「被引用度の高い撤回論文」ランキング

★「被引用度の高い撤回論文」上位10論文

出典:「撤回監視(Retraction Watch)」の「Top 10 most highly cited retracted papers」(2015年12月29日現在)

  • 全部、生命科学である。
  • ランキングの第1位は日本からの日本人の論文である。
  • ランキング10論文中の2論文は日本からの日本人の論文である。被引用度が高いのは良いことだが、撤回論文となると、問題が大きい。
  • このランキングでも米国の論文は少なく、1報しかない。
論文 撤回年 撤回前被引用数 撤回後被引用数 合計被引用数
1. Visfatin: A protein secreted by visceral fat that mimics the effects of insulin. SCIENCE, JAN 21 2005  Fukuhara A, Matsuda M, Nishizawa M, Segawa K, Tanaka M, Kishimoto K, Matsuki Y, Murakami M, Ichisaka T, Murakami H, Watanabe E, Takagi T, Akiyoshi M, Ohtsubo T, Kihara S, Yamashita S, Makishima M, Funahashi T, Yamanaka S, Hiramatsu R, Matsuzawa Y, Shimomura I.
  → 
大阪大学・下村伊一郎(日本):ネカト
   2007 247 776 1023
2. Purification and ex vivo expansion of postnatal human marrow mesodermal progenitor cells. BLOOD,  NOV 1 2001  Reyes M, Lund T, Lenvik T, Aguiar D, Koodie L, Verfaillie CM.
→ 「間違い」:モレイマ・レイエス
Morayma Reyes)(米)
2009 655 214 869
3. Ileal-lymphoid-nodular hyperplasia, non-specific colitis, and pervasive developmental disorder in children. LANCET, FEB 28 1998  Wakefield AJ, Murch SH, Anthony A, Linnell J, Casson DM, Malik M, Berelowitz M, Dhillon AP, Thomson MA, Harvey P, Valentine A, Davies SE, Walker-Smith JA.
→ 
アンドリュー・ウェイクフィールド (Andrew Wakefield) (英)
2010 675 308 983
4. An enhanced transient expression system in plants based on suppression of gene silencing by the p19 protein of tomato bushy stunt virus. PLANT JOURNAL, MAR 2003  Voinnet O, Rivas S, Mestre P, Baulcombe D.
→ 
オリヴィエ・ヴォワネ(Olivier Voinnet)(スイス)
2015 897 N/A 897
5. Viral pathogenicity determinants are suppressors of transgene silencing in Nicotiana benthamiana. EMBO JOURNAL, NOV 16 1998  Brigneti G, Voinnet O, Li WX, Ji LH, Ding SW, Baulcombe DC.
→ 
オリヴィエ・ヴォワネ(Olivier Voinnet)(スイス)
2015 792 N/A 792
6. TREEFINDER: a powerful graphical analysis environment for molecular phylogenetics. BMC EVOLUTIONARY BIOLOGY, JUN 28 2004  Jobb G, von Haeseler A, Strimmer K.
→ ガンゴルフ・ジョブ(Gangolf Jobb)(ドイツ)
2015 748 N/A 748
7. Spontaneous human adult stem cell transformation. CANCER RESEARCH, APR 15 2005  Rubio D, Garcia-Castro J, Martín MC, de la Fuente R, Cigudosa JC, Lloyd AC, Bernad A.
→ (スペイン):誤細胞混入でネカトなし
2010 371 269 640
8. Combination treatment of angiotensin-II receptor blocker and angiotensin-converting-enzyme inhibitor in non-diabetic renal disease (COOPERATE): a randomised controlled trial. LANCET, JAN 11 2003  Nakao N, Yoshimura A, Morita H, Takada M, Kayano T, Ideura T.
→ 昭和大学藤が丘病院・中尾尚之(日本):データねつ造
2009 572 101 673
9. A pleiotropically acting microRNA, miR-31, inhibits breast cancer metastasis. CELL, JUN 12 2009  Valastyan S, Reinhardt F, Benaich N, Calogrias D, Szász AM, Wang ZC, Brock JE, Richardson AL, Weinberg RA.
→ ロバート・ワインバーグ(Robert Weinberg)(米)
2015 530 N/A 530

10. Regression of human metastatic renal cell carcinoma after vaccination with tumor cell-dendritic cell hybrids. NATURE MEDICINE, MAR 2000  Kugler A, Stuhler G, Walden P, Zöller G, Zobywalski A, Brossart P, Trefzer U, Ullrich S, Müller CA, Becker V, Gross AJ, Hemmerlein B, Kanz L, Müller GA, Ringert RH.
→ ロルフ=ヘルマン・リンゲルト(Rolf-Hermann Ringert)(ドイツ)

2003 348 166 514

★撤回論文をどうして引用するのか?

上記の表に示すように論文撤回後でも被引用数はかなり多い。撤回論文なのに、どうして引用するのか?

2015年12月31日のキース・コリンズ(Keith Collins)の「Quartz」記事に次のようにある。出典:Why researchers keep citing retracted papers – Quartz

  • 撤回例として引用する。これは問題ない。
  • 撤回されたことを知らないで、論文内容が正しいとして引用する。これは大きな問題である。

後者の「撤回を知らないで引用する」のはどうしてか? 以下に示す4つの理由がある。

  1. 論文データベースのPubMed や EMBASEは撤回を適切に表示していない。
  2. 紙印刷した研究ジャーナルの撤回告知がわかりにくい。
  3.  ウェブ上でも撤回論文の32%は「撤回(retracted)」の表示をしていない。・・・ R Grant Steen の2011年の論文「Retractions in the scientific literature: is the incidence of research fraud increasing? — Steen — Journal of Medical Ethics
  4. 著者は、自分の論文(論文A)、に先人の論文(論文B)を利用するとき、その論文Bが引用した論文Cを自分の論文Aにも引用する。その時、論文Cの原典を読まないで、コピーして引用する。・・・「Effects of article retraction on citation and practice in medicine」(1999)論文の著者の1人・John Buddの説明。