「レイプ」:音声学:デイヴィッド・ダニエルズ(David Daniels)(米)

2020年7月2日掲載 

ワンポイント:特徴は、有名なオペラ歌手の男性教授が複数の男性院生をレイプした事件。ダニエルズはミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)の教授だが、世界で最も有名なカウンターテナーのオペラ歌手である。2014年6月(48歳)、16歳年下の男性・スコット・ウォルターズ(Scott Walters)と結婚した。ところが、2017年3月24日(51歳)、男性院生だったアンドリュー・リピアン(Andrew Lipian)をレイプした。さらに、2019年1月29日(52歳)、ダニエルズと彼の夫・ウォルターズは、歌手でライス大学(Rice University)・院生だったサミュエル・シュルツ(Samuel Schultz、男性当時23歳)を、9年前にレイプした件でミシガン州で逮捕された。有罪になれば、刑期は2-20年である。2020年3月26日(54歳)、ダニエルズを退職金なしで大学から解雇された(dismissed)。国民の損害額(推定)は20億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
8.主要情報源
9.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

デイヴィッド・ダニエルズ(David Daniels、写真出典)は、ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)の教授だが、世界で最も有名なカウンターテナーのオペラ歌手である。専門は音声学である。

以下の動画は、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場でヘンデルの「ジュリオ・チェザーレ」第1幕の「ヴァー、タシト」。デイヴィッド・ダニエルズ(David Daniels)が歌う。

2014年6月(48歳)、16歳年下の男性・スコット・ウォルターズ(Scott Walters)と結婚した。男性が男性と結婚するのは珍しい。

2017年3月24日(51歳)、ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院の男性院生だったアンドリュー・リピアン(Andrew Lipian)にお酒を飲ませ、睡眠薬を盛り、意識もうろうとしたリピアンをレイプした。リピアンは新進の若手オペラ歌手である。

2018年10月25日(53歳)、リピアンはダニエルズと大学を被告に裁判を起こした。

2018年3月29日(52歳)、別の男性院生(匿名)もダニエルズにレイプされたと大学に訴えていた。

2019年1月29日(52歳)、ダニエルズと彼の夫・ウォルターズは、9年前に歌手でライス大学(Rice University)・院生だったサミュエル・シュルツ(Samuel Schultz、男性、当時23歳)をレイプした件でミシガン州で逮捕された。有罪になれば、刑期は2-20年である。

2020年3月26日(54歳)、ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)はダニエルズを退職金なしで解雇した(dismissed)。大学院の60年以上の歴史の中で、テニュア教授を解雇したのは初めてだった。

米国のメディアは大々的にダニエルズ事件を報道した。オペラ公演は次々とキャンセルされ、ダニエルズのオペラ歌手としてのキャリアは終わった(推定)。

ダニエルズ事件は男性教授が男性院生をレイプしたという特徴がある。また、ダニエルズが世界的に有名なオペラ歌手という特徴もある。刑事事件になっているが、当代随一の2人といないオペラ歌手という理由で、処分は特別扱いされるのだろうか?

ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)。写真出典

  • 国:米国
  • 成長国:米国
  • 修士号取得:ミシガン大学
  • 男女:男性
  • 生年月日:1966年3月12日
  • 現在の年齢:57 歳
  • 分野:音声学
  • レイプ行為:2010-2018年(44-52歳)の8年間
  • 最初に訴えられた:2018年(52歳)
  • 社会に公表年:2018年(52歳)
  • 社会に公表時地位:ミシガン大学・教授。世界で最も有名なカウンターテナーのオペラ歌手
  • ステップ1(発覚):第一次追及者は被害者の男性でミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)の院生だったアンドリュー・リピアン(Andrew Lipian)
  • ステップ2(メディア):「mlive.com」紙が熱心だが「New York Times」など多数のメディア
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①ミシガン大学・調査委員会、②裁判所
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:なし
  • 大学・処分のウェブ上での公表:なし
  • 大学の透明性:機関以外が詳細をウェブ公表(⦿)
  • 不正:レイプ
  • 被害者数:少なくとも3人の男性院生
  • 時期:研究キャリアの中期から
  • 職:事件後に研究職(または発覚時の地位)を解雇(Ⅹ)
  • 処分:退職金なしで解雇(dismissed)
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は20億円(大雑把)。研究者というよりオペラ歌手としての損失。

●2.【経歴と経過】

  • 1966年3月12日:南カリフォルニアで生まれた
  • 1992年(26歳):ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)で修士号(MS)を取得
  • 1992年(26歳):オペラ歌手としてデビュー
  • xxxx年(xx歳):世界で最も有名なカウンターテナーのオペラ歌手になる
  • 2010年(44歳):23歳の男性歌手・サミュエル・シュルツ(Samuel Schultz)をレイプ
  • 2014年6月21日(48歳):16歳年下の男性・スコット・ウォルターズ(Scott Walters)と結婚
  • 2015年(49歳):ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)・教授
  • 2018年5月17日(52歳):大学からテニュアを得た
  • 2018年8月(52歳):学生がセクハラを大学に訴えた
  • 2018年8月(52歳):大学は停職処分
  • 2018年10月(52歳):2人目の学生がセクハラを大学に訴え、民事訴訟を起こした
  • 2019年1月29日(52歳):ダニエルズと彼の夫がミシガン州で2010年のレイプ容疑で逮捕された
  • 2020年3月26日(54歳):ミシガン大学から退職金なしで解雇(dismissed)

●3.【動画】

【動画1】
セクハラ事件の動画ではない。オペラ動画:「ジュリオ・チェザーレ:アル・ランポ・デルアルミ」(Giulio Cesare: “Al lampo dell’armi” — David Daniels (Met Opera) )- YouTube」1分29秒。
Metropolitan Operaが2013/04/08 に公開

●4.【日本語の解説】

★2018年08月23日:Daily Sun New York::著名オペラ歌手がレイプか 2010年、テキサスで

出典 → ココ、(保存版) 

【22日付ニューヨーク・デイリー・ニュース】メトロポリタン歌劇場などに出演する著名オペラ歌手(カウンターテナー)で、ミシガン大学の教授も務めるデビッド・ダニエルズさん(52)にレイプの疑惑が浮上している。

新進オペラ歌手のサミュエル・シュルツさん(32)は、ダニエルズさんとダニエルズさんの現在の夫で指揮者のスコット・ウォルターズさん(36)にレイプされたと主張、デイリーニュースに明かした。ダニエルズさんは訴えを否定しているものの、同大学は22日、ダニエルズさんを教職から外したと発表した。

シュルツさんによると2010年5月、テキサス州での公演の後にダニエルズさんに呼ばれたパーティーで酒を飲んだ直後に意識を失い、翌日の午後にベッドの上で目が覚めたときには直腸から出血していたという。 

しばらくして外出先から戻ったダニエルズさんらに「楽しかったか? 僕は完全に(HIV)陰性だから心配しなくてよい」と言われ、コンドームなしでレイプされたのだと気付いたという。

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★デイヴィッド・ダニエルズ(David Daniels)の人生

デイヴィッド・ダニエルズ(David Daniels、写真出典)はオペラ歌手の両親のもとに生れ、ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)で修士号を取得し、オペラ歌手としてデビューした。

そして、1999年(26歳)、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場でオペラを演じ、その後、世界で最も有名なカウンターテナーのオペラ歌手となった。

2014年6月21日(48歳)、16歳年下の男性・スコット・ウォルターズ(Scott Walters)と結婚した。このことからわかるように、性的嗜好は若い男性である。

2015年(49歳)、自分が卒業したミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)の教授に就任した。

★ダニエルズのレイプ事件:2017年

2017年3月24日(51歳)、ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)の院生だったアンドリュー・リピアン(Andrew Lipian、写真出典)は、ダニエルズにアパートでリアリティ番組の「ルポールのドラッグレース(“Ru Paul’s Drag Race”)」を見ようと誘われた。バーボンを飲んでいる時に、騙されて睡眠薬を飲まされ、そして、レイプされた。

2018年10月25日(53歳)、リピアンはダニエルズと大学を被告に裁判を起こした。
 → 2018年10月25日記事:UM professor, opera singer accused of sexual assault by student – mlive.com

なお、アンドリュー・リピアンは2020年7月1日現在、既に著名なカウンターテナーのオペラ歌手になっている。

【動画】
アンドリュー・リピアンのオペラ動画:「Sta nell’ircana (countertenor Andrew Lipian) – YouTube」6分33秒。
Andrew Lipianが2020/02/15 に公開

★ダニエルズのレイプ事件:2018年

 → 2018年11月6日の記事:UM professor tenured weeks after complaint of Grindr proposition – mlive.com

2018年3月29日(52歳)、別の院生(匿名)がダニエルズに性不正をされたと大学に訴えた。

電話アプリの「Grindr」の代金300ドル(約3万円)を払ってあげる代わりにセックスをさせられた、という内容だった。

ただ、ピッツフィールド警察(Pittsfield police)は捜査の結果、犯罪の証拠は見つからなかった、と発表した。

★ダニエルズのレイプ事件:2010年

2019年1月29日(52歳)、ダニエルズと彼の夫(スコット・ウォルターズ Scott Walters)がミシガン州で逮捕された。容疑は9年前に23歳の歌手をレイプした件である。
 → 2019年1月29日の記事(含・写真):University of Michigan opera professor, husband charged with sexual assault in Texas – mlive.com

テキサス州でのレイプ事件だったので、ダニエルズの身柄はテキサス州に引き渡された。予想される刑期は2-20年と幅がある。

なお、右の写真のように、共犯者は、ダニエルズの「妻」ではなく「夫」である。ダニエルズは、2014年に16歳年下のウォルターズと正式に結婚していた。同性婚でも「夫」と「妻」と識別されることを白楽は知らなかった。

そして、被害者は、女性でなく、サミュエル・シュルツ(Samuel Schultz)という名前の男性である。
→ 2018年8月22日の記事(含・写真(photo by Barry Williams for New York Daily News)):Singer claims he was drugged and raped in 2010 by classical music power couple – New York Daily News

2010年、ライス大学(Rice University)の院生で23歳の歌手だったサミュエル・シュルツ(Samuel Schultz)は、テキサスでの公演の後、ダニエルズ「夫妻」に薬物を盛られ意識を失った。翌日の午後、目が覚めると、奇妙なベッドで全裸で寝ていた。混乱し動揺した。そして、直腸の痛みと出血があり、レイプされたと確信した。

★ダニエルズ解雇:2020年(54歳)

2020年3月26日(54歳)、ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)はダニエルズを退職金なしで解雇した(dismissed)。

ミシガン大学・音楽・演劇・ダンス科大学院の60年以上の歴史の中で、テニュア教授を解雇したのは初めてだった。

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

省略

●7.【白楽の感想】

《1》防ぐ手段

ダニエルズ事件で、ダニエルズのレイプ行為をどうすれば防げたのだろうか?

この事件でダニエルズ本人は違法行為をしていないと主張している。そして、世界で最も有名なカウンターテナーのオペラ歌手である。つまり、超有名人である。名声・富・権力を手中にしている。有力な弁護士を雇っている。

被害者の男性は、まさか、このような世界的に有名な男性教授にお酒を誘われて飲んだ結果、レイプされるとは思わなかっただろう。つまり、被害者側が被害を防ぐ手段はほとんどない。

となると、超有名人である加害者に手を打たなければならない。今回、逮捕したが、ダニエルズは違法行為を否定している。性的関係は、同意があった・なかったなど、証拠が難しい。裁判で有罪になるかどうか不明である。勿論、男性が男性とセックスするのは違法ではない。

大学は、ダニエルズを解雇し、次の犠牲者を出さない処置をとった。これは適切な処置だ。ダニエルズはレイプ魔としてメディアに大々的に報道されたので、彼の周囲の若い男性は警戒できる。知らないでとかウッカリでとかで被害にあうことはないだろう。

このような事件に接するたびに、日本の大学とメディアはどうして加害者を公表しないのかととても不思議に思う。「害者」を守るためという名目で、「害者」を守り、結局は、性不正に加担している。大学は公益よりも自己保身を優先している。

写真出典:https://www.mlive.com/news/ann-arbor/2020/03/um-faculty-in-2015-warned-of-need-to-tell-david-daniels-to-keep-his-hands-off-students.html

ーーーーーー
日本がスポーツ、観光、娯楽を過度に追及する現状は日本の衰退を早め、ギリシャ化を促進する。今後、日本に飛躍的な経済の発展はない。科学技術と教育を基幹にした堅実・健全で成熟した人間社会をめざすべきだ。科学技術と教育の基本は信頼である。信頼の条件は公正・誠実(integrity)である。人はズルをする。人は過ちを犯す。人は間違える。その前提で、公正・誠実(integrity)を高め維持すべきだ。
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●8.【主要情報源】

① ウィキペディア英語版:David Daniels (countertenor) – Wikipedia
② 2020年3月26日のマイケル・レベンソン(Michael Levenson)記者の「New York Times」記事:Opera Star, Charged With Sexual Assault, Is Fired by University of Michigan – The New York Times、(保存版
③ 報道記事は沢山ある。一部を以下に並べた。

★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。誹謗中傷的なコメントは削除します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。