建築学:「経歴詐称」:チャンハ・イ、이창하(Chang-ha Lee)(韓国)


2016年9月24日掲載。

ワンポイント:高卒なのに、韓国と米国の大学を卒業したと偽り、大学教授、そして建築家としてテレビの人気パーソナリティとなったが、韓国の学歴詐称追及ブームの中で、自分で学歴詐称を告白し、大学教授を辞職した。

ーーーーーーー
目次(クリックすると内部リンク先に飛びます)
1.概略
2.経歴と経過
3.動画
4.日本語の解説
5.不正発覚の経緯と内容
6.論文数と撤回論文
7.白楽の感想
8.主要情報源
ーーーーーーー

●1.【概略】

275151_75407_2451チャンハ・イ(이창하、Chang-ha Lee、写真出典)は、建築家で、金泉(キムチョン)科学大学(Kimcheon Science College)・教授だった。テレビ・パーソナリティとして国民的な人気があった。

2007年8月6日(50歳、51歳?)、本人が地元の新聞に電子メールで経歴詐称を告白し、大学教授を辞職した。

この事件の日本語解説は1つあった。「芸能界のうわさ!!」の文章を本文に引用した。

nisi20140102_0009194205_web金泉科学大学(Kimcheon Science College)。不思議なことに「金泉科学大学」や「Kimcheon Science College」で検索しても、大学のウェブサイトと写真がなかなか見つからなかった。上記の写真は、韓国語の「김천과학대학」で見つかった。写真出典

  • 国:韓国
  • 成長国:韓国
  • 研究博士号(PhD)取得:なし
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に1957年1月1日生まれとする。2007年8月の報道で50歳だった
  • 分野:建築学
  • 最初の不正:xxxx年(xx歳)
  • 発覚年:2007年(50歳)
  • 発覚時地位:金泉(キムチョン)科学大学・教授
  • ステップ1(発覚):本人が地元の新聞に電子メールで告白した
  • ステップ2(メディア):
  • ステップ3(調査・処分、当局:オーソリティ):①新聞社
  • 不正:ねつ造.。学歴詐称
  • 不正論文数:
  • 時期:研究キャリアの初中期から?
  • 結末:辞職

●2.【経歴と経過】

  • 生年月日:不明。仮に1957年1月1日生まれとする。2007年8月の報道で50歳だった。51歳、52歳という報道もあるが
  • 19xx年(xx歳):水原(スウォン)大学(University of Suwon)・経営学部を修了→ 後に、ねつ造とバレる
  • 19xx年(xx歳):ソウル大学・美術学部中退→ 後に、ねつ造とバレる
  • 1992 – 1996年(xx – xx歳):米国・ニューブリッジ大学(New Bridge University in Los Angeles, the U.S.)・純粋美術学科、卒業。学士号→ 後に、ねつ造とバレる
  • 2002年(xx歳):金泉(キムチョン)科学大学(Kimcheon Science College)・教授
  • 2007年8月6日(50歳、51歳?):経歴詐称を告白し、大学教授を辞職

●3.【動画】

【動画1】
経歴詐称事件ではなく、2016年の大宇造船海洋の不正事件の関係者として記者の質問に答える:「비리 ‘키맨’ 된 스타 건축가…이창하 “어이가 없다” / – YouTube」(韓国語)4分13秒。
YTN NEWS が2016/07/10 に公開

●4.【日本語の解説】

★2007年8月26日:芸能界のうわさ!!「学歴詐称:ソウル地検、前金泉科学大教授を召喚」

出典 → 芸能界のうわさ!!:学歴詐称:ソウル地検、前金泉科学大教授を召喚、(保存版)

有名人たちのニセ学歴事件を捜査中のソウル中央地検特捜3部は22日、元建築デザイナーのイ・チャンハ前金泉科学大教授(50)を召喚し調査した。

検察はこの日、イ前教授に対し、大学や企業などに採用される過程で学歴を詐称した経緯などについて集中的に調査した。芸能番組などで有名になった同氏は、水原大経営学部修了、ソウル大美術学部中退、米国ニューブリッジ大純粋美術学科入学という学歴が虚偽であったと告白、最近教授を辞職した。

●5.【不正発覚の経緯と内容】

6850107_1チャンハ・イは、金泉(キムチョン)科学大学(Kimcheon Science College)・教授で、テレビの韓国版・住宅リフォーム番組「Shin Dong-yeop’s Love House」のスター建築士だった。貧しい家庭のリフォームは無料で設計を行ない、視聴者の好感度が高かった。

2007年8月6日(51歳)、チャンハ・イは、実際は高校卒だが、以下の学歴を詐称していたと地元の新聞に電子メールで告白した。金泉(キムチョン)科学大学・教授を辞職した(①Bogus degree epidemic continues-INSIDE Korea JoongAng Daily、 ②Most academic fakes still in the same job-INSIDE Korea JoongAng Daily)。

  • 19xx年(xx歳):水原(スウォン)大学(University of Suwon)・経営学部を修了
  • 19xx年(xx歳):ソウル大学・美術学部中退
  • 1992 – 1996年(xx – xx歳):米国・ニューブリッジ大学(New Bridge University in Los Angeles, the U.S.)・純粋美術学科、卒業。学士号

米国・ニューブリッジ大学は学部発足が1995年だから、そもそも、1992年に入学することは不可能だ。

ただ、学歴詐称があったとしても、5年で時効になるので、検察は刑事事件としての捜査をしない。

テレビ局担当者は、「多くの著名な建築家からの推薦があったから、チャンハ・イを採用したんです。そんな時、履歴書は要求しませんし、私たちは、学術的な経歴で採用したんではなくて、彼の建築技能が良かったから採用したんです」と述べている。

金泉(キムチョン)科学大学のLee Eun-jik学部長は、「私達は最終的な決定をしていないけど、チャンハ・イを、客員教授として採用しようと考えている。チャンハ・イが私達の大学の評判を落としたことは事実だが、チャンハ・イは建築会社とインテリアデザイン会社を所有していて、学生のフィールド研究と就職に役立つ」と述べた。

【事件後の人生】

チャンハ・イは事件後、建築家として活動した。以下のように、いろいろな事件で取り上げられた。

★2007年1月30日:JoongAng Daily「[Talk of the town]ARCHITECT, 52, MARRIES 26-YEAR-OLD」

出典 → [Talk of the town]ARCHITECT, 52, MARRIES 26-YEAR-OLD -INSIDE Korea JoongAng Daily、(保存版)

30094117チャンハ・イ(52歳)は、3年前、当時23歳のJu-yeong Leeと結婚をしていた。チャンハ・イは、テレビの韓国版・住宅リフォーム番組「Shin Dong-yeop’s Love House」のスター建築士で、新婦は、その番組スタッフ側のデザイナー助手だった。

チャンハ・イ(52歳)は、3度目の結婚で、前妻との間に既に5人の子供がいる。長女は28歳だから、26歳の新婦より年上である。新婦は妊娠している。

★2009年7月11日:innolifeニュース「「ラブハウス」イ・チャンハ拘束」

出典 → innolifeニュース>>>社会>>>「ラブハウス」イ・チャンハ拘束、(保存版)

ソウル中央地検特捜1部(部長検事キム・オス)は、10日協力業者から工事受注請託と共に金銭を受け取った建築家イ・チャンハ氏を、特別経済犯罪加重処罰法上横領、および背任、背任受財容疑で拘束した。

この日の令状実質審査を担当したソウル中央地方キム・ドヒョン令状専門担当判事は、「証拠隠滅および逃走の恐れがある」として、令状発給理由を明らかにした。

検察によれば、大宇造船海洋建設専務であったイ氏は、2006年協力業者代表チョン某氏から社屋リモデリング工事の一部を引き受ける条件で、甥の口座に5000万ウォンを受け取るなど、下請け業者10件から10億ウォン余りを受け取り、会社に数十億ウォンの損害を及ぼした容疑を受けている。

★2011年11月14日:セリヌマガジン「元ミスコリアと著名建築家が眺望権などめぐり法廷闘争」

出典 → 歴史・社会 – 元ミスコリアと著名建築家が眺望権などめぐり法廷闘争

2011111400966_thumb元ミスコリアでタレントのハン・ソンジュさん(37)と、著名な建築家のイ・チャンハさん(55)が、ソウル市竜山区漢南洞11番地一帯の眺望権や日照権をめぐり、3カ月にわたって法廷闘争を繰り広げている。

ソウル西部地裁が13日に発表したところによると、イさんは今年初め、ソウル市竜山区漢南洞11‐326番地に地下2階、地上3階建ての建物の建設に着手した。

この土地のすぐ裏には、ハンさんの2階建ての自宅があることから、ハンさんはイさんに対し、建物の建設を中止するよう求め、今年8月に仮処分を申し立てた。

ハンさんが「イさんが建物を建てると、私の家の眺望権や日照権が侵害される」と主張したのに対し、イさんは「ハンさんの自宅は11メートルの高台にあるため、眺望権などが侵害されることはない」と反論した。

地裁の関係者は「ハンさんとイさんは建物の竣工時を想定した資料を提出し、激しい法廷闘争を繰り広げている」と話した。

問題になっている漢南洞の土地は、ソウルを代表する高級住宅地で、漢江の眺めが特に良いことで知られている。

金城敏(キム・ソンミン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

★2016年6月28日:中央日報「検察、大宇造船海洋の不正で南相兌前社長を緊急逮捕」

出典 → 検察、大宇造船海洋の不正で南相兌前社長を緊急逮捕=韓国 | Joongang Ilbo | 中央日報

大宇造船海洋の不正を捜査している検察腐敗犯罪特別捜査団は28日明け方、南相兌(ナム・サンテ)前大宇造船海洋社長(66)を緊急逮捕した。これに先立ち検察は南前社長を呼び、2006年から2012年までの在職期間中の横領と政官界ロビー疑惑などに対し深夜まで調査した。

2011年に大宇造船海洋が推進した船舶博物館事業で建築家のイ・チャンハ氏(60)に工事への特恵を与える代価として金品を受け取ったという疑惑も調査対象だ。2016080400173231425_1

●6.【論文数と撤回論文】

調べていない。

●7.【白楽の感想】

《1》経歴詐称に大甘

2002年にどのような経緯で金泉(キムチョン)科学大学が、チャンハ・イを教授に採用したのかわからないが、高卒の学歴しかない人を、よくも教授に採用したもんだ。この時点で履歴書のチェックをしていなかった。

その時、既に、チャンハ・イは、テレビの人気者でかつ建築会社とインテリアデザイン会社を所有していた。だから、大学は、有名人が教授に来て下さるという、大歓迎の状況だった。

教授採用なのに、論文などの学術業績を問わなかったのだろうか? 建築や芸術などの実学系は、教授採用時でも作品などで判断される傾向が、韓国だけでなく、日本でもあるような気がする。

そして、学歴詐称が発覚し、大学を辞職しても、金泉(キムチョン)科学大学のLee Eun-jik学部長は、チャンハ・イが建築会社とインテリアデザイン会社を所有し、学生のフィールド研究と就職に役立つので、チャンハ・イを、客員教授として迎えたいと述べている。

大学としての規範や公正はどこにあるのだ?

ssi_20160710175657_vテレビ局の関係者も、学歴詐称発覚後でも、チャンハ・イを褒める。人柄と建築・デザインの技能は高かったのだろう。

とはいえ、2度離婚し、49歳で23歳の女性と結婚し、55歳の時に眺望権などをめぐり法廷闘争し、2016年の60歳の時、大宇造船海洋の不正事件の関係者として新聞記事に名前があがっている。何かと事件が多い韓国の有名人である。

《2》社会の公正性

チャンハ・イを含め、学歴詐称が発覚した韓国の有名人が発覚前の職を維持している例がたくさんある。中には、「学歴詐称で何が悪い」と居直る人々もいる。
→ Most academic fakes still in the same job-INSIDE Korea JoongAng Daily

12044046写真は、左から、ラジオの人気パーソナリティのLee Ji-young(37歳)、有名女優のミヒ・チャン(Mi-hee Jang、49歳)、本記事のチャンハ・イ、コメディアンのGang Seok。写真出典

こういう、有名人の学歴詐称を許容してしまう文化が、社会の公正性をむしばんでいくことを、韓国社会は認識していないようだ。

日本では、研究ネカト発覚処分後に大学教員を続けている人は多いが、学歴詐称ではさすがに解雇になっている。例えば、2009年の昭和女子大学の准教授、2015年の西九州大学の専任講師がいた。

大学教授以外の職業でも、アウトである。

●8.【主要情報源】

① 2007年8月6日のBae Ji-sook記者の「KoreaTimes」記事:Architect Allegedly Forges Academic Records
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。
1_8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です