ジーグオ・ワン、王志国(Zhiguo Wang)(カナダ)

ワンポイント:中国人がカナダで不正

【概略】
Zhiguo-Wangジーグオ・ワン、王志国(Zhiguo Wang、写真出典)は、中国で生まれ育ち、カナダのモントリオール心臓研究所(Montreal Heart Institute:MHI)の研究員になった。専門は心臓不整脈の生化学だった。医師ではない。

モントリオール心臓研究所はモントリオール大学の1つの研究所である。

なお、「Times Higher Education」の大学ランキングでは、モントリオール大学はカナダ第5位の大学である(World University Rankings 2014-15: North America – Times Higher Education)。

ワンは、中国政府が海外在住の優秀な中国人(あるいは外国人)を中国に帰国・定住させる「China’s Thousand People Plan」(2008年に開始)に選べれるほど著名な科学者だった。

2011年(42歳?)、研究ジャーナル編集部の判断で2報の論文が撤回された。ねつ造・改ざんということで、2011年9月に同研究所を解雇された。

  • 国:カナダ
  • 成長国:中国
  • 研究博士号(PhD)取得:
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に、1969年1月1日とする。
  • 現在の年齢:48歳?
  • 分野:生化学
  • 最初の不正論文発表:2007年(38歳?)
  • 発覚年:2011年(42歳?)
  • 発覚時地位:モントリオール心臓研究所(Montreal Heart Institute)・研究員
  • 発覚:
  • 調査:①研究ジャーナル編集部。2011年春。②モントリオール心臓研究所・調査委員会。2011年6月末~2011年8月
  • 不正:ねつ造・改ざん
  • 不正論文数:撤回論文が7報
  • 時期:研究キャリアの中期から
  • 結末:解雇

002103eyb77rky7gz7raf7出典

【経歴と経過】
不明点多い

  • 生年月日:不明。中国で生まれた(推定)。仮に、1969年1月1日とする。
  • 19xx年(xx歳):中国のxx大学を卒業(推定)
  • 2002年?(33歳?):カナダのモントリオール心臓研究所(Montreal Heart Institute:MHI)・研究員
  • 2011年(42歳?):論文データのねつ造・改ざんが発覚する
  • 2011年9月(42歳?):モントリオール心臓研究所を解雇される
  • 2011年(42歳?):中国に帰国。中国で何をしているのか不明。

20300000246938131520128085774_s
出典

【不正発覚・調査の経緯】

2011年6月末(42歳?)、研究ジャーナル(Journal of Biological Chemistry:JBC)編集部の判断で、ワンのJBC論文が2報撤回された。

2011年6月末(42歳?)、モントリオール心臓研究所は論文撤回を受け、すぐに調査委員会を設け、大急ぎで調査した。

tardif_12011年9月2日(42歳?)、モントリオール心臓研究所長のジャン=クロード・ターディフ(Jean-Claude Tardif 、写真出典同)は、記者会見を行ない、ワンの研究ネカトを公表した(Montreal Heart Institute | The Montreal Heart Institute withdraws the privileges of a fundamental research scientist)。

モントリオール心臓研究所は、調査の結果、ワンの論文は、研究所の研究行動基準から逸脱していたと結論した。但し、調査委員名及び報告書はマル秘扱いで公表していない。

「ワンは医師ではないので、患者の治療をしていない。研究所では基礎研究を担当し、患者の治療に用いる医薬品試験には関与していない。それで、今回の不正行為が患者の被害に及ぶことはない」とも述べている。

該当の研究ジャーナル(Journal of Biological Chemistry: JBC)も調査委員会も、ワンの論文のどの個所が不正なのかを公表していない。

チャールズ・トラン(Charles Tran)は、以下のウエスタンブロット像のバンド(囲った部分)が酷似しているので、不正部分はここであろうと述べている。つまり同じ画像の使いまわし(ねつ造)である。(Cracks in the Foundation | IMMpress Magazine
duplicate-bands-1024x637
上記のウェスタンブロットは、2007年のJBC論文 (Xiao et al.,)の図2C(左)と図3A(右)である。写真出典

ワンは事件が決着つく前に、中国に帰国した。その後、中国で何をしているのか不明である。

20119792616980出典

【論文数と撤回論文】

パブメドhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedで、ジーグオ・ワン(Zhiguo Wang)の論文を「Zhiguo Wang[Author]」で検索すると、2002年~2015年の14年間の153論文がヒットした。

2015年4月20日現在、2007~2008年の7論文が撤回されている。

最新(2008年)の論文。

最古(2007年)の論文。

【白楽の感想】

《1》 不明点多し

事件の全貌がつかみにくい。

モントリオール心臓研究所は調査委員も調査報告書も公表していない。研究ジャーナル編集部(Journal of Biological Chemistry:JBC)も不正部分を公表していない。

ワンは中国に帰国し、中国での状況がつかみにくい。

科学メディアも大衆メディアも事件の詳細を報道しない。

これでは、事件の全貌がつかみにくい。不正防止や社会改善にならない。情報の不開示を罰する法律が必要だ。

wang6-170106_copy3
ジーグオ・ワン、王志国(Zhiguo Wang)、出典:Chinese scientist Wang Zhiguo investigated for misconduct|WantChinaTimes.com

《2》 不正の王国・中国

中国で生まれ育ち、欧米で研究する研究者は膨大な人数に登る。だが、中国は不正の王国と認識されている。渡航先の欧米で不正をする研究者は多い。欧米流な研究規範を尊重することが重要だという価値観・研究文化が、中国には充分に育っていないからである。

ただ、研究規範の改善に取り組んでいる人ももちろんいる。

Fang_Zhouzi有名な人は、サイエンスライターのゾウジ・ファン(方舟子、Fang Zhouzi、写真by 美国之音海涛拍?、出典)である。彼は、2000年からウェブ上で、中国の研究ネカトを記事にし、批判してきたが、ヒドイ攻撃も受けている(China’s Scientific & Academic Integrity Watch)。

なお、ゾウジ・ファン(方舟子、Fang Zhouzi)は、1967年9月28日に中国に生まれ育ち、1990年に中国科学技術大学を卒業した。1995年に米国・ミシガン大学で生化学の研究博士号(PhD)を取得している。(Wikipedia, the free encyclopedia)

【主要情報源】
① ◎2011年8月8日以降のリトラクチョン・ウオッチ(Retraction Watch)の記事群:zhiguo wang Archives – Retraction Watch at Retraction Watch
② 2011 年9月4日、ラリー・ハステン(Larry Husten)の「Forbes」記事:Montreal Heart Institute Researcher Fired After Investigation of Retracted Papers