シルヴィア・アサ(Sylvia Asa)、シェリーン・エザット(Shereen Ezzat)(カナダ)

ワンポイント:カナダ最大の研究室を持つ乳癌研究教授夫妻がデータねつ造

【追記】
・2016年1月26日。裁判結果(未読):①Court overturns University Health Network researchers’ punishment | Toronto Star、②Ontario court quashes part of misconduct finding for prominent pair – Retraction Watch at Retraction Watch
・2018年7月8日。調査報告書:https://retractionwatch.com/wp-content/uploads/2018/06/Ezzat-and-Asa-Final-InternalInvestigationReport-2014-10-15.pdf

【概略】
Ezzat-Shereen_DSC4596シルヴィア・アサ(Sylvia Asa、妻)とシェリーン・エザット(Shereen Ezzat、夫)は、夫婦である(写真出典)。

妻・アサは、カナダ・トロント大学(University of Toronto)・教授(医学と病理生物学)・医師で、「大学健康ネットワーク(UHN)」のマーガレット王妃癌センター(Princess Margaret Cancer Centre)・部長(乳癌)を兼任し、専門は乳癌の遺伝学だった。

夫・エザットも、カナダ・トロント大学・教授(医学と癌)・医師で、「大学健康ネットワーク(UHN)」.のトロント総合病院(Toronto General Hospital)・部長(内分泌癌)・医師を兼任し、専門は乳癌の内分泌学だった。

アサとエザットは過去16年間で、3,200万カナダ・ドル(約32億円)の政府研究費を得ていて、アサはカナダで最大の研究室を持っていた。2014年の「大学健康ネットワーク(UHN)」からのアサの年俸は43万カナダ・ドル(約4,300万円)だった。

なお、「大学健康ネットワーク」(University Health Network :UHN)は、マーガレット王妃癌センター、トロント総合病院を含め、トロント大学医学部の教育研究病院を4つ持つカナダの医療機関である。カナダ政府の研究費を最も多額に受領している機関でもある。

また、トロント大学は、「Times Higher Education」の大学ランキングでカナダ第1位の大学である(World University Rankings 2014-15: North America – Times Higher Education)。

2013年、パブピアが、夫妻が著者である論文のデータねつ造・改ざんを指摘した。その後、疑念論文は複数に及んだ。

2015年、「大学健康ネットワーク」・調査委員会は、アサとエザットがデータねつ造と改ざんをしたと結論した。「大学健康ネットワーク」はアサを上級研究員へと降格処分し、エザットも処分したが、解雇していない。

アサとエザットは、調査と処分が不当だと、裁判所に訴えた。2015年9月19日現在、法廷闘争中である。

800px-University_of_Toronto_FitzGerald_Building_and_Donnelly_Centreトロント大学・医学部。”University of Toronto FitzGerald Building and Donnelly Centre” by Ibagli – Own work. Licensed under Public Domain via Commons

★シルヴィア・アサ(Sylvia Asa)

  • getpic国:カナダ
  • 成長国:カナダ
  • 研究博士号(PhD)取得:トロント大学
  • 男女:女性
  • 生年月日:不明。仮に、1953年1月1日とする
  • 現在の年齢:68歳?
  • 分野:乳癌遺伝学
  • 最初の不正論文発表:2002年(49歳?)
  • 発覚年:2013年(60歳?)
  • 発覚時地位:トロント大学・教授、「大学健康ネットワーク」病院・部長
  • 発覚:パブピアの指摘
  • 調査:①「大学健康ネットワーク」・調査委員会。②裁判所。
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:3報が撤回、1報が懸念表明。疑念論文は全部で約24報
  • 時期:研究キャリアの中期から
  • 結末:降格。停職。研究制限

★シェリーン・エザット(Shereen Ezzat)

  • getpic国:カナダ
  • 成長国:カナダ
  • 研究博士号(PhD)取得:なし
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に、1951年1月1日とする
  • 現在の年齢:70歳?
  • 分野:乳癌内分泌学
  • 最初の不正論文発表:2002年(51歳?)
  • 発覚年:2013年(62歳?)
  • 発覚時地位:トロント大学・教授、「大学健康ネットワーク」病院・部長
  • 発覚:パブピアの指摘
  • 調査:①「大学健康ネットワーク」・調査委員会。②裁判所。
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:3報が撤回、1報が懸念表明。疑念論文は全部で約24報
  • 時期:研究キャリアの中期から
  • 結末:降格。停職。研究制限

【経歴と経過】

★シルヴィア・アサ(Sylvia Asa)
主な出典

  • 19xx年:米国・ニューヨークで生まれる。生年月日は不明だが、仮に、1953年1月1日とする。
  • 19xx年:4歳の時、家族がカナダ・オンタリオ州のウィンザー に移住した
  • 1971-1973年(18-20歳?):カナダのトロント大学(University of Toronto)・文理学部を卒業
  • 1973-1977年(20-24歳?):トロント大学・医学部卒。医師免許取得
  • 1977-1981年6月(24-28歳?):トロント大学、研修医
  • 1982-1984年(29-31歳?):トロント大学・大学院
  • 1981年8月-1984年6月(28-31歳?):トロント大学、研究員
  • 1984年7月(31歳?):トロント大学・病理・助教授
  • 1990年(37歳?):研究博士号(PhD)取得。トロント大学
  • 1991年4月(38歳?):トロント大学・病理・準教授
  • 1992年(39歳?):現在の夫・シェリーン・エザットと結婚し一緒に研究する。その後、子供4人もうける
  • 1998年4月(45歳?):トロント大学・実験医学/病理・教授
  • 2000年(47歳?):「大学健康ネットワーク(UHN)」.のトロント総合病院(Toronto General Hospital)部長(内分泌癌)を兼任
  • 2006年5月(53歳?):トロント大学・内分泌・教授
  • 2011年(58歳?):病理学のF.k. Mostofi Distinguished Service Award受賞
  • 2013年(60歳?):パブピアでデータねつ造・改ざんが指摘された
  • 2015年(62歳?):研究機関が研究ネカトと判定した
  • 2015年(62歳?):裁判で係争中

San%20Antonio%202011%20165%20-%20Sylvia%20Asa%20receives%20the%20F_k_%20Mostofi%20Distinguished%20Service%20Award2011年(58歳?):アサは、病理学のF.k. Mostofi Distinguished Service Award受賞。写真出典

★シェリーン・エザット(Shereen Ezzat)
不明点多い。生年月日は不明だが、妻・シルヴィア・アサの2歳年上とし、仮に、1951年1月1日とする。

  • xxxx年(xx歳):カナダのマニトバ大学(University of Manitoba)・医学部卒。医師免許取得
  • xxxx年(xx歳):トロント大学(University of Toronto)・マウントサイナイ病院(Mount Sinai Hospital)研修医
  • xxxx年(xx歳):米国・UCLA(Cedars-Sinai-UCLA School of Medicine)ポスドク
  • 1992年(41歳?):現在の妻・シェリーン・エザットと結婚し一緒に研究する。その後、子供4人もうける
  • xxxx年(xx歳):トロント大学・内分泌・教授
  • 2013年(62歳?):パブピアでデータねつ造・改ざんが指摘された
  • 2015年(64歳?):研究機関が研究ネカトと判定した
  • 2015年(64歳?):裁判で係争中

【研究内容】

【動画】
講演:「医学診断法が転換している(Transforming medical diagnostics: Dr. Sylvia L. Asa at TEDxDistilleryDistrictWomen – YouTube)」(英語)17分54秒。
TEDx Talks が2014/02/07 に公開