無罪:マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)(スペイン)

2020年9月12日掲載

ワンポイント:2015年3月(46歳?)、ゲノム制御センターのコスマ教授の3論文(1998~2001年出版)に画像の重複使用があると匿名者がパブピアで指摘した。カタルーニャ大学(Universitat Politecnica de Catalunya)のホセ・ロドリゲス・サンチェス(Jose M. Rodriguez Sanchez)が解像度の低い画像データを分析し、画像の重複使用を否定した。さらに、2016年7月(47歳?)、解像度の高い画像データも見つかり、解析の結果、シロと判定した。コスマの処分はない。2論文が訂正、2論文が懸念表明、0論文が撤回。ただ、2報の訂正論文では、コスマ自身が「バンド画像の重複使用」を認めていた。国民の損害額(推定)は1億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
9.主要情報源
10.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

マリア・ピア・コスマ(Maria Cosma、Maria P. Cosma、Maria Pia Cosma、ORCID iD:?、写真出典)は、スペイン・バルセロナのゲノム制御センター(Centre for Genomic Regulation:CRG)・教授で、医師ではない。専門は細胞生物学である。

2018年、コスマは中国の千人計画(Thousand Talents Program – Wikipedia)のメンバーになった(Maria Pia Cosma – 中科院广州生物医药与健康研究院)。

2015年3月16日(46歳?)、コスマの「2001年のMolecular Cell」論文に画像の重複があると、匿名者がパブピアで指摘したのがネカト疑惑の最初である。

パブピアはすぐに、「1998年のMol Cell Biol.」論文と「1999年のCell」論文にも画像の重複使用があるとも指摘した。

そして、スペインのカタルーニャ大学(Universitat Politecnica de Catalunya)でコンピューター科学の上級エンジニアを務めるホセ・ロドリゲス・サンチェス(Jose M. Rodriguez Sanchez)が調査し、「バンド画像の重複使用」を否定した。

多くの研究倫理学者がサンチェスの調査を問題視したが、ゲノム制御センターは再調査せず、コスマを処分しなかった。

2016年7月28日(47歳?)、最初に問題視された「2001年のMolecular Cell」論文の「Molecular Cell」誌が調査し、オーストリアの分子病理学研究所(Institute of Molecular Pathology:IMP)に解像度の高い画像データが保存されているのを見つけ、解析の結果、シロと判定した。

話は決着がついた。ネカトは「無罪」である。

しかし、訂正された2論文の訂正の中身を念のため、白楽が調べると、ナント、コスマ自身が「バンド画像の重複使用」を認めていたのである。

ゲノム制御センター(Centre for Genomic Regulation:CRG)。こんなビーチに研究所があるなんて、犯罪的です。目の前でビキニのお嬢さんが日光浴していて、研究できる? 写真出典

  • 国:スペイン
  • 成長国:イタリア
  • 医師免許(MD)取得:なし
  • 研究博士号(PhD)取得:イタリアの「フェデリコⅡ」ナポリ大学
  • 男女:女性
  • 生年月日:不明。仮に1969年1月1日生まれとする。1993年に修士号を取得した時を24歳とした
  • 現在の年齢:52 歳?
  • 分野:細胞生物学
  • 最初の不正疑惑論文発表:1998年(29歳?)
  • 不正疑惑論文発表:1998-2007年(29-38歳?)の10年間
  • 発覚年:2015年(46歳?)
  • 発覚時地位:ゲノム制御センター・教授
  • ステップ1(発覚):第一次追及者(詳細不明)は「パブピア(PubPeer)」
  • ステップ2(メディア):「パブピア(PubPeer)」、「撤回監視(Retraction Watch)」
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①学術誌・編集部。②ゲノム制御センター・調査委員会
  • 大学・調査報告書のウェブ上での公表:なし
  • 大学の透明性:所属機関の事件への透明性:実名報道で調査報告書(委員名付き)がウェブ閲覧可(◎)、実名報道で機関もウェブ公表(含・研究公正局でクロ判定)(〇)[機関以外が詳細をウェブ公表(⦿)]、実名報道だが機関のウェブ公表なし(△)、匿名発表・隠匿(Ⅹ)、調査していない、発表なし・メディア取材に非協力・隠蔽(✖)。調査中・不明・該当せず(ー)。
  • 不正:なし
  • 不正論文数:2論文が訂正、2論文が懸念表明、0論文が撤回
  • 時期:研究キャリアの初期から
  • 職:事件後に研究職(または発覚時の地位)を続けた(〇)
  • 処分:なし
  • 日本人の弟子・友人:Tomoyuki Tanaka(?)は「1999年のCell」論文の共著者、Shoma Nakagawa(現在の研究室員)は「2019年」論文の共著者

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は1億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

主な出典:Cosma Lab | crg

  • 生年月日:不明。仮に1969年1月1日生まれとする。1993年に修士号取得した時を24歳とした
  • 1993年(24歳?):イタリアの「フェデリコⅡ」ナポリ大学(“Federico II” University of Naples)で修士号取得:化学・薬学
  • 1997-2000年(28-31歳?):オーストリアの分子病理学研究所(Institute of Molecular Pathology:IMP)、マリーキュリーフェロー。ボスは後にオックスフォード大学に移籍するキム・ナスミス(Kim Nasmyth)
  • 2000年(31歳?):イタリアの「フェデリコⅡ」ナポリ大学で研究博士号(PhD)を取得:細胞遺伝学・分子遺伝学
  • 2000年(31歳?):イタリアのテレトン遺伝医学研究所(Telethon Institute of Genetics and Medicine:TIGEM)・ポスドク
  • 2003年(34歳?):同・グループリーダー
  • 2005年(36歳?):マリーキュリー優秀賞(Marie Curie Excellence Award)受賞
  • 2010年(41歳?):スペイン・バルセロナのゲノム制御センター(Centre for Genomic Regulation:CRG)・教授
  • 2015年3月(46歳?):ネカト疑惑発生
  • 2016年7月(47歳?):不正なしと結論
  • 2018年(49歳?):中国の千人計画(Thousand Talents Program – Wikipedia)のメンバー(Maria Pia Cosma – 中科院广州生物医药与健康研究院)。

●3.【動画】

以下は事件の動画ではない。

【動画1】
研究講演動画:「ENG – Cellular reprogramming: a real tool of regenerative medicine? – 2011 – YouTube」(英語)15分00秒。
CRGchannelが2012/07/04に公開

【動画2】
「マリア・ピア」と呼ばれている。
研究講演動画。2016年11月15日に公開(スペイン語)1時間8分56秒。
以下をクリック。
Maria Pia Cosma. Can humans regenerate their organs? | Videos | CCCB

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★問題論文は約15年前

ネカト疑惑の3論文は、マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma、写真出典)が1998年、1999年、2001年に出版した論文だった。丁度その頃、コスマはイタリアの「フェデリコⅡ」ナポリ大学(“Federico II” University of Naples)で研究博士号(PhD)を取得した。つまり、問題視された論文はコスマが博士号を取得する前後の論文だった。当然、博士論文も問題視されていいい状況である。

ネカト疑惑は、それから約15年後の2015年に勃発した。

コスマはその時46歳(?)で、この分野の著名な研究者になっていた。マリーキュリー優秀賞(Marie Curie Excellence Award)など、いくつもの科学賞も受賞していた。

だから、コスマの周囲にはコスマの味方をする有力な研究者・関係者・支援者がかなりいた。

そして、ネカト疑惑を指摘しても、「いまさら」とか、「昔のデータなので生データはない」など、言い訳がたくさんある状況だった。

なお、2018年、コスマは中国の千人計画(Thousand Talents Program – Wikipedia)のメンバーになった(Maria Pia Cosma – 中科院广州生物医药与健康研究院)。

★ネカト発覚

ネカト発覚の最初から進めよう。

2015年3月16日(46歳?)、匿名者がパブピアで、マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)の「2001年のMolecular Cell」論文に画像の重複があると指摘した。

これがネカト疑惑の最初である。この論文は、コスマがオーストリアの分子病理学研究所(IMP)で得た研究成果の論文である。

その最初のネカト疑惑画像である図4を以下に張り付けた。(出典:https://pubpeer.com/publications/43D229CE50CAC900509F635F611EBA#1)

図4はウェスターンブロットのバンドである。バンドなのでどれも形状が似ているが、色枠のバンドは全く同じ画像の重複使用ではないかと指摘された。確かによく似ている。しかし、全く同じ画像の重複使用だと断定するのは難しそうだ。特に小さな画像だと見分けがつかない。

では、拡大した別の図である図1ではどうだろう(出典:https://pubpeer.com/publications/43D229CE50CAC900509F635F611EBA#11)

 

う~ん、これは、同じバンドの重複使用でしょう。と多くの人は思ったに違いない。

そして、パブピアはすぐに、「1998年のMol Cell Biol.」論文と「1999年のCell」論文にも画像の重複使用があると指摘した。前者はイタリアの「フェデリコⅡ」ナポリ大学、後者はオーストリアの分子病理学研究所(IMP)での研究成果である。

3報の論文は全部、コスマが第一著者だった。

★ネカト紛争

上に画像を示したが、多くの人は「同じバンドの重複使用」だと思った。

マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)は、ネカト疑惑の指摘を受け、生データを探したが、現在残っている唯一のデータはPDFファイルの解像度の低い画像しかない、と述べた。

そして、ナント、「論文の結論は他の研究者が再現できると確認し、多くの論文で使用されているので、問題ない」と余計な一言を付け加えた。この一言は後で、研究倫理学者から非難されている。

マサチューセッ大学医科大学院(University of Massachusetts Medical School)のクレイグ・ピーターソン教授(Craig L Peterson、写真出典)は、「バンド画像の重複使用を指摘する理由はわかるが、自分達の研究はコスマの論文結果を支持しています。同じ遺伝的背景(つまり、ash1変異体)で正確な再現実験をしていませんが、コスマの研究結果が物議を醸すとは思いません」と発言した。この「結果オーライ」発言も後で、研究倫理学者から非難されている。

コスマの大学院指導教授で、コスマの問題視された3論文のうちの2論文の最後著者だったキム・ナスミス教授(Kim Nasmyth、写真出典)は、オーストリアの分子病理学研究所(Institute of Molecular Pathology:IMP)から、英国のオックスフォード大学(University of Oxford)に移籍していた。

ナスミス教授は、「どうして酷似のバンド画像になったのか、さっぱりわかりません。誰かが不正行為の明確な証拠を持って私を訪ねてくるなら、私は喜んで対応します。しかし、申し立てはコスマに対する個人的な復讐でしょう」と述べた。

そして、ゲノム制御センター(Centre for Genomic Regulation:CRG)は、スペインのカタルーニャ大学(Universitat Politecnica de Catalunya)でコンピューター科学の上級エンジニアを務めるホセ・ロドリゲス・サンチェス(Jose M. Rodriguez Sanchez)にバンド画像の調査を依頼した。その結果、サンチェスはバンド画像の重複使用を否定した。

しかし、サンチェスの調査は多くの研究倫理学者から非難されている。

David-Vaux-pp例えば、オーストラリアのデイヴィッド・ボー教授(David L. Vaux、写真:出典)は、「サンチェスの分析に異議を唱えません。しかし、彼には元画像が提供されず、彼は、質の悪い公開画像しか分析していないので、彼の結論には同意できません」と述べている。

★「Cell Press」編集部が調査し、シロ

2016年7月28日、最初に問題視された「2001年のMolecular Cell」論文の「Molecular Cell」誌が調査結果を発表し、シロと判定した。
 → 2016年7月28日:「Molecular Cell」誌:「Molecular Cell」誌の調査

問題論文を出版した「Cell Press」編集部が「1999年のCell」論文と「2001年のMolecular Cell」論文の2論文の重複画像に関する疑惑に対応した。

というのは、コスマが論文を出版した時に所属していたオーストリアの分子病理学研究所(Institute of Molecular Pathology:IMP)が、解像度の高い画像データを保存していた。分子病理学研究所はその画像データをコスマに渡した。

コスマはそれらのコピーを学術誌の「Cell Press」編集部に持っていった。それで、コスマと学術誌・編集者は論文で使用されたデータを特定するなどの検討作業をはじめた。実験ノートには、元の画像、代替の露出、論文のほとんどの図の複製データが含まれていた。

学術誌・編集者は調査・分析の結果、「不適切なデータ処理または画像の複製だとする証拠は見つからなかった。そして、利用可能な元データは、論文の結果をサポートしていた」と発表した。

結論として、「現時点で入手可能な情報に基づいて、「同じバンドの重複使用」はない。また、これ以上の措置はしない」と付け加えた。

【ねつ造・改ざん疑惑の具体例】

少しだけど、「同じバンドの重複使用」の具体例を既に示したし、「Cell Press」編集部が調査し、調査の結果、ねつ造・改ざん疑惑はシロになったので、ねつ造・改ざん疑惑の具体例は省略する。

ただ、2020年9月11日現在、コスマの2論文が訂正、2論文が懸念表明されている。どんな訂正なのか以下に見ていこう。

★「2005年のEMBO Rep」論文

以下の「2005年のEMBO Rep」論文が2016年12月に訂正された。

訂正内容は、ナント、「同じバンドの重複使用」だった:Corrigendum

コスマが学術誌に伝えた内容の一部を示すと、以下のようだ。

補足図4Aと4Bのバンドは、異なるゲルのバンドを切り取り、白い背景の紙に貼り付けた。そして、4A上部パネルのレーン2、6、7、4Bの下部パネルのレーン2の4バンドは多分複製である。また、4A下部パネルのレーン5と6も多分複製である。

以下の図の出典は原著論文。

早い話、「1999年のCell」論文と「2001年のMolecular Cell」論文で「同じバンドの重複使用」を否定したのに、今度の「2005年のEMBO Rep」論文では、認めている。ナ~ンだ。前のも「同じバンドの重複使用」だったんじゃないの、と思ってしまう。

そして、補足図4Aと4Bはなくても、論文の結論は変わらないし、支持できるので、補足図4Aと4Bを削除するという訂正をしたのである。

編集者もこのコスマの説明を認めていて、訂正で一件落着にした。

★「2007年のEMBO J」論文

以下の「2007年のEMBO J」論文も2016年12月に訂正された。

訂正内容は、読者の御推察の通り、こちらも、バンドの加工をしているようだ: Corrigendum

図1D、図4C、図4D、図6B、補足図SI2Aの5つの図が問題図だった。全部挙げてもナンなので、以下に図4C、図6Bを示す。そして、前期同様、論文の結論は変わらないし、支持できるので、いくつかの図を削除するという訂正をしたのである。こちらも、「訂正」で一件落着にした。なんか、納得できませんね。

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

★パブメド(PubMed)

2020年9月11日現在、パブメド( PubMed )で、マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)の論文を「Maria Cosma [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2002~2020年の19年間の55論文がヒットした。

「Cosma MP [Author]」で検索すると、1994~2020年の27年間の66論文がヒットした。

2020年9月11日現在、「Retracted Publication」のフィルターでパブメドの論文撤回リストを検索すると、0論文が撤回されていた。

★撤回監視データベース

2020年9月11日現在、「撤回監視(Retraction Watch)」の撤回監視データベースでマリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)を「Cosma, Maria Pia」で検索すると、1999~2007年の 2論文が訂正、2論文が懸念表明、0論文が撤回されていた(2016年に)。

★パブピア(PubPeer)

2020年9月11日現在、「パブピア(PubPeer)」では、マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)の論文のコメントを「Maria Cosma」で検索すると、11論文にコメントがあった。

●7.【白楽の感想】

《1》クロなのにシロ 

コスマ事件は、学術誌が最終的にマリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma、写真出典)をシロと判定したので、表題に「無罪」を加えた。しかし、米国の基準、そして、白楽の基準では「ねつ造」という印象を受けた。

初期に指摘された「1999年のCell」論文と「2001年のMolecular Cell」論文では、「同じバンドの重複使用」を否定した。学術誌もそれを認めた。

それなのに、後で指摘された「2005年のEMBO Rep」論文や「2007年のEMBO J」論文では、コスマ本人が「同じバンドの重複使用」を認めている。

明かにダブルスタンダードで、ヘンである。

ところが、学術誌は「結果オーライ」思想で、問題画像を削除する「訂正」で済ませてしまった。

「研究公正」はとても軽い。「既成体制」と「研究公正」が天秤にかけられ、「研究公正」はアッサリ負けた。コスマを守る「既成体制」は強かった。

《2》「若気の至り」 

ネカト疑惑が持ち上がった時、マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)はスペインの有力な研究者になっていた。

約15年前の論文のデータねつ造・改ざん疑惑で、結果は、シロと判定された。約10年前の論文では「訂正」で済ませられた。

だが、ここでは、コスマのこれらの論文はクロだったとしよう。そして、その後、コスマはデータねつ造・改ざんをしなかったとしよう。

一般論として、10代・20代の「若気の至り」で、同級生をレイプした。麻薬を吸った。コールガールとチョメチョメした。暴走族だった。人を殺めてしまった。マー、いろいろあったが、とにかく、その後、足を洗って、そういう「ワル」とはおさらばした。そして、40代・50代・60代で政治家として偉くなった。神父として偉くなった。大企業の社長になった。皇室の顔の1つになった。教授として有力な研究者になった。

この場合、社会はどうすべきなのか?

研究者が「若気の至り」でネカトをし、それが40代・50代・60代に発覚した場合、学術界はどうすべきなのか? 論文は不良品なので撤回(あるいは訂正)するにしても、ネカト者をどうすべきなのか?

白楽が思うに、時効を導入する、というのはどうでしょう(ネカトの項目によって年数は異なる。ペナルティは時効前と別種)。そして、現職の職務に大きな障害が生じないように懲戒解雇はしない。ただ、ネカトで損となるように、ペナルティは、巨額の罰金・財産没収はどうか? となると、大学・研究機関が科せられるペナルティを越えている。ネカト罪を制定という立法が必要だ。

https://forbetterscience.com/2016/12/13/two-embo-corrections-for-the-martyred-saint-maria-pia-cosma/

《3》生データ 

今回は15年前の論文のデータねつ造・改ざんだが、マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)は当時、イタリアの大学の院生だった。論文の1報はイタリアの「フェデリコⅡ」ナポリ大学、2報は大学院留学したオーストリアの分子病理学研究所(IMP)での研究成果だった。

そして、ネカト疑惑が持ち上がった時、コスマはスペインの研究者で、15年前の生データは残っていないと述べた。

イタリア、オーストリア、そして、スペインと移動し、15年前のデータである。生データを誰がいつまでどう保存すべきなのか?

結局、今回は、オーストリアの分子病理学研究所(Institute of Molecular Pathology:IMP)が、解像度の高い画像データを保存していた。

しかし、一般論として、この状況だと、生データがなくても不思議はない。欧州では昔の生データを誰がどれだけ保存すべきか知らないが、今回は規則違反ではないだろう。日本だと保存期間は通常5年である。

白楽の場合、研究室を主宰して以降、研究室の学部生・院生にしっかりした装丁の実験ノートを配布した。実験記録は全部そのノートに記載させた。学部生・院生が研究室を出る時、学部生・院生にノートを残させた。学部生・院生には実験スキルは持たせたい。それで、研究室で行なった実験法を詳細に記載したテクニカルシートを持たせた。

そのような方法で、研究室は学部生・院生の生データを全部保存していた。定年退官で研究室を閉鎖した時、かつての学部生・院生に実験ノートを全部返却した。でも、こういうやり方は一般ではないかもしれない。

現在は、電子データなので、50年ほどの研究人生全期間の生データ(といっても電子データだが)を、保持できるハズだ。

白楽は、2006年6月8日、オーストリアの分子病理学研究所(Institute of Molecular Pathology:IMP)を訪問した。IMBA GMIと書いてあるが、分子病理学研究所の入口。白楽撮影。

ーーーーーー
日本がスポーツ、観光、娯楽を過度に追及する現状は日本の衰退を早め、ギリシャ化を促進する。今後、日本に飛躍的な経済の発展はない。科学技術と教育を基幹にした堅実・健全で成熟した人間社会をめざすべきだ。科学技術と教育の基本は信頼である。信頼の条件は公正・誠実(integrity)である。人はズルをする。人は過ちを犯す。人は間違える。その前提で、公正・誠実(integrity)を高め維持すべきだ。
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●9.【主要情報源】

① 2015年6月4日のフレデリク・ジョエルビング(Frederik Joelving)記者の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:Cell Press investigating possible image manipulation in influential yeast genetics paper – Retraction Watch
② 2016年7月29日のレオニッド・シュナイダー(Leonid Schneider)のブログ:With Voinnet and Cosma cover-up, Cell now admits to have no editorial integrity whatsoever – For Better Science
③ 2016年8月8日のダルミート・チャウラ(Dalmeet Singh Chawla)記者の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:Cell Press dismisses fraud allegations in high-profile genetics papers – Retraction Watch
④ 2016年12月13日のレオニッド・シュナイダー(Leonid Schneider)のブログ:Two EMBO corrections for the martyred saint Maria Pia Cosma – For Better Science
⑤ マリア・ピア・コスマ(Maria Pia Cosma)のウェブサイト:PiaCosmaLAB – Center for Genomic Regulation CRG and ICREA Research Professor
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。誹謗中傷的なコメントは削除します

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments