盗博VP10:コーネリア・スコット(Cornelia E. Scott)(ポーランド)

2017年5月3日掲載。

ワンポイント:盗博サイトのヴロニプラーク・ウィキの10番目。国はドイツではなくポーランドである。英国生まれの女性で、2008年(38歳?)にポーランドのクラクフ経済大学で経済学の博士号を取得し、ドイツのザクセン職業大学の教授になった。2011年(41歳?)に盗博がバレたが、博士号ははく奪されなかったし、辞職なし。盗用ページ率は20.4%で、盗用文字率は約6%である。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.盗用解析
7.白楽の感想
8.主要情報源
9.コメント
ーーーーーーー

●1.【概略】

コーネリア・スコット(Cornelia E. Scott、写真出典)は、2008年(38歳)にポーランドのクラクフ経済大学Wydział Ekonomii i Stosunków Międzynarodowych、英語:Cracow University of Economics)で経済学の博士号を取得した。その後、ドイツのザクセン職業大学(polytechnic college in Saxony)・教授になった。専門は、経済学である。

2011年8月8日(41歳)、ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)が盗博を告発した。10番目の盗博事件である。
→ 1‐4‐10.ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)

ヴロニプラーク・ウィキがドイツ以外の大学の盗博も告発している少数例(2017年5月2日現在・13人)の1人である。英語で記載されているのも珍しい。

2012年1月26日(42歳)、ポーランドの学術学位最終委員会(Zentralkommission für akademische Abschlüsse und Titel)は、博士号をはく奪しなかった。

ポーランドのクラクフ経済大学Wydział Ekonomii i Stosunków Międzynarodowych、英語:Cracow University of Economics)。写真出典

  • 不正:盗博(盗用博士論文)
  • 国:ポーランド
  • 成長国:英国? ドイツ?
  • 研究博士号(PhD)取得年月日:2008年月日(38歳)
  • 研究博士号(PhD)取得大学:ポーランドのクラクフ経済大学
  • 分野:経済学
  • 博士論文タイトル:The influence of national culture on stock option programmes as motivators. The case of managers in Germany
    (日本語訳):動機付けとしてのストックオプション・プログラムへの国の文化の影響。ドイツのマネジャーのケース
  • 博士論文審査教授: Prof. nadwz. dr hab. Anna Karwińska (UEK Kraków), Prof. WSPiZ dr hab. Czesław Szmidt (WSPiZ im. L. Koźmińskiego), Prof. dr hab. Aleksy Pocztowski (UEK Kraków)
  • 公開: Aachen 2008. → Nachweis Deutsche NationalbibliothekISBN 978-3-8322-7495-5 → Download beim Verlag (kostenpflichtig)
  • 盗博発覚年月日:2011年8月8日(41歳)
  • 盗用ページ率:20.4%
  • 盗用文字率:約6%
  • 研究博士号(PhD)はく奪状況:はく奪なし
  • 男女:女性
  • 生年月日:1969年。1969年12月31日とする。英国・オックスフォードに生まれた
  • 現在の年齢:47 歳?
  • 発覚時地位:ドイツのザクセン職業大学(polytechnic college in Saxony)・教授
  • ステップ1(発覚):第一次追及者はヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)の人
  • ステップ2(メディア):
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①クラクフ経済大学・調査委員会。②ポーランドの学術学位最終委員会(Zentralkommission für akademische Abschlüsse und Titel)。この委員会がポーランドの博士号の授与やはく奪を決める唯一の最終機関。
  • 結末:博士号はく奪なし。解雇なし?

●2.【経歴と経過】

主な出典:http://www.openeuropeberlin.de/uber-uns/

  • 生年月日:1969年。1969年12月31日とする。英国・オックスフォードに生まれた
  • xxxx年(歳):xx大学。学士号
  • 2002 年(32歳): ドイツのアンハルト大学(Hochschule Anhalt )・教授。国際経営と国際金融。MBA コースの国際貿易プログラム ディレクター
  • 2008年(38歳):ポーランドのクラクフ経済大学で研究博士号(PhD)を取得
  • 2010 年(40歳): 中国の江蘇科技大学(Jiangsu University of Technology)・客員教授、中国の嘉興大学(Jiaxing University)・客員教授
  • 20xx年(xx歳):ドイツのザクセン職業大学(polytechnic college in Saxony)・教授
  • 2011年8月8日(41歳):3年前の盗博が発覚
  • 2012年1月(42歳):ポーランドの学術学位最終委員会(Zentralkommission für akademische Abschlüsse und Titel)は、スコットの博士号をはく奪しなかった
  • 2013 年(43歳):ガーナのガーナ工科大学(Ghana University of Technology) ・客員教授

●3.【動画】

【動画1】
事件ニュースではない。コーネリア・スコットの講演の解説「Plagiatsverdacht bestätigt – RAN1 – YouTube」(ドイツ語)0分40秒
AnhaltFreizeitSport が2012/01/27 にアップロード

●5.【不正発覚の経緯と内容】

英国で生まれた。卒業大学は不明である。ドイツで活動していた。

理由は不明だが、2008年(38歳)に、ポーランドのクラクフ経済大学で研究博士号(PhD)を取得した。博士論文は英語で執筆している。

2011年8月8日(41歳)、3年前の2008年のコーネリア・スコットの博士論文の37ページに盗用があると、ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)が、盗博を告発した。盗用ページ率は20.4%で、盗用文字率は約6%である。

2012年1月26日(42歳)、ポーランドのクラクフ経済大学は、調査の結果、33ページに盗用があったと発表した。ヴロニプラーク・ウィキの指摘より4ページ少なかった。

ポーランドの学術学位最終委員会(Zentralkommission für akademische Abschlüsse und Titel)は、ポーランドの博士号の授与やはく奪を決める唯一の最終機関である。

ポーランドの学術学位最終委員会はコーネリア・スコットの博士号をはく奪しなかった。
→ Uni bestätigt Verdacht auf Plagiate – naumburger-tageblatt.de(保存済)

http://www.mz-web.de/mitteldeutschland/professorin-cornelia-scott-uni-bestaetigt-verdacht-auf-plagiate-7525984

●6.【盗用解析:博士論文】

コーネリア・スコット(Cornelia E. Scott)の博士論文のタイトルは 「The influence of national culture on stock option programmes as motivators. The case of managers in Germany
(日本語訳):動機付けとしてのストックオプション・プログラムへの国の文化の影響。ドイツのマネジャーのケース」である。

博士論文は書籍として出版されている(写真出典はAmazon)。

博士論文の盗用分析図は以下の5色のバーコードである。博士論文の本文は181ページ、盗用ページ率は20.4%で、盗用文字率は約6%と算定されている。

なお、元の盗用分析図では、バーコードがページ毎の盗用分析にリンクしている。→ http://de.vroniplag.wikia.com/wiki/Cs

★イラスト表示

以下はページ毎に色分けしたイラスト表示である。

盗用の色分けは、灰色= 逐語盗用(コピペ、文献提示なし)、赤色 = 加工盗用(ロゲッティング、文献提示なし)、黄色 =流用部分が曖昧な盗用(文献提示あり)、 青色 = 翻訳盗用、である。

ページ換算の盗用ページ率は20.4%で、文字換算の盗用文字率は約6%と少ないので、イラスト表示でも灰色部分+着色部分は少ない。

★各ページの盗用分析

コーネリア・スコット(Cornelia E. Scott)の博士論文の各ページ毎に盗用分析がされている。盗用があるページは青色で、盗用がないページは赤色である。青色をクリックすると、各ページが開く。

Haupttext
001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015 016 017 018 019 020
021 022 023 024 025 026 027 028 029 030 031 032 033 034 035 036 037 038 039 040
041 042 043 044 045 046 047 048 049 050 051 052 053 054 055 056 057 058 059 060
061 062 063 064 065 066 067 068 069 070 071 072 073 074 075 076 077 078 079 080
081 082 083 084 085 086 087 088 089 090 091 092 093 094 095 096 097 098 099 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160
161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180
181

【80ページ目】

1例として、80ページ目(つまり、080)をクリックすると、盗用比較図が出てくる。以下はその1部分を示した。80ページ目はイラストで赤色( 加工盗用)である。

左側がコーネリア・スコット(Cornelia E. Scott)の博士論文で右が被盗用論文である。着色部分の文章が同一である。

イラストで赤色( 加工盗用)の盗用が顕著な部分を上にあげたが、逐語盗用にとても近い。文献の記載はない。

●7.【白楽の感想】

《1》わからないこと多し

コーネリア・スコット(Cornelia E. Scott)は英国で生まれ、どこの大学を卒業したのか不明である。

活動はドイツでしているのに、どうしてかわからないが、2008年(38歳)に、ポーランドのクラクフ経済大学で研究博士号(PhD)を取得した。博士論文は英語で執筆している。

盗用ページ率は20.4%で、盗用文字率は約6%である。盗用率は低いが、確実に盗博である。

ただし、盗用箇所が博士論文の中核部分なのか末梢部分なのか、白楽は分析していない。それで、博士号をはく奪しない妥当性がどれほどなのかを、ネカト学者としては判断できない。その前提であるが、盗博は確実なので、博士号をはく奪すべきだったろう。

それにしても、どうして盗博したのか、どこに原因があるのか、どうすれば今後の盗博を防げるのか、この事件からは見えてこない。

ーーーーーー
ブログランキング参加しています。
1日1回、押してネ。↓

科学 ブログランキングへ
ーーーーーー

●8.【主要情報源】

① ヴロニプラーク・ウィキ(VroniPlag Wiki)のコーネリア・スコット(Cornelia E. Scott)サイト。通常はドイツ語だが、今回は英語で、珍しい:Cs | VroniPlag Wiki | Fandom powered by Wikia
② 2011年8月17日のフランケ・ルプケ=ナルベルハウズ(Frauke Lupke-Narberhaus)記者の「SPIEGEL ONLINE」記事:Doktorpfusch: FH-Professorin unter Plagiatsverdacht – SPIEGEL ONLINE
③ 2012年1月26日の「Mitteldeutsche Zeitung」記事:Professorin Cornelia Scott: Uni bestätigt Verdacht auf Plagiate | Mitteldeutsche Zeitung
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。

●コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です