「研究公正局の締め出し年数」ランキング


★締め出し年数ランキング(研究公正局・米国)

出典:基本データは2015年1月23日のアラン・プライス(Alan R. Price)の分析保存版)[研究公正局は265件の事件を処理し、141件が締め出し処分(debarment)になった。ORI Annual Reports ]。

白楽が上記データに不足分を加筆した。

締め出し処分(debarment)の標準年数は3年である(82件。1992年以来)。1年が3件、2件が13件あった。年数が長いほど研究ネカトの深刻度が大きいと考えられる。青字は本ウェブに記事があり、カタカナ名の赤字で示した。アンダーライン:日本人