電子工学:カリヤン・クマール(Kalyan Kumar)(インド)

2017年11月17日掲載。

ワンポイント:北東地域科学技術大学(ノース・イースタン・リージョナル科学技術大学、NERIST:North Eastern Regional Institute of Science and Tech)・学長(男性)で、専門は電子工学だった。2007年11月(60歳?)、4論文(うち1論文は学会要旨も)の盗用、さらに1論文の自己盗用が指摘された。科学価値会(SSV, Society of Scientific Values)も盗用と認定した。学生が辞任を要求し、辞任した(推定)。インドのメディアは大騒ぎしたが、記録が少なく、事件の詳細は不明である。損害額の総額(推定)は7億4千万円。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文
7.白楽の感想
8.主要情報源
9.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

カリヤン・クマール(Kalyan Kumar、写真出典)は、インドの北東地域科学技術大学(ノース・イースタン・リージョナル科学技術大学、NERIST:North Eastern Regional Institute of Science and Tech., Itanagar)・学長(Director)で、専門は電子工学だった。

2007年11月(60歳?)、インドの物理学者たちが始めたネカト追放キャンペーンで4論文(うち1論文は学会要旨も)が盗用で、さらに1論文が自己盗用と告発され、学長を辞任した(推定)。

なお、北東地域科学技術大学は、「4icu.org」の大学ランキング(信頼度は?)でインド第289位の大学である(Top Universities in India | 2017 Indian University Ranking(保存済))。

北東地域科学技術大学(ノース・イースタン・リージョナル科学技術大学、NERIST:North Eastern Regional Institute of Science and Tech., Itanagar)。By RenzutOwn work, CC BY-SA 3.0, Link

  • 国:インド
  • 成長国:インド(推定)
  • 研究博士号(PhD)取得:あり
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に1947年1月1日生まれとする。2007年の盗用発覚時を60歳とした
  • 現在の年齢:70 歳?
  • 分野:電子工学
  • 最初の不正論文発表:2000年(53歳?)
  • 発覚年:2007年(60歳?)
  • 発覚時地位:北東地域科学技術大学・学長
  • ステップ1(発覚):第一次追及者(詳細不明)はインドの物理学者たち
  • ステップ2(メディア): インドの多数のメディア
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①研究ネカトを監視する科学価値会(SSV, Society of Scientific Values)。②北東地域科学技術大学?
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:なし
  • 不正:盗用
  • 不正論文数:4論文(うち1論文は学会要旨も)が盗用で、さらに1論文が自己盗用。
  • 時期:研究キャリアの中期から
  • 損害額:総額(推定)は7億4千万円。内訳 → ①研究者になるまで5千万円。②研究者の給与・研究費など年間2000万円が30年間=6億円。③院生の損害は不明だが、②に含まれると考えた。④外部研究費の額は不明だが、②に含まれると考えた。⑤調査経費(物理学者たち、科学価値会)が5千万円。⑥裁判なし。⑦論文撤回なし(推定)。⑧研究者の時間の無駄と意欲削減が4千万円
  • 結末:学長を辞任(推定)

●2.【経歴と経過】

ほとんど不明。

  • 生年月日:不明。仮に1947年1月1日生まれとする。2007年の盗用発時を60歳とした
  • 19xx年(xx歳):xx大学を卒業
  • 19xx年(xx歳):xx大学で研究博士号(PhD)を取得した
  • xxxx年(xx歳):北東地域科学技術大学(ノース・イースタン・リージョナル科学技術大学、NERIST:North Eastern Regional Institute of Science and Tech., Itanagar)・学長
  • 2007年11月(60歳?):盗用が発覚
  • 2007年12月(60歳?):学長を辞任(推定)

●5.【不正発覚の経緯と内容】

2007年11月4日、インドの物理学者たちが始めたネカト追放キャンペーンは、研究ネカトを監視する科学価値会(SSV, Society of Scientific Values)の事実確認を受けた上で、北東地域科学技術大学(ノース・イースタン・リージョナル科学技術大学、NERIST:North Eastern Regional Institute of Science and Tech., Itanagar)のカリヤン・クマール学長(Kalyan Kumar)の論文盗用を告発した。

4論文(うち1論文は学会要旨も)が盗用で、さらに1論文が自己盗用である。

以下、多くのリンクが切れているが、【主要情報源】②に記載された被盗用論文と盗用論文の表を貼り付けた。

★「2000年のIEEE International Conference on Industrial Technology」論文

被盗用論文 盗用論文
タイトル: Hybrid fuzzy logic proportional plus conventional integral-derivative controller for permanent magnet brushless DC motor タイトル: Improved PID controller using fuzzy precompensated algorithm for PMBLDC motor drive
著者: B. Singh, A.H.N. Reddy and S.S. Murthy, IIT Delhi 著者: Prof. K. Kumar, A.K. Singh and P.K.Bordoloi, NERIST, Nirjuli
Proceedings of the IEEE International Conference on Industrial Technology 2000 Volume 2, 19-22 January 2000 Page(s): 185 – 191
Published in AMSE Advances in Modelling and Analysis C, Volume 61, number 1-2, January 2006, Page (s) 1-15 ISSN: 1240-4535

The local mirror of this file

The abstract may also be seen at Engineering Village by searching for the title of the paper.

盗用学会要旨
Title: Hybrid Fuzzy Controller for Permanent Magnet Brushless DC Motor
Authors: Prof. K. Kumar, A.K. Singh and S.N. Singh, NERIST, Nirjuli
Proceedings of the All India Seminar & Exhibition on Advances in Computer and Information technology (ACIT-2006), Dhanbad, March 2006

The local mirror of this file

★「2007年のElectrical Review」論文

被盗用論文は、横浜大学(横浜国立大学? 横浜市立大学?)の日本人が最後著者の論文である。

被盗用論文 盗用論文
Title: Sensorless control of permanent magnet AC motors Title: Sensorless control of permanent magnet brushless dc motors
Authors: K. Rajshekara and A.Kawamura, from EPS, Anderson (USA) and Yokohama (Japan) Authors: K. Kumar and A.K. Singh, NERIST, Nirjuli
Proceedings of the 20th International Conference on Industrial Electronics, Control and Instrumentation , 1994. IECON’94, Bologna, Italy, Volume 3, September 1994, Page(s): 1589 – 1594 Electrical Review, Volume XIV, No 1, January 2007, Pages 10-14

 

 

★「2005年のElectrical Review」論文

被盗用論文 盗用論文
Title: Gain Scheduling Control of Permanent Magnet Brushless dc Motor Title:Optimum PI controller for Permanent Magnet Brushless DC Motor
Authors: B. Singh, A.H.N. Reddy and S.S. Murthy, IIT Delhi Authors: Dr K. Kumar, A.K. Singh and Dr P.K.Bordoloi, NERIST, Nirjuli
IE(I) Journal EL, Vol 84, (Journal of Institution of Engineers : India) September 2003 Electrical Review, Volume XII, No 6, June 2005, Pages 16 -23

 

 

★ 辞任要求

2007年11月4日、全アルナーチャル・プラデーシュ州学生団体(All Arunachal Pradesh Student’s Union :AAPSU)  は、クマール学長の盗用を受けて、北東地域科学技術大学の総長でもあるアルナーチャル・プラデーシュ州知事にクマール学長の辞任を要求した。

★インドのメディア報道

【主要情報源】②によると、当時、インドのメディアはこの事件をたくさん報道した。現在、多くのリンクが切れているが、全部貼り付けた。

●6.【論文数と撤回論文】

省略

●7.【白楽の感想】

《1》学生運動

学長の論文盗用で、学生が強力に抗議し、学長の辞任を要求した。

日本では、学生がネカトに抗議して運動した歴史はない。それに、社会正義のために学生が学内で抗議活動をすることは、現在では、もう考えられない。

《2》記録保存

2007年に発覚した盗用事件で、当時、インドの多くのメディアが報道した。

しかし、10年後の2017年現在、多くの記事のリンクが切れている。また、ウェブ上の情報がほとんどが消去され、わずか10年前の事件なのに、状況がほとんどつかめない。

ネカトの改善方法は、事件から学べることが多い。しかし、記録がほとんど保存されていないと、当時の改革努力を読み取ることができず、水泡に帰してしまう。そして、今日も、世界のあちこちのネカト事件の記録が消えつつある。

ネカト記録の収集・保存をどうするとよいのだろう?

ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●8.【主要情報源】

① ウィキペディア英語版:Scientific plagiarism in India – Wikipedia
② 2009年(?)の「Plagiarism Alert」記事群:Plagiarism Alert、(保存済)
③ 2007年11月5日の「Web India」記事:AAPSU demands ouster of NERIST Director、(保存版
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です