マリアン・ヴァンデルカ(Marián Vanderka)(スロヴァキア)

2018年11月4日掲載

ワンポイント:ヴァンデルカは、元オリンピック選手で、コメンスキー大学(Comenius University)・体育スポーツ学部(Faculty of Physical Education and Sports)・学部長になった。2012年(40歳)、他の3人と共著で、教科書を出版したが、2016年(43歳)、この教科書が盗用であると被盗用者(故人)の妻に訴えられた。裁判でクロ、大学の結論もクロで、書籍は回収となり、補償金として1万ユーロ(約120万円)を被盗用者(故人)の妻に支払った。しかし、大学の処分がなかったどころか、2年後の2018年、アンドレイ・キスカ大統領から教授(スロヴァキアでは爵位のようなもの)の称号を授与された。国民の損害額(推定)は1億3400万円。

記事を読む → https://haklak.com/page_Marian_Vanderka.html