ジェーン・グドール(Jane Goodall)(英)

2017年2月14日掲載。

ワンポイント:1960-80年代のチンパンジーの研究で有名になった若い白人女性の霊長類学者で、2002年から国連平和大使を務める超有名人。2013年、78歳の時に出版しようとした著書に盗用が発覚した。本人も認めている。「全期間ネカト世界ランキング」の3つでランキング入りした。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.盗用解析
7.白楽の感想
8.主要情報源
9.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

ジェーン・グドール(Jane Goodall、写真出典)は、英国の霊長類学者で、1977年にジェーン・グドール研究所(JGI:Jane Goodall Institute)を設立し、「スタンフォード大学客員教授(1971年 – 1975年)、ダルエスサラーム大学名誉客員教授(1973年 – )、タフツ大学招聘教授(1987年 – 1988年)、クリーブランド自然史博物館研究員(1990年)、南カリフォルニア大学特別招聘教授(1990年)、コーネル大学アンドルー・A・ホワイト講座教授(1996年 – 2002年)などの要職を歴任した。2002年から国連平和大使を務める。2003年にエリザベス2世より霊長類学研究に対し大英帝国勲章を授与され“デーム”の称号を得る。」(ジェーン・グドール – Wikipedia)。

ジェーン・グドールは間違いなく、史上もっとも有名な自然保護活動家であり、また現在地球上でもっとも有名かつ尊敬を集める女性科学者だ」。(2015 年4月8日のRhett A. Butlerの記事 ジェーン・グドール:地球の未来に希望を抱く5つの理由 – 環境ニュース保存版))

2013年(78歳)、出版直前の著書に盗用が発覚した。本人は盗用を認めている。

グドールの研究や活動を賞賛する日本語記事はたくさんあるが、不思議なことに、盗用を伝える日本語記事は1つもない。

グドール事件は、「全期間ネカト世界ランキング」の3つでランキング入りしている。①Insider Monkeyの「全期間の盗用11大スキャンダル」:2016年8月22日の第2位である。②Toptenz.netの「有名人の10大盗用」:2016年1月28日の第7位である。③「有名人の正気でない見え透いた5大盗用」:2014年2月18日の第5位である。

ジェーン・グドール研究所(JGI:Jane Goodall Institute)のロゴ。写真出典

  • 国:英国
  • 成長国:英国
  • 医師免許(MD)取得:なし
  • 研究博士号(PhD)取得:ケンブリッジ大学
  • 男女:女性
  • 生年月日:1934年4月3日
  • 現在の年齢:87 歳
  • 分野:霊長類学
  • 最初の不正論文発表:2013年(78歳)
  • 発覚年:2013年(78歳)
  • 発覚時地位:ジェーン・グドール研究所・所長。国連平和大使
  • ステップ1(発覚):第一次追及者は「Washington Post」紙記者なのか、別の第一次追及者が「Washington Post」紙に通報したのか不明
  • ステップ2(メディア):「Washington Post」など多数
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):なし
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:なし。大学に所属していないので
  • 不正:盗用
  • 不正論文数:1冊の著書の一部
  • 時期:研究キャリアの後期から
  • 研究費:
  • 結末:国連平和大使の辞職なし
This chimpanzee trusted Jane Goodall enough to allow her to groom him. (Photo by Hugo van Lawick, National Geographic Society)

●2.【経歴と経過】

  • 1934年4月3日:英国のロンドンで生まれる
  • 1952年(18歳):ロンドンの高等学校・アップランズ・プライベートスクール卒業
  • 1962年(28歳):ケンブリッジ大学入学
  • 1964年3月28日(30歳):1回目の結婚。夫は、H.バン・ラービック男爵。1974 年に離婚
  • 1966年(32歳):ケンブリッジ大学で研究博士号(PhD)を取得。動物行動学、指導教授はロバート・ハインド(Robert Hinde)
  • 1967年:ゴンベ・ストリーム研究センター所長(Gombe Stream National Park)
  • 1973年(39歳):ダルエスサラーム大学動物学客員教授
  • 1977年(43歳):ジェーン・グドール研究所(JGI:Jane Goodall Institute)

★ウィキペディア日本語版から「経歴」を引用する

出典 → ジェーン・グドール – Wikipedia

人類学の世界的権威であるルイス・リーキー博士と出会い、リーキーの下で働けるよう志願する。リーキーは霊長類学研究、特にチンパンジーの研究に興味を抱いており、グドールを秘書として採用した。

リーキーの薦めでタンザニアのゴンベのジャングルでチンパンジーの研究を始める。 リーキーとグドールは世界で初めてチンパンジーが草の茎を使いアリを捕る行動を報告し、人類固有とされてきた道具を使う能力がチンパンジーにも存在することを証明した。また、草食動物であると考えられていたチンパンジーが雑食であること、チンパンジーの性格に個体差があることを証明し、目覚しい研究成果を上げた。

スタンフォード大学客員教授(1971年 – 1975年)、ダルエスサラーム大学名誉客員教授(1973年 – )、タフツ大学招聘教授(1987年 – 1988年)、クリーブランド自然史博物館研究員(1990年)、南カリフォルニア大学特別招聘教授(1990年)、コーネル大学アンドルー・A・ホワイト講座教授(1996年 – 2002年)などの要職を歴任。

1977年に野生動物研究・教育・保護団体「ジェーン・グドール研究所(JGI)」を設立。

2002年から国連平和大使を務める。2003年にエリザベス2世より霊長類学研究に対し大英帝国勲章を授与され“デーム”の称号を得る。

2007年京都大学から名誉博士号を授与される。現在、執筆の傍ら、世界中を巡り、講演や教育活動を行っている。

Image #: 85306 Scientist Jane Goodall is photographed during production of the CBS/National Georgraphic special “Miss Goodall and the Wild Chimpanzees” in October 1965. CBS/Landov

●3.【動画】

【動画1】
「助けたチンパンジーにハグされるグドール(Jane Goodall Is Hugged By Rescued Chimp.Touching!)」(英語)1分12秒。
Warrior1が2014/02/13 に公開に公開