盗博VP92:アニタ・リソウスキー(Anita Lisowski)(ドイツ)

2017年8月7日掲載。

ワンポイント:盗博サイトのヴロニプラーク・ウィキの92番目(女性)。3人いる盗用ページ率100%の1人。2010年(31歳?)にドイツのベルリン医科大学で医学(泌尿器学)の博士号を取得した。2014年5月(35歳?)に盗博がバレ、博士号ははく奪された。ベルリン市内の開業医。盗用ページ率は100%で、盗用文字率は約100%(?)である。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.盗用解析
6-1.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
8.主要情報源
9.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

アニタ・リソウスキー(Anita Lisowski、写真出典)は、2010年(31歳?)にドイツのベルリン医科大学(Charité – Universitätsmedizin Berlin)で医学(泌尿器学)の博士号を取得した。

2014年5月26日(35歳?)、ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)が盗博を告発した。92番目の事件である。 → 1‐4‐10.ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)

ベルリン医科大学はアニタ・リソウスキーに授与した博士号をはく奪した。

アニタ・リソウスキーは、ベルリン市内に個人医院を開業し医療を行なっている。

ベルリン医科大学(Charité – Universitätsmedizin Berlin)。© by Charité – Universitätsmedizin Berlin。。写真出典

  • 不正:盗博(盗用博士論文)
  • 国:ドイツ
  • 成長国:ドイツ
  • 研究博士号(PhD)取得年月日:2010年9月3日(31歳?)
  • 研究博士号(PhD)取得大学:ドイツのベルリン医科大学(Charité – Universitätsmedizin Berlin)
  • 分野:医学(泌尿器学)
  • 博士論文タイトル:Onkologische Langzeitergebnisse, Inkontinenz und Spätkomplikationen nach transperitonealer laparoskopischer radikaler Prostatektomie – Follow up von 1000 Patienten, operiert in den Jahren 1999-2004 an der Klinik für Urologie der Charite Mitte
    (日本語訳):癌治療の長期プロジェクト。トランス腹膜腹腔鏡下の前立腺全摘術後の失禁と合併症:シャリテ泌尿器科の 1999-2004の患者 1000 人のフォロー アップ
  • 博士論文審査教授:   1. Prof. Dr. med. Michael Lein, 2. Prof. Dr. med. Jan Roigas, 3. PD Dr. med. Frank Christoph.
  • 公開: Berlin, 2010. → Download Deutsche Nationalbibliothek → Download Freie Universität Berlin
  • 盗博発覚年月日:2014年5月26日(35歳?)
  • 盗用ページ率:100%
  • 盗用文字率:ほぼ100%?
  • 研究博士号(PhD)はく奪状況:はく奪
  • 男女:女性
  • 生年月日:不明。仮に1979年1月1日生まれとする。大学入学の1997年を18歳とした
  • 現在の年齢:38 歳?
  • 発覚時地位:
  • ステップ1(発覚):第一次追及者はヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)の人(詳細不明)
  • ステップ2(メディア):
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①ベルリン医科大学・調査委員会
  • 結末:博士号はく奪

●2.【経歴と経過】

主な出典:Anita Lisowski, Urologin, Bewertungen lesen Termin online buchen – Doctena

  • 生年月日:不明。仮に1979年1月1日生まれとする。大学入学の1997年を18歳とした。ポーランドで生まれ・育った(?)
  • 1997 – 2005年(18 – 26歳?):ドイツのベルリン医科大学(Charite Medical University, Berlin)。卒業。医師免許
  • 2006年(27歳?):ベルリンのフランツィスクス病院(Franziskus Krankenhaus)・泌尿器科。アシスタント医師
  • 2007 – 2011 年(28 – 32 歳?):ドイツのシャリテで泌尿器の研究アシスタント
  • 2010年9月3日(31歳?):ドイツのベルリン医科大学(Charité – Universitätsmedizin Berlin)で研究博士号(PhD)取得。医学(泌尿器学)
  • 2012年(33歳?):ドイツの各地・ヘンケル/カーマン/ランダース/ペトラスで医療
  • 2013年(34歳?): 個人医院を開業し医療を行なう
  • 2014年5月26日(35歳?):盗博が発覚
  • 201x年x月x日(xx歳):ベルリン医科大学が博士号をはく奪した

●5.【不正発覚の経緯と内容】

アニタ・リソウスキー(Anita Lisowski)は、ポーランドで生まれ・育った(推定)。

1997 – 2005年(18 – 26歳?)、ドイツのベルリン医科大学(Charite Medical University, Berlin)で医師免許を取得した。

その後、泌尿器学の臨床と研究を重ねた。

2010年9月3日(31歳?)のベルリン医科大学(Charité – Universitätsmedizin Berlin)で医学(泌尿器学)の研究博士号(PhD)を取得した。

http://www.urologie-pankow-buch.de/mobile/

その後、ドイツの各地で臨床経験を積み、ベルリン市内のパンコウの医院(Urologie-Pankow-Buch)で医療を行なっている。

2014年5月26日(35歳?)、博士号の取得4年後、ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)が、盗博と告発した。

ベルリン医科大学は博士号をはく奪した。

アニタ・リソウスキー(Anita Lisowski)は、学術誌への論文出版はなく、研究者を続けているフシもない。

●6.【盗用解析】

アニタ・リソウスキー(Anita Lisowski)の博士論文のタイトルは 「Onkologische Langzeitergebnisse, Inkontinenz und Spätkomplikationen nach transperitonealer laparoskopischer radikaler Prostatektomie – Follow up von 1000 Patienten, operiert in den Jahren 1999-2004 an der Klinik für Urologie der Charite Mitte
(日本語訳):癌治療の長期プロジェクト。トランス腹膜腹腔鏡下の前立腺全摘術後の失禁と合併症:シャリテ泌尿器科の 1999-2004 年の患者 1000 人のフォロー アップ」である。

博士論文の盗用分析図は以下の5色のバーコードである。博士論文は全体で55ページ、分析対象は55ページ、盗用ページ率は100%だった。つまり、真っ赤である。

なお、元の盗用分析図では、バーコードがページ毎の盗用分析にリンクしている。→ http://de.vroniplag.wikia.com/wiki/Ali

★イラスト表示

以下はページ毎に色分けしたイラスト表示である。

盗用文字率は約100%(?)である。

盗用の色分けは、灰色= 逐語盗用(コピペ、文献提示なし)、赤色 = 加工盗用(ロゲッティング、文献提示なし)、黄色 =流用部分が曖昧な盗用(文献提示あり)、 青色 = 翻訳盗用、である。

★各ページの盗用分析

アニタ・リソウスキー(Anita Lisowski)の博士論文の各ページ毎に盗用分析がされている。盗用があるページは青色で、盗用がないページは赤色である。盗用ページ率は100%なので、全部青色である。青色をクリックすると、各ページが開く。

Haupttext
001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015 016 017 018 019 020
021 022 023 024 025 026 027 028 029 030 031 032 033 034 035 036 037 038 039 040
041 042 043 044 045 046 047 048 049 050 051 052 053 054 055

【1ページ目】

1例として、1ページ目(つまり、001)をクリックすると、盗用比較図が出てくる。以下はその1部分を示した。

左側がアニタ・リソウスキーの博士論文で右が被盗用論文である。着色部分の文章が同一である。

論文の1ページ目から、見事な逐語盗用である。明白な盗用だ。盗用ページ率が100%という徹底ぶりもすごい。

●6-1.【論文数と撤回論文とパブピア】

2017年8月6日現在、パブメド(PubMed)で、アニタ・リソウスキー(Anita Lisowski)の論文を「Anita Lisowski [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、 0論文がヒットした。

「Lisowski A[Author] 」で検索すると、1978年から2017年の39年間の29論文がヒットした。

アニタ・リソウスキーは、1997 年に、ドイツのベルリン医科大学に入学している。

ヒットした29論文の1997 年頃の「Lisowski A」の論文を探ると以下のポーランド語の産科学の論文があった。所属はポーランド のレシュノの病院(Wojewódzki Szpital Zespolony)とある。

しかし、「Lisowski A」、産科学、ポーランド系でさらにアチコチ探ると、「Arkadiusz Lisowski」がヒットし、当記事のアニタ・リソウスキーとは同姓の別人である。

それで、「Lisowski A」でヒットした全29論文を1つ1つチェックすると、どの論文も当記事のアニタ・リソウスキーの論文に該当しなかった。

●7.【白楽の感想】

《1》詳細不明

アニタ・リソウスキーは学術誌に論文を1報も発表していない。ドイツの博士号授与規定を知らないが、ドイツでは、それでも、博士号が授与される(推定)。

アニタ・リソウスキーの博士論文は、盗用ページ率が100%である。1ページを例示したが、見事に逐語盗用で、全体でみてもほぼ100%の盗用文字率である。

どうやら、アニタ・リソウスキーは論文を書く能力がないと思われる。

それなら、博士号を授与すべきではなかった。

この事件は、さほど古くない事件だが、盗博に至る状況が見えてこない。盗用ページ率・盗用文字率が100%の博士論文を認める(誰かが教唆した?)状況が見えてこない。従って、どうすると盗博を防止できるのかは、見えてこない。

標語:「盗博の博士号は当然はく奪!」
ーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーーー

●8.【主要情報源】

① ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)のアニタ・リソウスキー(Anita Lisowski)サイト:Ali | VroniPlag Wiki | Fandom powered by Wikia
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です