2018年ネカト世界ランキング

2019年1月3日掲載。

ワンポイント:2018年に世界中で起こったネカト事件から、特に大きな事件を選びました(選者が)。ネカトだけでなく、研究界・健康科学界の大事件も少し含まれています。

  • 分野を記載していないのは生命科学。
  • カタカナ名の赤字は本ブログで解説済み。
  • ■印の事件は本ブログの記事にする予定。
  • 本記事は、更新日を示さずに上書きする。

★1.「The Scientist」誌の2018年の論文撤回上位10論文:2018年12月26日

出典:Top Retractions of 2018 | The Scientist Magazine®保存版

ランクした人は「撤回監視(Retraction Watch)」。

最も注目すべき撤回論文10報を示す。以下の番号は順位ではない。

  1. 化学:ラシュミ・マドフリ(Rashmi Madhuri)(インド)
  2. ゲノム編集ベビー:ジェンクイ・フー、賀建奎(Jiankui He)(中国)
  3. マリア・エルクートゥブ(Maria Elqutub)(米)
  4. ワクチン接種と自閉症に関するBernard Rimland & Woody McGinnis著の「2002年のLab Medicine」論文が2018年に撤回: → Journal retracts 16-year-old paper based on debunked autism-vaccine study – Retraction Watch
  5. ピエロ・アンバーサ(Piero Anversa)(米)
  6. モデル・女優のキム・カーダシアン(Kim Kardashian、右の写真)が第1著者、ビットコイン開発者のSatoshi Nakamotoが第2著者、マサチューセッツ工科大学・ポスドクのトマス・プラスカル(Tomáš Pluskal)が最後著者で、医薬デザインの論文発表。 → ①:Kim Kardashian pairs up with an MIT post-doc to publish a scientific paper – Retraction Watch、②Kim Kardashian writes paper for drug design journal | Cosmos、③論文:https://retractionwatch.com/wp-content/uploads/2018/07/wanion-pluskal-paper.pdf
  7. ■物質工学:(Ye Xiaoxin)(中国)
    → Group in China earns nearly a dozen retractions for image duplication, forged authorship, and more – Retraction Watch
  8. ■ Chao Xiong等が論文盗用(中国) → A journal waited 13 months to reject a submission. Days later, it published a plagiarized version by different authors – Retraction Watch
  9. ■Zaeem Aslam等が論文盗用(パキスタン) → UPDATED: Elsevier retracts a paper on solar cells that appears to plagiarize a Nature journal. But the reason is…odd. – Retraction Watch
  10. ブライアン・ワンシンク(Brian Wansink)(米)

ーーーーー

★2.「科学と健康米国協議会(American Council on Science and Health)の2018年10最悪インチキ健康話」:2018年12月27日

出典:10 Worst Bogus Health Stories of 2018 | American Council on Science and Health、(保存版

  1. 米国のオピオイド(麻薬中毒)危機。2018年に50万人以上が死亡
  2. ■メメット・オズ(Mehmet Oz)(米)
  3. はしかの蔓延。2017年に世界で11万人がはしかで死亡。2018年の最初の6か月で欧州の4万1千人以上が罹患。原因は間違った科学情報による反ワクチン運動:WHO/Europe | Media centre – Measles cases hit record high in the European RegionMeasles: Europe sees record number of cases and 37 deaths so far this year | The BMJ
  4. メディアが電子たばこの害を誇張:Cigarette Use Has Collapsed, So Media Scares People About Vaping Instead | American Council on Science and Health
  5. 最後の審判の予言者・スタンフォード大学のポール・エーリック教授(Paul R. Ehrlich)が人口過多説を再度持ちだす:Paul Ehrlich: A New Rant from an Unrepentant Secular Doomsday Prophet | American Council on Science and Health
  6. アラスカの自然療法医が薬の処方権を要求:Alaska Should Shut Down Naturopaths Instead of Allowing Them to Prescribe Medicine | American Council on Science and Health
  7. 生水を飲むという異常な健康法が広がる:The Latest Health Crazy: Raw Water | American Council on Science and Health
  8. 米国の日常品の有害性:A $289M Hit Job on Science in Jackpot Verdict on Monsanto’s Glyphosate | American Council on Science and Health
  9. 食品中の微量のホルムアルデヒドの危険性:Formaldehyde Is So Dangerous That You’d Be Dead Without It | American Council on Science and Health
  10. WHO(世界保健機関)がゲーム障害という疾患を認定した馬鹿馬鹿しさ:‘Video Gaming Disorder’ Is Just Like ‘Dinosaur Obsession Disorder’ | American Council on Science and HealthICD-11 – Mortality and Morbidity Statistics

ランクした人はアレックス・ベレゾウ(Alex Berezow、写真出典http://www.alexberezow.com/)。Alex Berezow

ベレゾウは科学と政治の記者。2000-2004年、米国の南イリノイ大学カーボンデール校(Southern Illinois University, Carbondale)で学士号(微生物学)取得。2004-2010年、シアトルのワシントン大学(University of Washington)で微生物学の研究博士号(PhD)取得。現在、科学と健康米国協議会(American Council on Science and Health)の上級フェロー。「USA Today」「Wall Street Journal」「BBC」に記事を掲載。著書は2012年『Science Left Behind』、2017年『Little Black Book of Junk Science』(無料PDF版 → ココ

ーーーーー
★3.Livescienceの「フェイクニュース:2018年の5大撤回科学論文」:2018年12月29日

出典:The Real Fake News: Top Scientific Retractions of 2018保存版

151231 Christopher%20Wanjekランクした人は、クリストファー・ワンジェク(Christopher Wanjek、写真出典)。 ワンジェクはハーバード大学健康科学大学院の修士号をもつ米国の科学ライターで、『悪い医療(Bad Medicine)』(2003)(日本語訳なし)、『職場の食物(Food At Work)』(2005)(日本語訳なし)などの著書を出版している。
ーーーーー

★4.「RealClearScience」誌の2018年10大ガラクタ科学:2018年12月17日

出典:The Biggest Junk Science of 2018 | RealClearScience保存版

ランクした人はロス・ポメロイ(Ross Pomeroy)。ポメロイは動物学者、生物保護学者でブログ「RealClearScience」のライター。学歴・職歴はよくわからない。
→ Ross Pomeroy | Author | RealClearScience

「10」大ガラクタ科学とあるが、「11」件リストされていた。

ーーーーー
★5.「Medpage Today」誌の2018年のトップ5:2018年12月26日

出典:Best of 2018: ‘Kidnapped’ by Mayo Clinic; Dr. Death’s Demise; Top Researchers Resign | Medpage Today保存版

ランクした人はグレッグ・ポーツ(Greg Portz、写真出典)。ポーツはニューヨーク在住の記者。学歴は2001年 – 2005年にメアリーマウント・マンハッタン大学(Marymount Manhattan College)で演劇学科に在籍し、学士号取得。科学技術や研究界の経験はない。
→ Greg von Portz | LinkedIn

以下の番号は順位ではない。

  1. 米国の著名な病院・メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)が患者を誘拐:Escape from the Mayo Clinic: Teen accuses world-famous hospital of ‘medical kidnapping’ – CNN
  2. 米国・テキサス州のクリストファー・ダンツッチ医師(Christopher Duntsch)は2年間で2人の患者を医療過誤で死亡させ、36人の患者に重症を負わせた。終身刑:The Story Of Christopher Duntsch, Killer Surgeon Known As ‘Dr. Death’Christopher Duntsch – Wikipedia
  3. 米国・テキサス州のベイラー聖路加病院(Baylor St. Luke’s Medical Center)の心肝肺移植患者の死亡率は異常に高い:Heart Failure — ProPublica
  4. ブライアン・ワンシンク(Brian Wansink)(米)
  5. ■ホセ・バーゼルガ(José Baselga)(米)

ーーーーー
★6.「BuzzFeed」誌の2018年の憂うつなインチキ科学と健康物語21件:2017年12月18日

出典:21 Depressing AF Science And Health Stories From 2018保存版

ランクした人はバージニア・ヒューズ(Virginia Hughes、写真出典)。ヒューズは「BuzzFeed」誌の科学編集者。学歴はブラウン大学(Brown University)で神経科学を学び、ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)で科学ライティングを学んだ。
→ Virginia Hughes

21件のリストから、ネカトに近い事件を選んだ。以下の番号は順位ではない。

ーーーーーー
日本がもっと豊かに、そして研究界はもっと公正になって欲しい(富国公正)。正直者が得する社会に!
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。