プラサダラオ・ネマニ(Prasadarao Nemani)(米)

2020年8月19日掲載 

ワンポイント:2020年7月21日(55歳?)、研究公正局は、南カリフォルニア大学(University of Southern California)付属・ロサンゼルス小児病院(Children’s Hospital Los Angeles)・教授だったネマニの4件の研究費申請書、1報の発表論文の画像にねつ造・改ざんがあったと発表した。2020年7月7日から4年間の締め出し処分を科した。国民の損害額(推定)は3億円(大雑把)。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文とパブピア
7.白楽の感想
9.主要情報源
10.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

プラサダラオ・ネマニ(Prasadarao Nemani、Nemani V Prasadarao、写真出典)は、南カリフォルニア大学(University of Southern California)付属・ロサンゼルス小児病院(Children’s Hospital Los Angeles)・教授で、医師ではない。専門は感染症学である。経歴は不明だが、名前(テレグ語:インド)と風貌と英語発音からインド出身と思われるので、インド出身とした。

ネカト発覚の経緯は不明であるが、2016年11月以降、論文を出版していないので、発覚は2016年(51歳?)と思われる。同じ研究室または同僚が見つけ告発したらしいが、白楽は特定できていない。

2020年7月21日(55歳?)、発覚から4年後(遅いですね)、研究公正局はネマニが1報の発表論文、4件の研究費申請書で、画像をねつ造・改ざんしていたと発表した。

2020年7月7日(44歳?)から4年間の締め出し処分を科した。4年間の締め出し処分は少し重い処分である。

ロサンゼルス小児病院(Children’s Hospital Los Angeles)。写真(Photo/Ricardo Carrasco III) 出典

  • 国:米国
  • 成長国:インド?
  • 医師免許(MD)取得:なし
  • 研究博士号(PhD)取得:xx大学
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に1965年1月1日生まれとする
  • 現在の年齢:56 歳?
  • 分野:感染症学
  • 最初の不正論文発表:2009年(44歳?)
  • 不正論文発表:2009年(44歳?)の1回
  • 発覚年:2016年(51歳?)
  • 発覚時地位:南カリフォルニア大学・教授
  • ステップ1(発覚):第一次追及者は不明
  • ステップ2(メディア):「パブピア(PubPeer)」
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①ロサンゼルス小児病院・調査委員会。②研究公正局
  • 研究所・調査報告書のウェブ上での公表:なし
  • 研究所の透明性:研究公正局でクロ判定(〇)
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:4件の研究費申請書、1報の出版論文
  • 時期:研究キャリアの中期
  • 職:事件後に研究職(または発覚時の地位)を続けられなかった(Ⅹ)
  • 処分: NIHから 4年間の締め出し処分
  • 日本人の弟子・友人:不明

【国民の損害額】
国民の損害額:総額(推定)は3億円(大雑把)。

●2.【経歴と経過】

ほとんど不明

  • 生年月日:不明。仮に1965年1月1日生まれとする。インド?
  • 19xx年(xx歳):xx大学で学士号を取得
  • 19xx年(xx歳):xx大学で研究博士号(PhD)を取得
  • 1993年(28歳?):南カリフォルニア大学(University of Southern California)・ロサンゼルス小児病院(Children’s Hospital Los Angeles)所属の論文を発表している
  • xxxx年(xx歳):南カリフォルニア大学(University of Southern California)・ロサンゼルス小児病院(Children’s Hospital Los Angeles)・教授
  • 2009年(44歳?):後の問題視される「2009年3月のInfect Immun.」論文を発表
  • 2016年(51歳?)?:ネカト発覚
  • xxxx年(xx歳):ロサンゼルス小児病院・辞職(解雇?)
  • 2020年7月21日(55歳?):研究公正局がネカトと発表

●3.【動画】

以下は事件の動画ではない。

【動画1】
研究紹介動画:「Prasadarao Nemani, PhD, Professor – YouTube」(英語)1分34秒。
Children’s Hospital Los Angelesが2012/04/19に公開

以下の画像から始まる動画「https://www.youtube.com/watch?v=vwNBkU6FRjE&feature=emb_logo」があったが、最近、削除された。

●5.【不正発覚の経緯と内容】

★経歴

プラサダラオ・ネマニ(Prasadarao Nemani)の経歴は不明である。名前と風貌と英語発音からインド出身と思われる。

1993年(33歳?)、最初の論文を出版していて、所属は南カリフォルニア大学(University of Southern California)・ロサンゼルス小児病院(Children’s Hospital Los Angeles)である。

最後著者はクァンシク・キム(Kwang Sik Kim、写真出典)で、キムとの共著論文はネマニの出版論文73報中16報ある。

特に1993~2000年までの人生最初の論文から12報目までがキムと共著で、その内10報は全部キムが最後著者である。

つまり、キムが研究指導者と思われる。

今回のネカト事件に絡んで、ネマニは2010年以降、NIHから420万ドル(約4億2千万円)以上の研究費を受領していた。

★ネカト

ネカト発覚の経緯は不明であるが、2016年11月以降、論文を出版していないので、発覚は2016年(51歳?)と思われる。同じ研究室または同僚が見つけ告発したらしいが、白楽は特定できていない。

2017年3月23日(52歳?)、アメリカ微生物学会 (American Society for Microbiology)と学術誌「Infection and Immunity (IAI)」がネマニの「2009年3月のInfect Immun.」論文の図1C, 2D, 5A, 5Bの細胞像とウェスターンブロット像に重複使用があると、懸念表明をした。 → Publisher’s Expression of Concern: Lactobacillus bulgaricus Prevents Intestinal Epithelial Cell Injury Caused by Enterobacter sakazakii-Induced Nitric Oxide both In Vitro and in the Newborn Rat Model of Necrotizing Enterocolitis | Infection and Immunity

2020年7月21日(55歳?)、発覚から4年後(遅いですね)、研究公正局はネマニが1報の発表論文、4件の研究費申請書で、画像をねつ造・改ざんしていたと発表した。

2020年7月7日(55歳?)から4年間の締め出し処分を科した。4年間の締め出し処分はかなり重い処分である。

4件の研究費申請書は以下の通り。採否決定前、つまり研究費を支給する前にネカトを見つけている。エライ!

  1. R01 AI107015-01 submitted to NIAID, NIH
  2. R01 AI125595-01A1 submitted to NIAID, NIH
  3. R01 AI125595-01 submitted to NIAID, NIH
  4. R01 NS073115-06A1 submitted to the National Institute of Neurological Disorders and Stroke (NINDS), NIH

1報の発表論文は以下の通り。「2009年3月のInfect Immun.」論文で、2018年5月に撤回された。

【ねつ造・改ざんの具体例】

2020年7月21日(37歳?)の研究公正局の発表に、各研究費申請書・論文のネカト部分を指摘している。

しかし、白楽は研究費申請書を閲覧できない。論文を対象に研究公正局の指摘箇所を以下に詳しく見ていこう。

★「2009年3月のInfect Immun.」論文

「2009年3月のInfect Immun.」論文の書誌情報を再度、以下に示す。2018年5月に撤回された。

研究公正局の指摘箇所は図1C(以下)である(図の出典:原著論文)。

図1C画像は集密的に培養したIEC-6細胞の像である。重複使用と言われれば、似ている画像がいくつもあるので、そうかもしれないとは思う。しかし、どこが、どう、重複使用されたのか、軽く眺めた程度の白楽にはわからない。

アメリカ微生物学会 (American Society for Microbiology)と学術誌「Infection and Immunity (IAI)」は、図1C, 2D, 5A, 5Bの細胞像とウェスターンブロット像の重複使用に懸念表明していた。しかし、研究公正局は図1Cだけを問題にし、他を不問とした。

●6.【論文数と撤回論文とパブピア】

★パブメド(PubMed)

2020年8月18日現在、パブメド(PubMed)で、プラサダラオ・ネマニ(Prasadarao Nemani)の論文を「Prasadarao Nemani [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2002~2018年の17年間の61論文がヒットした。

「Prasadarao NV」で検索すると、1993~2018年の26年間の73論文がヒットした。

2020年8月18日現在、「Retracted Publication」でパブメドの論文撤回リストを検索すると、本記事で問題にした「2009年3月のInfect Immun.」論文・1論文が2018年5月に撤回されていた。

★撤回監視データベース

2020年8月18日現在、「撤回監視(Retraction Watch)」の撤回監視データベースでプラサダラオ・ネマニ(Prasadarao Nemani)を「Nemani, Prasadarao V」で検索すると、本記事で問題にした「2009年3月のInfect Immun.」論文・1論文が撤回されていた。2報ヒットするが同じ論文である。

★パブピア(PubPeer)

2020年8月18日現在、「パブピア(PubPeer)」では、プラサダラオ・ネマニ(Prasadarao Nemani)の論文のコメントを「Prasadarao Nemani」で検索すると、本記事で問題にした「2009年3月のInfect Immun.」論文・1論文にコメントがあった。

●7.【白楽の感想】

《1》不明 

ネマニ事件では、プラサダラオ・ネマニ(Prasadarao Nemani、写真出典)が「どのような状況で、どうして」ネカトをしたのか、見えてこない。

これでは、ネカト対策に役立つ点は少ない。

《2》不可解 

ネマニは73報の論文を発表している。「2009年3月のInfect Immun.」論文だけがネカトだというのは、なんかヘンである。

さらに、「2009年3月のInfect Immun.」論文が、どうして7年後の2016年に問題視されたのだろう? 意図的にアラ捜しをされたのだろうか? なんかヘンである。

前向きに考えると、昇進話があって、それで身体検査があった。

後ろ向きに考えると、ネマニを排除したい悪意があって、人種差別的な処分をした。ということはないのだろうか?

論文としては「2009年3月のInfect Immun.」論文だけのネカトなのに、4年間の締め出し処分を科したのは、ヘン? 

いや、論文は1報だが、 4件の研究費申請書もネカトなので、通常より重い処分を科したのだろう。

ーーーーーー
日本がスポーツ、観光、娯楽を過度に追及する現状は日本の衰退を早め、ギリシャ化を促進する。今後、日本に飛躍的な経済の発展はない。科学技術と教育を基幹にした堅実・健全で成熟した人間社会をめざすべきだ。科学技術と教育の基本は信頼である。信頼の条件は公正・誠実(integrity)である。人はズルをする。人は過ちを犯す。人は間違える。その前提で、公正・誠実(integrity)を高め維持すべきだ。
ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

ーーーーーー

●9.【主要情報源】

①  研究公正局の報告:(1)2020年7月21日:Case Summary: Nemani, Prasadarao | ORI – The Office of Research Integrity(2024年7月にリンク切れる)。(2)2020年7月17日の連邦官報:FRN 2020-16034 (Nemani).pdf 。(3)2020年7月24日の連邦官報:Federal Register :: Findings of Research Misconduct。(4)2020年7月29日:NOT-OD-20-154: Findings of Research Misconduct
② 2020年7月21日のアダム・マーカス(Adam Marcus)記者の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:Infectious disease researcher “recklessly” faked data in grants worth millions, says federal watchdog – Retraction Watch
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

注意:お名前は記載されたまま表示されます。誹謗中傷的なコメントは削除します

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments