – Radiumhospitalet MC and the University of Oslo January 18, 2006

ノルウェー・ラジウム病院のスタイン・バーラー(Stein Vaaler)病院長とスドベの同僚は、「彼はすべてを偽造していた。患者の名前、診断、性別、体重、年齢、使用薬物どれをとっても、本物のデータは1つもありません。すべて彼が作りあげたフィクションです。論文中のすべての患者は偽物です」と述べている。

もう1つのたまたまは、白楽が驚いたことには、カミラ・ストルテンベルグは当時のノルウェーの首相・イェンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)の実姉だった。それで、ヘルケ・フェリー(Helke Ferrie)の記事では、個人的な推定だけどと断り書きして、以下のことが書いてある。

ノルウェーの首相・イェンス・ストルテンベルグは巨大医薬品企業からの資金を得た政治キャンペーンをしなかった。そして2006年1月16日には医療詐欺罪を世界で最初に制定する準備をノルウェー議会は始めた。

141018 Thorvald_Jens_Camilla_Stoltenberg[1]写真出典。2009年、右からカミラ・ストルテンベルグ(告発者)、兄のイェンス・ストルテンベルグ(首相)、父親のトールバルト・ストルテンベルグ(元・外交官)

なお、カミラ・シュトルテンベルクは、2012年8月~現、ノルウェー公衆健康研究所長である。そして、弟の前・首相イェンス・ストルテンベルグは、2014年10月1日から北大西洋条約機構(NATO)事務総長である。

話しはここで米国に飛ぶが、スドべは米国NIHから1,050万ドル(約10億円)の研究助成金を受け取っていたから、米国・研究公正局も調査に入った。といっても、他国の研究者である。書類とメールで調査しただけである(白楽の推定)。

2007年10月16日の報告書で、スドべの研究費申請書(申請番号1 P01 CA106451-01)及びその研究経過報告書にデータねつ造・改ざんがあったと報告している:NOT-OD-08-006: Findings of Research MisconductCase Summary: Sudbo, Jon | ORI – The Office of Research Integrity

【撤回論文】
2014年10月17日現在、36論文が撤回されている。Jon Sudbø – Wikipedia, the free encyclopedia

  1. Sudbø J, Lee JJ, Lippman SM, Mork J, Sagen S, Flatner N, Ristimäki A, Sudbø A, Mao L, Zhou X, Kildal W, Evensen JF, Reith A, Dannenberg AJ. Non-steroidal anti-inflammatory drugs and the risk of oral cancer: a nested case-control study. Lancet. 2005 Oct 15-21;366(9494):1359-66. Retraction: Horton R. Lancet. 2006 Feb 4;367(9508):382.
  2. Sudbø J. Novel management of oral cancer: a paradigm of predictive oncology. Clin Med Res. 2004 Nov;2(4):233-42. Review. Retraction: Reed KD, Salzman-Scott SA. Clin Med Res. 2007 Oct;5(3):203.
  3. Sudbø J, Samuelsson R, Risberg B, Heistein S, Nyhus C, Samuelsson M, Puntervold R, Sigstad E, Davidson B, Reith A, Berner A. Risk markers of oral cancer in clinically normal mucosa as an aid in smoking cessation counseling. J Clin Oncol. 2005 Mar 20;23(9):1927-33. Retraction: J Clin Oncol. 2006 Dec 10;24(35):5621.
  4. Sudbø J, Lippman SM, Lee JJ, Mao L, Kildal W, Sudbø A, Sagen S, Bryne M, El-Naggar A, Risberg B, Evensen JF, Reith A. The influence of resection and aneuploidy on mortality in oral leukoplakia. N Engl J Med. 2004 Apr 1;350(14):1405-13. Retraction: Curfman GD, Morrissey S, Drazen JM. N Engl J Med. 2006 Nov 2;355(18):1927.
  5. Sudbø J, Bryne M, Mao L, Lotan R, Reith A, Kildal W, Davidson B, Søland TM, Lippman SM. Molecular based treatment of oral cancer. Oral Oncol. 2003 Dec;39(8):749-58. Review. Retraction: Oral Oncol. 2007 Apr;43(4):421.
  6. Sudbø J. [Chemoprevention of oral cancer]. Tidsskr Nor Laegeforen. 2003 May 29;123(11):1518-21. Review. Retraction: Haug C. Tidsskr Nor Laegeforen. 2006 Sep 7;126(17):2287.
  7. Sudbø J, Ristimäki A, Sondresen JE, Kildal W, Boysen M, Koppang HS, Reith A, Risberg B, Nesland JM, Bryne M. Cyclooxygenase-2 (COX-2) expression in high-risk premalignant oral lesions. Oral Oncol. 2003 Jul;39(5):497-505. Retraction: Oral Oncol. 2007 Apr;43(4):420.
  8. Sudbø J, Reith A. When is an oral leukoplakia premalignant? Oral Oncol. 2002 Dec;38(8):813-4. Retraction: Oral Oncol. 2007 Apr;43(4):419.
  9. Sudbø J, Warloe T, Aamdal S, Reith A, Bryne M. [Diagnosis and treatment of oral precancerous lesions]. Tidsskr Nor Laegeforen. 2001 Oct 30;121(26):3066-71. Retraction: Warloe T, Aamdal S, Reith A, Bryne M. Tidsskr Nor Laegeforen. 2006 Sep 7;126(17):2287.
  10. Sudbø J, Ried T, Bryne M, Kildal W, Danielsen H, Reith A. Abnormal DNA content predicts the occurrence of carcinomas in non-dysplastic oral white patches. Oral Oncol. 2001 Oct;37(7):558-65. Retraction: Oral Oncol. 2007 Apr;43(4):418.
  11. Sudbø J, Bryne M, Johannessen AC, Kildal W, Danielsen HE, Reith A. Comparison of histological grading and large-scale genomic status (DNA ploidy) as prognostic tools in oral dysplasia. J Pathol. 2001 Jul;194(3):303-10. Retraction: J Pathol. 2007 Jan;211(1):109.
  12. Sudbø J, Kildal W, Risberg B, Koppang HS, Danielsen HE, Reith A. DNA content as a prognostic marker in patients with oral leukoplakia. N Engl J Med. 2001 Apr 26;344(17):1270-8. Retraction: Curfman GD, Morrissey S, Drazen JM. N Engl J Med. 2006 Nov 2;355(18):1927.
  13. Kildal W, Risberg B, Abeler VM, Kristensen GB, Sudbø J, Nesland JM, Danielsen HE. Beta-catenin expression, DNA ploidy and clinicopathological features in ovarian cancer: a study in 253 patients. Eur J Cancer. 2005 May;41(8):1127-34.
  14. Lilleby W, Sudbø J, Fosså SD. Biology and treatment options during the development of prostate cancer. Tidsskr Nor Laegeforen. 2005 Mar 3;125(5):571-4. Review.
  15. Sudbø J, Reith A. The evolution of predictive oncology and molecular-based therapy for oral cancer prevention. Int J Cancer. 2005 Jun 20;115(3):339-45. Review.
  16. Lippman SM, Sudbø J, Hong WK. Oral cancer prevention and the evolution of molecular-targeted drug development. J Clin Oncol. 2005 Jan 10;23(2):346-56. Review.
  17. Kildal W, Kaern J, Kraggerud SM, Abeler VM, Sudbø J, Tropè CG, Lothe RA, Danielsen HE. Evaluation of genomic changes in a large series of malignant ovarian germ cell tumors—relation to clinicopathologic variables. Cancer Genet Cytogenet. 2004 Nov;155(1):25-32.
  18. Sudbø J. Non-invasive early diagnosis of oral cavity malignancies. Anal Cell Pathol. 2003;25(4):157-8.
  19. Sudbø J. [Chemoprevention: treatment of persons at high risk of cancer]. Tidsskr Nor Laegeforen. 2003 May 29;123(11):1514-7. Review.
  20. Scully C, Sudbø J, Speight PM. Progress in determining the malignant potential of oral lesions. J Oral Pathol Med. 2003 May;32(5):251-6. Review.
  21. Sudbø J, Reith A. Which putatively pre-malignant oral lesions become oral cancers? Clinical relevance of early targeting of high-risk individuals. J Oral Pathol Med. 2003 Feb;32(2):63-70. Review.
  22. Reith A, Sudbø J. Impact of genomic instability in risk assessment and chemoprevention of oral premalignancies. Int J Cancer. 2002 Sep 20;101(3):205-9. Review.
  23. Sudbø J. [Adverse effects of COX-2 inhibitors]. Tidsskr Nor Laegeforen. 2002 Jan 10;122(1):102-3.
  24. Sudbø J. [DNA ploidy analysis—a possibility for early identification of patient with risk of oral cancer]. Lakartidningen. 2001 Nov 7;98(45):4980-4. Review.
  25. Sudbø J. Pathology in disgrace? J Pathol. 2002 Feb;196(2):244-5.
  26. Sudbø J, Kildal W, Johannessen AC, Koppang HS, Sudbø A, Danielsen HE, Risberg B, Reith A. Gross genomic aberrations in precancers: clinical implications of a long-term follow-up study in oral erythroplakias. J Clin Oncol. 2002 Jan 15;20(2):456-62.
  27. Sudbø J. Human papillomavirus infection as a risk factor for squamous-cell carcinoma of the head and neck. N Engl J Med. 2001 Aug 2;345(5):376-7.
  28. Sudbø J, Reith A, Lingjaerde OC. Gene-expression profiles in hereditary breast cancer. N Engl J Med. 2001 Jun 28;344(26):2029.
  29. Sudbø J, Marcelpoil R, Reith A. New algorithms based on the Voronoi Diagram applied in a pilot study on normal mucosa and carcinomas. Anal Cell Pathol. 2000;21(2):71-86.
  30. Sudbø J, Marcelpoil R, Reith A. Caveats: numerical requirements in graph theory based quantitation of tissue architecture. Anal Cell Pathol. 2000;21(2):59-69.
  31. Sudbø J, Bankfalvi A, Bryne M, Marcelpoil R, Boysen M, Piffko J, Hemmer J, Kraft K, Reith A. Prognostic value of graph theory-based tissue architecture analysis in carcinomas of the tongue. Lab Invest. 2000 Dec;80(12):1881-9.
  32. Danielsen HE, Kildal W, Sudbø J. [Digital image analysis in pathology—exemplified in prostatic cancer]. Tidsskr Nor Laegeforen. 2000 Feb 10;120(4):479-88. Review.
  33. Bryne M, Boysen M, Alfsen CG, Abeler VM, Sudbø J, Nesland JM, Kristensen GB, Piffko J, Bankfalvi A. The invasive front of carcinomas. The most important area for tumour prognosis? Anticancer Res. 1998 Nov-Dec;18(6B):4757-64. Review.
  34. Zhang Z, Suo Z, Sudbø J, Holm R, Boysen M, Reith A. Diagnostic implications of p53 protein reactivity in nasal mucosa of nickel workers. Anal Quant Cytol Histol. 1997 Aug;19(4):345-50.
  35. Xie X, Clausen OP, Sudbø J, Boysen M. Diagnostic and prognostic value of nucleolar organizer regions in normal epithelium, dysplasia, and squamous cell carcinoma of the oral cavity. Cancer. 1997 Jun 1;79(11):2200-8.
  36. Bjaalie JG, Sudbø J, Brodal P. Corticopontine terminal fibres form small scale clusters and large scale lamellae in the cat. Neuroreport. 1997 May 6;8(7):1651-5.

【事件の深堀】

記事の裏に潜む「語られない事実」は思いつかない。

白楽は、欧州22か国の26大学・6研究所を訪問しているが、ノルウェーには行っていない。フィンランドやスウェーデンの大学・研究所は訪問した。それらと同じとすると、欧州各国では、生命科学研究は国の重要な政策であり、経済とも大きく関係している。しかし、ノルウェーの事情・文化的背景は分からないので「深堀」できない。

【白楽の感想】

《1》 初期の不正発見が必須
スドべの不正研究は10年間も発覚しなかった。つまり、1997年の論文から36報が撤回されているのに、2006年(44歳)1月まで発覚しなかった。どうして、もっと早く見つけられなかったのだろう。最初の1997年論文発表は35歳の時だ。その直後に指摘されていれば、それ以降の約10年間の不正研究は絶たれたハズだ。その時でなくても、10年間のどこでも指摘されれば、その時点で、不正研究が終了しただろう。

「研究上の不正行為」の防止には、がん治療と同じで、早期発見がとても重要である。本人にとっても研究界・一般社会にとっても傷が浅い。しかし、「研究上の不正行為」を早期発見しようとする概念・知識・スキルがとても希薄な気がする。なんとかすべきでしょう。

《2》 専門性の高さと人格・一般知識・倫理観は別

世界的な研究成果をあげていたノルウェーの国民的英雄のスドべの研究にケチをつけることは困難だったのだろうか? カミラ・シュトルテンベルクという女性が不正を発見したのだが、カミラは時の首相の実姉である。ノルウェーでは、そういう、立場の強い人しか、告発できない社会状況があるのだろうか? 疑問形で書いたけど、そんなことはないハズ、・・・、イヤ、考えてみれば、「ある」ハズだ。強弱を別にすれば、どこの社会にもある。

日本では、首相や閣僚などの政治家はマスコミの攻撃対象だが、一般的に著名な学者・ノーベル賞受賞者は攻撃されない。疑念が深くても大目に見られるが、その前に、疑念の目が向けられない。

しかし、専門性の高さと人格・一般知識・倫理観は無関係である。ノーベル賞受賞者はその専門分野のエキスパートであるが、しかし、人格・一般知識・倫理観が優れているとは限らない。というか、人格・一般知識・倫理観は無関係なので、高い人もいれば低い人もいる。だから、不正研究をしていても不思議はないだろうか? いや、重要な論文はすぐ追試されるので、データ「ねつ造・改ざん」はないだろう。

しかし、盗用はあるかもしれない。

あります。ノーベル賞受賞者ではないが、例えば、社会福祉学者の京極高宣(きょうごく たかのぶ、1942年 – )は、国立社会保障・人口問題研究所所長を経て現在、社会福祉法人浴風会理事長だが、盗用が指摘されている。

児童性的虐待や金銭不正はあるかもしれない。

あります。例えば、前者にはカールトン・ガジュセック(米国、1976年度のノーベル生理学・医学賞)が、後者には野依良治(2001年度のノーベル化学賞)がいる。

この人たちを、非難するつもりで例示したのではない。世間では専門分野で優れている人を人格・一般知識・倫理観にも優れていると勘違いする状況がある。その勘違い・誤解文化をヤメてもらいたいのだ。研究者の事件を調べると、そういう誤解文化が、事件を増幅させる遠因と感じるのである。

《3》 事件者も人生がある

人間は死ぬか生きるかの2者択一で、生きるを選択して生きている。事件を起こした研究者も生きている。日本のマスメディアやウェブサイトでは不正行為をした研究者を激しく攻撃する人が多いが、白楽は、生きているのであれば(そう願う)、なるべく前向きに幸福に人生を生きてほしい。

そしてできれば、もっている特殊な技量を社会に役立てて生きてほしい。研究者は特殊な能力を持っているが、国(つまり国民)はその特殊な能力を持たせるのに、1人につき少なくとも数千万円の税金を投資している。著名な研究者なら投資額は数億円だろう。

スドべは、現在、ノルウェーのセルヨール(Seljord)の街の歯科助手として生きている。腕は優秀らしく、街の人々は彼を歓迎しているが、かつての不正研究で、彼を受け入れない人もいる。それでも、前向きに幸福に生きてほしい。再度同じような不正研究がされないようにチェックされつつも、人の役に立って生きてほしい。

研究者が事件を起こしたとき、事件者に責任を取らせること、再発を防止することは重要である。だが、事件者と被害者の不幸を拡大しないで事件を処理するという配慮・知識・スキルも必要だろう。どうしたらよいのだろうか?141018 WEB_21-_sudb__4703618a[1]写真出典:ノルウェーのセルヨール(Seljord)で歯科助手として勤務するスドべ(51歳)