大学:盗用放置:ベリンダ・フロスト(Belinda Frost)対 サザン・ユタ大学(Southern Utah University)(米)

ワンポイント:サザン・ユタ大学の非常勤講師(女性)のベリンダ・フロスト(Belinda Frost)が、ESLクラスの学生の盗用をサザン・ユタ大学に15か月も訴えていた。しかし、大学は放置していた。2012年、フロストは、学生の盗用レポートに合格点を出した同僚講師の採点を証拠物として、大学とメディアに通報し、大学を辞職した。メディアが大騒ぎし、ようやく盗用対策に乗り出したお粗末なサザン・ユタ大学。この事件は、「全期間ランキング」に記載した「高等教育界を震撼させた著名人の10大盗用スキャンダル」:2013年1月10日の第10位である。

→ 【続きを読む】