計算学:ピーター・チェン(Peter Chen)(台湾)

最下段にコメント欄を設けました(14日以内)。

ワンポイント:査読偽装で60論文撤回になり撤回論文数で世界第3位

【概略】
Chen-Yuan%20Chen2012-06-25ピーター・チェン(Peter Chen、写真出典)は、台湾・国立屏東教育大学(こくりつ へいとう きょういくだいがく、National Pingtung University of Education :NPUE)・準教授で、専門は機械工学(計算学computer science)だった。「Chen-Yuan Chen(陳震遠)」が本名である。

2010年~2013年、130個もの電子メール・アカウントを作り、他人のふりをして自分の論文を自分で査読していた。

2013年(36歳?)に査読詐称が発覚し、2014年2月(37歳?)に大学を辞職、2014年7月(37歳?)に60論文が撤回された。また、共著者だった台湾政府の教育大臣が辞職した。

2015年8月22日時点で、60論文の撤回は、撤回論文数ランキングで世界第3位である(The Retraction Watch Leaderboard – Retraction Watch at Retraction Watch

Main_entrance_to_the_National_Pingtung_University_of_Education台湾・国立屏東教育大学(こくりつ へいとう きょういくだいがく、National Pingtung University of Education :NPUE)。写真出典

  • 国:台湾
  • 成長国:台湾
  • 研究博士号(PhD)取得:
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に、1977年1月1日とする。
  • 現在の年齢:40 (+1)歳?
  • 分野:計算学
  • 最初の不正論文発表:2010年(33歳?)
  • 発覚年:2013年(36歳?)
  • 発覚時地位:国立屏東教育大学・準教授
  • 発覚:ジャーナル編集部
  • 調査:①「Journal of Vibration and Control」ジャーナル編集部。②台湾・検察?
  • 不正:査読詐称
  • 不正論文数:撤回論文は60報
  • 時期:研究キャリアの初期から
  • 結末:辞職

【経歴と経過】
経歴はほぼ不明

  • 生年月日:不明。仮に、1977年1月1日とする
  • 19xx年(xx歳):xx大学を卒業
  • 20xx年(xx歳):xx大学大学院卒。研究博士号(PhD)取得
  • 20xx年(xx歳):台湾・国立屏東教育大学・準教授。専門は計算学(computer science)
  • 2013年(36歳?):査読詐称が発覚する
  • 2014年2月(37歳?):国立屏東教育大学・準教授を辞職

【日本語の紹介記事】

★ワイリー・サイエンスカフェ(2014年7月15日)の記事を修正引用する。

振動工学のジャーナル Journal of Vibration and Control で、台湾の大学教授が多数の偽名を使って査読者として登録を受け、自分自身の投稿論文を査読して有利な判定を下す詐欺的行為を働いていたことが発覚、この教授が同誌で過去4年間に発表した論文60報が撤回される事態となりました。( 「自分の投稿論文を自分で査読」する不正行為が発覚|台湾の大学教授が偽名を使って実行、60報の撤回へ (AGU誌編集長ブログ) | ワイリー・サイエンスカフェ

★カレントアウェアネス・ポータル(2014年7月15日)の記事を修正引用する。

2014年7月8日、SAGE社[出版社]が同社の刊行する雑誌” Journal of Vibration and Control (JVC)”から60本の論文を撤回することを発表しました。これらの論文はすべて台湾の国立屏東教育大学の元准教授、陳震遠(Peter Chen)氏が関わっていたものです。

SAGE社のプレスリリースによれば、陳氏はSAGE社のオンライン査読システムに氏名を偽って複数のアカウントを作成しており、陳氏が投稿した論文の査読候補者としてこれらのアカウントが表示されるようになっていました。SAGE社らの調査では、実際にこれらのアカウントを用いて陳氏自身が自分の論文の査読を行っていた例も発見されているとのことです。

また、撤回された60本の論文の中には台湾の教育部長(Education Minister、日本の文部科学大臣)、偉寧(Chiang Wei-ling)氏が共著者に含まれているものが5本ありました。氏は陳氏の双子の兄弟の元指導教員で、その双子の兄弟も共著者に含まれていた、とのことです。事件を受け、氏は2014年7月14日付けで教育部長を辞任しています。(SAGE社の出版する雑誌で60本の論文撤回 1人の著者が複数の別名を使って自分の投稿論文を自分で査読 | カレントアウェアネス・ポータル

【不正発覚の経緯と内容】

ピーター・チェンは2010年~2013年の4年間に、「The Journal of Vibration and Control」誌に60報以上の論文を出版していた。

S_esm-med-ali-nayfeh2013年、「The Journal of Vibration and Control」誌編集長のアリ・ネイフェ(Ali H. Nayfeh、1995年から編集長、米国・バージニア工科大学・教授、写真出典)が気が付き、著者に連絡を取ろうとしたが、コンタクトができなかった。

2014年2月(37歳?)、査読詐称の発覚を受け、ピーター・チェンは大学を辞職した。

2014年5月、アリ・ネイフェ編集長は、10年間勤めた「The Journal of Vibration and Control」編集長を辞任した。辞任の理由について答えていない。しかし、この事件のケリをつけ、事件の責任をとって、また、査読詐称事件にあほらしくなって(ここ推察)、辞任したと思われる。

2014年7月14日、「The Journal of Vibration and Control」誌は編集部の判断で、チェンの論文60報を撤回した。

ピーター・チェンはこの間、$169,000ドル(約1,690万円)の研究費を台湾政府から助成されていたこともあって、台湾の検察も捜査に乗り出した(Prosecutors start probe into academic scandal | Full Index Search | FOCUS TAIWAN – CNA ENGLISH NEWS)。

ピーター・チェンの双子の兄弟のチェンウー・チェン(Chen-wu Chen、陳震武)も多数の論文の共著者になっている。

兄弟のチェンウー・チェンは、1999年に国立中央大学(National Central University)の大学院に入学し、チャン・ウェイリン教授(Chiang Wei-ling、偉寧。この人だけ、英語名も姓名順の記載が多く、従った)の研究室で学び、2004年に都市工学で研究博士号(PhD)を取得した。2011年、国立高雄第一科技大学 (National Kaohsiung First University of Science and Technology)からもう1つの研究博士号(PhD)を情報管理学で取得した。ピーター・チェンの研究内容と関係する研究もしていた。事件当時も現在も、国立高雄海洋科技大学(National Kaohsiung Marine University)・都市工学・教授である。

ピーター・チェンは、双子の兄弟のチェンウー・チェンの名前も共著者に入れて、論文を出版していた。

チャン・ウェイリン教授は2012年に、台湾政府の教育大臣に任命された。

事件当時、ピーター・チェンの双子の兄弟のチェンウー・チェンの恩師であるチャン・ウェイリンは教育大臣になっていた。査読偽装論文の内、5論文は、兄弟のチェンウー・チェンとチャン・ウェイリン教育大臣の共著だった。

教育大臣は、ピーター・チェンには2度しか会っていないし、自分が共著者になっていることを知らなかったと述べている。双子の兄弟のチェンウー・チェンもそれを肯定している。

p01-140714-p2r事件当時、チャン・ウェイリン教育大臣(Chiang Wei-ling、偉寧)(左)と双子の兄弟のチェンウー・チェン(右)(推定)。Photo: Chen Chih-chu, Taipei Times

201407140010t00012014年7月13日、記者会見するチャン・ウェイリン教育大臣。写真出典

チャン・ウェイリン教育大臣(Chiang Wei-ling、偉寧)は、査読詐称への関与を否定したが、5論文が共著だった責任をとって、2014年7月14日、大臣を辞職した。国立中央大学(National Central University)・教授に戻った(Education minister resigns over research fraud scandal – University World News)。

【論文数と撤回論文】

ピーター・チェン(Peter Chen)の撤回論文をリストする(【主要情報源】①)。「Chen-Yuan Chen(陳震遠)」が本名なので、「Chen CY」か「Chen C-Y」の名前が入っている論文が多いが、自分の名前が入っていない論文もある(どういうこと?)。その場合、双子の兄弟のチェンウー・チェン(Chen, Chen-wu)の「Chen C-W」を入れている。両方とも入っていない論文も1報ある。

チャン・ウェイリン教育大臣(Chiang Wei-ling、偉寧)の名前(Chiang W-L)にアンダーラインした。5報ある。

★以下12論文(2012-13年)はプリント出版される前に発覚し、プリント出版されない。

  1. Chen CY, Chen T-H, Chen Y-H, Yu S-E and Chung P-Y (2013) Information technology system modeling an integrated C-TAM-TPB model to the validation of ocean tidal analyses Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 7 May 2013. doi: 10.1177/1077546312472924
  2. Chang R-F, Chen CY, Su F-P and Lin H-C (2013) A two-step approach for broadband digital signal processing technique Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 26 April 2013. doi: 10.1177/1077546312472925
  3. Chen TH, Chang CJ, Yu SE, Chung PY and Liu C-K (2013) Nonlinear information analysis and system management technique: the influence of design experience and control complexity Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 12 April 2013. doi: 10.1177/1077546312473321
  4. Chen CY, Shih BY, Chen YH, Yu SE and Liu YC (2013) The exploration of a 3T flow model using vibrating NXT: II. Model validation Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 10 April 2013. doi: 10.1177/1077546312470481
  5. Chen CY, Shih BY, Chen YH, Yu SE and Liu YC (2013) The exploration of 3T flow model using vibrating NXT: I. model formulation Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 6 February 2013. doi: 10.1177/1077546312467360
  6. Lin M-L and Chen C-W (2013) Stability analysis of fuzzy-based NN modeling for ecosystems using fuzzy Lyapunov methods Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 6 February 2013. doi: 10.1177/1077546312466687
  7. Chen CY, Chen TH, Chen YH and Chiu J (2012) A multi-stage method for deterministic-statistical analysis: a mathematical case and measurement studies Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 20 December 2012. doi: 10.1177/1077546312466579
  8. Shih BY, Lin MC and Chen CY (2012) Autonomous navigation system for radiofrequency identification mobile robot e-book reader Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 13 December 2012. doi: 10.1177/1077546312466578
  9. Chang RF, Chen CY, Su FP, Lin HC and Lu C-K (2012) Multiphase SUMO robot based on an agile modeling-driven process for a small mobile robot Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 13 December 2012. doi: 10.1177/1077546312464993
  10. Shih B-Y, Lin Y-K, Cheng M-H, Chen C-Y and Chiu C-P (2012) The development of an application program interactive game-based information system Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 12 December 2012. doi: 10.1177/1077546312464682
  11. Chen C-Y, Chang C-J and Lin C-H (2012) On dynamic access control in web 2.0 and cloud interactive information hub: technologies Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 12 December 2012. doi: 10.1177/1077546312464992
  12. Shin BY, Chen CY and Hsu KH (2012) Robot cross platform system using innovative interactive theory and selection algorithms for Android application Journal of Vibration and Control Epub ahead of print 13 November 2012. doi: 10.1177/1077546312463757

★以下48論文(2010-14年)は撤回

  1. Chen C-W (2014) Applications of neural-network-based fuzzy logic control to a nonlinear time-delay chaotic system Journal of Vibration and Control 20 (4): 589-605. Epub ahead of print 5 November 2012. doi: 10.1177/1077546312461370
  2. Chen C-W (2014) A review of intelligent algorithm approaches and neural-fuzzy stability criteria for time-delay tension leg platform systems Journal of Vibration and Control 20 (4): 561-575. Epub ahead of print 5 November 2012. doi: 10.1177/1077546312463759
  3. Chen C-Y, Chang C-J and Lin C-H (2014) On dynamic access control in web 2.0 and cloud interactive information hub: trends and theories Journal of Vibration and Control 20 (4): 548-560. Epub ahead of print 5 November 2012. doi: 10.1177/1077546312463762
  4. Lin M-L and Chen C-W (2014) Stability conditions for ecosystem modeling using the fuzzy Lyapunov method Journal of Vibration and Control 20 (2): 290-302. Epub ahead of print 23 October 2012. doi: 10.1177/1077546312451301
  5. Chen C-H, Kuo C-M, Hsieh S-H and Chen C-Y (2014) Highly efficient very-large-scale integration (VLSI) implementation of probabilistic neural network image interpolator Journal of Vibration and Control 20 (2): 218-224. Epub ahead of print 22 October 2012. doi: 10.1177/1077546312458822
  6. Chen C-Y (2014) Wave vibration and simulation in dissipative media described by irregular boundary surfaces: a mathematical formulation Journal of Vibration and Control 20 (2): 191-203. Epub ahead of print 22 October 2012. doi: 10.1177/1077546312464258
  7. Chen C-H, Yao T-K, Dai J-H and Chen C-Y (2014) A pipelined multiprocessor system- on-a-chip (SoC) design methodology for streaming signal processing Journal of Vibration and Control 20 (2): 163-178. Epub ahead of print 16 October 2012. doi: 10.1177/1077546312458821
  8. Lin M-L and Chen C-W (2014) Fuzzy neural modeling for n-degree ecosystems using the linear matrix inequality approach Journal of Vibration and Control 20 (1): 82-93. Epub ahead of print 8 October 2012. doi: 10.1177/1077546312458533
  9. Chen C-H, Wu W-X and Chen C-Y (2013) Ant-inspired collective problem-solving systems Journal of Vibration and Control 19 (16): 2481-2490. Epub ahead of print 18 September 2012. doi: 10.1177/1077546312456231
  10. Chen C-H, Yao T-K, Kuo C-M and Chen C-Y (2013) Evolutionary design of constructive multilayer feedforward neural network Journal of Vibration and Control 19 (16): 2413-2420. Epub ahead of print 12 September 2012. doi: 10.1177/1077546312456726
  11. Chen C-W (2013) Applications of the fuzzy-neural Lyapunov criterion to multiple time-delay systems Journal of Vibration and Control 19 (13): 2054-2067. Epub ahead of print 16 August 2012. doi: 10.1177/1077546312451034
  12. Chung P-Y, Chen Y-H, Walter L and Chen C-Y (2013) Influence and dynamics of a mobile robot control on mechanical components Journal of Vibration and Control 19 (13): 1923-1935. Epub ahead of print 20 July 2012. doi: 10.1177/1077546312452184
  13. Chen C-W (2013) Neural network-based fuzzy logic parallel distributed compensation controller for structural system Journal of Vibration and Control 19 (11): 1709-1727. Epub ahead of print 22 June 2012. doi: 10.1177/1077546312442233
  14. Chen C-W, Yeh K, Yang H-C, Liu KFR and Liu C-C (2013) A critical review of structural system control by the large-scaled neural network linear-deferential-inclusion-based criterion Journal of Vibration and Control 19 (11): 1658-1673. Epub ahead of print 18 June 2012. doi: 10.1177/1077546312443377
  15. Chen C-H, Kuo C-M, Chen C-Y and Dai J-H (2013) The design and synthesis using hierarchical robotic discrete-event modeling Journal of Vibration and Control 19 (11): 1603-1613. Epub ahead of print 27 June 2012. doi: 10.1177/1077546312449645
  16. Chang CJ, Chen CY and Chou I-T (2013) The design of information and communication technologies: telecom MOD strength machines Journal of Vibration and Control 19 (10): 1499-1513. Epub ahead of print 27 June 2012. doi: 10.1177/1077546312449644
  17. Shih B-Y, Chen C-Y, Li K-H, Wu T-Y, Chen G-Y (2013) A novel NXT control method for implementing force sensing and recycling in a training robot Journal of Vibration and Control 19 (10): 1443-1459. Epub ahead of print 1 June 2012. doi: 10.1177/1077546312446361
  18. Chen C-W, Chen P-C and Chiang W-L (2013) Modified intelligent genetic algorithm-based adaptive neural network control for uncertain structural systems Journal of Vibration and Control 19 (9): 1333-1347. Epub ahead of print 31 May 2012. doi: 10.1177/1077546312442232
  19. Chen C-Y, Shih B-Y, Shih C-H and Wang L-H (2013) Enhancing robust and stability control of a humanoid biped robot: system identification approach. Journal of Vibration and Control 19 (8): 1199-1207. Epub ahead of print 26 April 2012. doi: 10.1177/1077546312442947
  20. Chang C-J, Chen C-Y and Huang C-W (2013) Applications for medical recovery using wireless control of a bluetooth ball with a hybrid G-sensor and human-computer interface technology Journal of Vibration and Control 19 (8): 1139-1151. Epub ahead of print 24 April 2012. doi: 10.1177/1077546312442948
  21. Hsu W-K, Chiou D-J, Chen C-W, Liu M-Y, Chiang W-L and Huang P-C (2013) Sensitivity of initial damage detection for steel structures using the Hilbert-Huang transform method Journal of Vibration and Control 19 (6): 857-878. Epub ahead of print 29 February 2012. doi: 10.1177/1077546311434794
  22. Chen C-Y, Shih B-Y, Shih C-H and Wang L-H (2013) Human?machine interface for the motion control of humanoid biped robots using a graphical user interface Motion Editor Journal of Vibration and Control 19 (6): 814-820. Epub ahead of print 23 February 2012. doi: 10.1177/1077546312437804
  23. Chen C-Y (2013) Internal wave transport, nonlinear manifestation, and mixing in a stratified shear layer?-?technical briefs Journal of Vibration and Control 19 (3): 429-438. Epub ahead of print 18 January 2012. doi: 10.1177/1077546311429337
  24. Chen C-W (2013) Delay independent criterion for multiple time-delay systems and its application in building structure control systems Journal of Vibration and Control 19 (3): 395-414. Epub ahead of print 17 January 2012. doi: 10.1177/1077546311429341
  25. Chen C-Y, Shih B-Y, Shih C-H and Wang L-H (2013) Design, modeling and stability control for an actuated dynamic walking planar bipedal robot Journal of Vibration and Control 19 (3): 376-384. Epub ahead of print 17 January 2012. doi: 10.1177/1077546311429476
  26. Liu K-C, Liu Y-W, Chen C-Y and Huang W-C (2013) Nonlinear vibration of structural deterioration in reinforced concrete columns: experimental and theoretical investigation Journal of Vibration and Control 19 (3): 323-335. Epub ahead of print 17 January 2012. doi: 10.1177/1077546311429477
  27. Chen C-Y, Shih B-Y and Ma J-m (2013) Development for low-cost and cross-platform robot control environment Journal of Vibration and Control 19 (2): 228-233. Epub ahead of print 11 January 2012. doi: 10.1177/1077546311430107
  28. Shih B-Y, Chang H and Chen C-Y (2013) Path planning for autonomous robots ? a comprehensive analysis by a greedy algorithm Journal of Vibration and Control 19 (1): 130-142. Epub ahead of print 17 January 2012. doi: 10.1177/1077546311429841
  29. Liu T-Y, Chiang W-L, Chen C-W, Hsu W-K, Lin C-W, Chiou D-J and Huang P-C (2012) Structural system identification for vibration bridges using the Hilbert?Huang transform Journal of Vibration and Control 18 (13): 1939-1956. Epub ahead of print 14 December 2011. doi: 10.1177/1077546311428347
  30. Chen C-W (2012) Applications of the fuzzy Lyapunov linear matrix inequality criterion to a chaotic structural system Journal of Vibration and Control 18 (13): 1925-1938. Epub ahead of print 14 December 2011. doi: 10.1177/1077546311428346
  31. Chen C-W (2012) Applications of linear differential inclusion-based criterion to a nonlinear chaotic system: a critical review Journal of Vibration and Control 18 (12): 1886-1899. Epub ahead of print 14 December 2011. doi: 10.1177/1077546311428345
  32. Shih B-Y, Chen C-Y and Chou W (2012) An enhanced obstacle avoidance and path correction mechanism for an autonomous intelligent robot with multiple sensors Journal of Vibration and Control 18 (12): 1855-1864. Epub ahead of print 14 December 2011. doi: 10.1177/1077546311426734
  33. Chen C-W, Yeh K, Liu KFR and Lin M-L (2012) Applications of fuzzy control to nonlinear time-delay systems using the linear matrix inequality fuzzy Lyapunov method Journal of Vibration and Control 18 (10): 1561-1574. Epub ahead of print 18 October 2011. doi: 10.1177/1077546311410765
  34. Chen C-Y (2012) A critical review of internal wave dynamics. Part 2 ? Laboratory experiments and theoretical physics Journal of Vibration and Control 18 (7): 983-1008. Epub ahead of print 21 September 2011. doi: 10.1177/1077546310397561
  35. Chen C-Y and Huang P-H (2012) Review of an autonomous humanoid robot and its mechanical control Journal of Vibration and Control 18 (7): 973-982. Epub ahead of print 21 September 2011. doi: 10.1177/1077546310395974
  36. Shih B-Y, Chen C-Y, Chang H and Ma J-m (2012) Dynamics and control for robotic manipulators using a greedy algorithm approach Journal of Vibration and Control 18 (6): 859-866. Epub ahead of print 25 August 2011. doi: 10.1177/1077546311407649
  37. Yeh K, Chen C-W, Lo DC and Liu KFR (2012) Neural-network fuzzy control for chaotic tuned mass damper systems with time delays Journal of Vibration and Control 18 (6): 785-795. Epub ahead of print 15 August 2011. doi: 10.1177/1077546311407538
  38. Chen C-Y, Shih B-Y, Shih C-H and Chou W-C (2012) The development of autonomous low-cost biped mobile surveillance robot by intelligent bricks Journal of Vibration and Control 18 (5): 577-586. Epub ahead of print 21 April 2011. doi: 10.1177/1077546310371349
  39. Chen C-Y (2012) A critical review of internal wave dynamics. Part 1 ? Remote sensing and in-situ observations Journal of Vibration and Control 18 (3): 417-436. Epub ahead of print 13 July 2011. doi: 10.1177/1077546310395971
  40. Tseng C-P, Chen C-W and Liu KFR (2012) Risk control allocation model for pressure vessels and piping project Journal of Vibration and Control 18 (3): 385-394. Epub ahead of print 13 July 2011. doi: 10.1177/1077546311403182
  41. Lin M-L and Chen C-W (2011) Stability analysis of community and ecosystem hierarchies using the Lyapunov method Journal of Vibration and Control 17 (13): 1930-1937. Epub ahead of print 9 December 2010. doi: 10.1177/1077546310385737
  42. Chen C-Y, Shih B-Y, Chou W-C, Li Y-J and Chen Y-H (2011) Obstacle avoidance design for a humanoid intelligent robot with ultrasonic sensors Journal of Vibration and Control 17 (12): 1798-1804. Epub ahead of print 26 November 2010. doi: 10.1177/1077546310381101
  43. Chen C-W (2011) Fuzzy control of interconnected structural systems using the fuzzy Lyapunov method Journal of Vibration and Control 17 (11): 1693-1702. Epub ahead of print 23 November 2010. doi: 10.1177/1077546310379625
  44. Shih B-Y, Chen C-Y and Chou W-C (2011) Obstacle avoidance using a path correction method for autonomous control of a biped intelligent robot Journal of Vibration and Control 17 (10): 1567-1573. Epub ahead of print 22 November 2010. doi: 10.1177/1077546310372004
  45. Tang J-P, Chiou D-J, Chen C-W, Chiang W-L, Hsu W-K, Chen C-Y and Liu T-Y (2011) A case study of damage detection in benchmark buildings using a Hilbert-Huang Transform-based method Journal of Vibration and Control 17 (4): 623-636. Epub ahead of print 8 November 2010. doi: 10.1177/1077546309360053
  46. Liu TY, Chiang WL, Chen CW, Hsu WK, Lu LC and Chu TJ (2011) Identification and monitoring of bridge health from ambient vibration data Journal of Vibration and Control 17 (4): 589-603. Epub ahead of print 12 November 2010. doi: 10.1177/1077546309360049
  47. Lin JW, Huang CW, Shih CH and Chen CY (2011) Fuzzy Lyapunov Stability Analysis and NN Modeling for Tension Leg Platform Systems Journal of Vibration and Control 17 (1): 151-158. Epub ahead of print 25 August 2010. doi: 10.1177/1077546309350477
  48. Lee WI, Chen CY, Kuo HM and Sui YC (2010) The Development of Half-circle Fuzzy Numbers and Application in Fuzzy Control Journal of Vibration and Control 16 (13): 1977-1987. Epub ahead of print 22 April 2010. doi: 10.1177/1077546309349849

【白楽の感想】

《1》査読偽装は新手の不正

査読偽装は、米国で研究ネカトの議論していた1980~90年代にはなかった。それで、研究ネカトの範囲に入っていない。ここ10年ほどの新手の不正である。しかし、不正の質は、研究ネカトと同等である。

同じ手口の査読詐称は、2012年に発覚した「ヒュンイン・ムン(Hyung-In Moon)(韓国)」の方が古い。ムンは20005年から査読詐称をし、7年間も発覚しなかった。

ムンは35報が撤回され、今回のチェンは60報が撤回された。両人とも特定のジャーナルに投稿している。

ジャーナル編集部は著者や査読者と何度もメールのやり取りをしていれば、査読偽装に気が付く可能性は高まる。

しかし、韓国のムン、そして、今回は台湾のチェンにだまされたことを考えると、地域問題が介在しているだろう。

ジャーナル編集員は欧米人が主体である。編集員は欧米人研究者なら面識や人物情報をつかみやすい。しかし、アジア系の名前や住所になじみがない上、アジア人研究者との面識は十分ではない。面識があってもアジア人の似た顔と名前(例えば、Chen)を区別しにくい。それで、欧米人系のジャーナル編集部が、韓国のムン、台湾のチェンにだまされた。

現代の論文出版プロセスでは、ジャーナルを分散して意図的に査読詐称を計画したら、10回以下なら気が付かないだろう。そして、実際、かなりたくさんの査読詐称が横行しているのではないだろうか?

また、編集員が査読偽装したケースも報告されている。

【主要情報源】
① 2014年7月8日の「論文撤回監視(Retraction Watch)」記事:SAGE Publications busts “peer review and citation ring,” 60 papers retracted – Retraction Watch at Retraction Watch
② 2014年7月10日、ヘンリー・ファウンテイン(Henry Fountain)の「ニューヨーク・タイムズ」記事:Science Journal Pulls 60 Papers in Peer-Review Fraud – The New York Times
③ 2014年7月14日、「タイペイ・タイムズ」記事:Chiang denies links to alleged fraud – Taipei Times
④ 2014年7月14日、フッド・バーバシュ(Fred Barbash)の「ワシントン・ポスト」記事:Peer review scandal forces resignation of Taiwan cabinet minister – The Washington Post
⑤ 2014年7月10日、スザンナ・ロッケ(Susannah Locke)の「Vox」記事:This scientific journal just had to retract 60 papers. How does that even happen? – Vox
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です