2017年ネカト世界ランキング

2018年1月13日掲載。

分野を記載していないのは生命科学。カタカナ名の赤字は本ブログで解説済み。ランク内の パープル色は白楽以外の人の説明(日本語・英語)にリンクしている。

★「Scientist」誌の2017年の科学大スキャンダル:ネカト6件:2017年12月15日

出典:The Biggest Science Scandals of 2017 | The Scientist Magazine®保存版

科学大スキャンダルが5項目ある。5項目目にネカトが6件挙げられている。内2件は日本の事件である。

  1. 政治的混乱:トランプ政権誕生で科学政治の混乱:The Year in Science Policy | The Scientist Magazine®
  2. シカゴの殺人事件:ノースウェスタン大学の微生物学者・ウィンダム・ラテム準教授(Wyndham Lathem)が殺人:The Strange and Stranger Case of Wyndham Lathem | The Scientist Magazine®
  3. 性差別訴訟:ソーク研究所で女性が不当に冷遇されていると女性教授が裁判:Salk Faces Gender Discrimination Lawsuits | The Scientist Magazine®
  4. セクシャルハラスメントの申し立てDealing with Unethical or Illegal Conduct in Higher Education | The Scientist Magazine®
  5. ネカト(以下の6件):

Akst%20photoランクした人は、ジェフ・アキスト(Jennifer “Jef” Akst)。2009年4月に米国・インディアナ大学(Indiana University)で動物生態学の修士号を取得した科学ライター。「The Scientist」誌のニュース編集者。(経歴と写真の出典)。「2014年ネカト世界ランキング | 研究倫理(ネカト)」でもランクした。

ーーーーー

★「Scientist」誌の2017年の論文撤回上位10論文:2017年12月18日

出典:Top 10 Retractions of 2017 | The Scientist Magazine®保存版

ランクした人は「撤回監視(Retraction Watch)」。

最も注目すべき撤回論文10報で、以下の番号は順位ではない。

  1. 約500人の研究者が査読偽装でクロ(中国):2017年7月28日記事:China Focus: China announces result of academic fraud investigation – Xinhua | English.news.cn
  2. ブライアン・ワンシンク(Brian Wansink)(米)
  3. 「錯誤」:アンソニー・モーソン(Anthony R. Mawson)(米)
  4. 学術誌「International Journal of Occupational and Environmental Health」の全編集委員の辞任。理由、①編集委員に相談なく編集長を決めた。②説明なしの論文撤回: Editorial board of public health journal resigns in protest – Retraction Watch at Retraction Watch
  5. ウウナ・ロンステット(Oona M. Lönnstedt)(スウェーデン)
  6. 間違ったマウスを使用した論文を撤回(米)“We were devastated:” Authors retract paper after realizing they had used the wrong mice – Retraction Watch at Retraction Watch
  7. 科学編集者のジョン・マックール(John McCool)のトンデモ論文が捕食出版社で出版されそうになった話(米):Hello…Newman: Yet another sting pranks a predatory journal, Seinfeld-style – Retraction Watch at Retraction Watch
  8. 「間違い」:ジャック・ショスタク(Jack W. Szostak)(米)
  9. ロニー・セーガー(Rony Seger)(イスラエル)
  10. メディア学:「博士号はく奪」:ジョディ・ウィタカー(Jodi Whitaker)(米)

ーーーーー

★「科学と健康米国協議会(American Council on Science and Health)の2017年10大ガラクタ科学」:2017年12月19日

出典:10 Biggest Junk Science Stories of 2017 | American Council on Science and Health、(保存版

  1. 国際機関:国際がん研究機関(IARC)(仏)
  2. 約200億円の寄付をもらい代替医療(疑似科学)をするカリフォルニア大学アーバイン校(米):In Exchange for $200 Million, UC Irvine Legitimizes Pseudoscience | American Council on Science and Health
  3. 物理学:スティーヴン・ホーキング(Stephen Hawking)(米):No, Stephen Hawking, We Won’t Have to Abandon Earth in 100 Years | American Council on Science and Health
  4. エネルギー学:ロシアが米国のエネルギー政策に干渉している:Fracking Protesters Are Putin Puppets | American Council on Science and Health
  5. 自然療法の誤用(米):A Naturopath’s Human Experiment Ends In Death | American Council on Science and Health
  6. メディア(米):オピオイド(麻薬)の流行は、強欲な製薬企業と非倫理的な医師がオピオイド(麻薬)の投薬を奨励しているからだ、とメディアが人々に思わせている:The Opioid Epidemic in 6 Charts Designed To Deceive You | American Council on Science and Health
  7. ネットフリックス(Netflix)(米):反バイオテクノロジーのドキュメンタリーを配信。ネットフリックスは、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社(ネットフリックス – Wikipedia)。
  8. 大麻は癌を直さない:Marijuana Doesn’t Prevent Cancer, Or Anything Else, And The FDA Has Had Enough | American Council on Science and Health
  9. ウウナ・ロンステット(Oona M. Lönnstedt)(スウェーデン)
  10. 菓子のヌテラ(nutella)が癌を引き起こすというフェイク・ニュース:Nutella-Cancer Story Gives ‘Fake News’ a Bad Name | American Council on Science and Health

ランクした人はアレックス・ベレゾウ(Alex Berezow、写真出典http://www.alexberezow.com/)。Alex Berezow

ベレゾウは科学と政治の記者。2000-2004年、米国の南イリノイ大学カーボンデール校(Southern Illinois University, Carbondale)で学士号(微生物学)取得。2004-2010年、シアトルのワシントン大学(University of Washington)で微生物学の研究博士号(PhD)取得。現在、科学と健康米国協議会(American Council on Science and Health)の上級フェロー。「USA Today」「Wall Street Journal」「BBC」に記事を掲載。著書は2012年『Science Left Behind』、2017年『Little Black Book of Junk Science』(無料PDF版 → ココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。