ホンチュアン・パン、潘 宏川(Hung-Chuan Pan)(台湾)


ワンポイント:現職の健康福祉大臣が共著者の論文を含め、盗用(主に自己盗用)で2論文撤回だが、大学教員・研究者として生き残った

【概略】
%BC炙%A4t%C2%E5%AEv1_2552114ホンチュアン・パン、潘 宏川(Hung-Chuan Pan、写真出典)は、台湾の国立陽明大学(National Yang-Ming University)・副教授で、台中栄民総医院(Taichung Veterans General Hospital)・医師、専門は脳外科(ガンマナイフ手術)だった。

2014年7月(48歳?)、2010年と2013年の2論文に盗用が発覚した。他人の論文からの盗用もあるが、自己盗用が大半だった。日本の小保方晴子事件発覚の3か月後だったのと、現職の健康福祉大臣ク・ブンタツ(邱文達)が共著者だったので、台湾の新聞・テレビは大騒ぎした。

論文2報が2015年(49歳?)に撤回されたが、パンは解雇されず、同じ職場で、2016年5月29日現在も国立陽明大学・副教授で、臨床と研究を続けている。

main_mainimg国立陽明大学・医学系。写真出典

420_26a9d674eee6335e5c08a156957f87e9台中栄民総医院(Taichung Veterans General Hospital)。写真出典

  • 国:台湾
  • 成長国:台湾
  • 研究博士号(PhD)取得:台湾の国立中興大学(National Chung Hsing University)
  • 男女:男性
  • 生年月日:不明。仮に1966年1月1日生まれとする。1984年に大学入学した時を18歳とした
  • 現在の年齢:51 歳?
  • 分野:脳外科
  • 最初の不正論文発表:2010年(44歳?)
  • 発覚年:2014年(48歳?)
  • 発覚時地位:国立陽明大学・副教授
  • 発覚:?
  • 調査:①政府・科学技術省が調査した? ②国立陽明大学や台中栄民総医院は調査していない?
  • 不正:盗用(主に自己盗用)
  • 不正論文数:少なくとも撤回論文2報
  • 時期:研究キャリアの中期
  • 結末:辞職なし

【経歴と経過】

  • 生年月日:不明。仮に1966年1月1日生まれとする。1984年に大学入学した時を18歳とした
  • 1984年9月-1991年05月(18-25歳?):台湾の国立陽明大学(National Yang-Ming University)を卒業
  • 1991年7月-1997年9月(25-31歳?):台北栄民総医院(Taipei Veterans General Hospital)の神経外科医
  • 1997年9月-2000年9月(31-34歳?):竹東栄民医院(Taipei Veterans Hospital, Hsinchu Branch)の神経外科医
  • 2000年9月-現(34歳?-現):台北栄民総医院(Taipei Veterans General Hospital)の神経外科医
  • 2002年9月-2003年8月(36-37歳?):米国のバージニア大学附設病院で研修
  • 潘 宏川2004年9月-2007年2月(38-41歳?):国立嘉義大学(National Chiayi University)・管理学修士
  • 2006年(40歳?):国立中興大学(National Chung Hsing University)、研究博士号(PhD)取得
  • 2013年2月-2016年5月29日現在(47-50歳?):国立陽明大学(National Yang-Ming University)・副教授
  • 2014年7月(48歳?):研究ネカトが発覚する

【動画】

【事件ニュース動画】
「【2014.07.17】論文再爆抄襲 科技部:嚴加審查 -udn tv – YouTube」(中国語)1分40秒。
udn tv が2014/07/17 に公開

【不正発覚の経緯と内容】

不正発覚の経緯は不明である。

★「2013年のJournal of Neurosurgery」論文

論文の「序論」と「方法」の文章が、「2009年のBiochemical and Biophysical Research Communications」論文(パンが第一著者で著者4人が同じ)と重複していた。

また、「2010年のJournal of Neurosurgery」論文(パンが責任著者で著者5人が同じ)の図と類似していた。

つまり、自己盗用である。

論文盗用が指摘されたとき、パンは「盗用検出ソフトのアイセンティケイト (iThenticate)で盗用かどうかをチェックしました。前の論文とのオーバーラップは、30%未満だったのを確かめています」と述べている。

「Journal of Neurosurgery」出版グループ広報部長のジョアン・エリアソン(Jo Ann Eliason)は、「オーバーラップが30%未満なら盗用ではないという編集方針は当誌にはありません。30%という数値の根拠がどこから来たのかわかりません。著者・パンに尋ねたら、『30%未満なら十分だと思った』とのことでした」と述べている。

パンが「30%未満なら十分」と考えた理由は不明である。白楽が調べた限り、現在の当用(自己盗用)基準にその記述は見当たらない。

盗用と指摘され、パンは重複を認め、引用しなかったことを陳謝した。

420_e658ed568d091c9ba7e0bafb46ec4f76

Wen-Ta_Chiu_from_VOA

なお、この論文の著者の1人(8人の著者の6番目)はク・ブンタツ(邱文達、Chiu Wen-ta 、写真同)で、当時、台湾の健康福祉省の大臣だった。その論文が盗用(自己盗用)なのだから、台湾メディアは大騒ぎしたわけだ。

★「2010年のJournal of Neurosurgery」論文

論文の文章は、他人の論文である「2001年のBrain Research」と「2008年のEuropean Urology」とほとんど同じだった。

2論文の書誌情報を以下に示すが、著者は全く別人である。つまり、自己盗用ではなく、“立派”な盗用である。

また、図と文章は、「2009年のJournal of Biomedical Science」論文(パンが第一著者で著者6人が同じ)と重複していた。自己盗用である。パンは重複を認め、引用しなかったことを陳謝している。1407170945262544-600x400

写真出典

【論文数と撤回論文】

2016年5月29日現在、パブメド(PubMed)で、ホンチュアン・パン、潘 宏川(Hung-Chuan Pan)の論文を「Hung-Chuan Pan [Author]」で検索した。この検索方法だと、2002年以降の論文がヒットするが、2003~2016年の14年間の71論文がヒットした。

2016年5月29日現在、2論文が撤回されている。本記事で問題にした「2013年のJournal of Neurosurgery」論文と「2010年のJournal of Neurosurgery」論文が、ともに2015年12月に撤回されている。

【白楽の感想】

《1》自己盗用の基準

自己盗用を盗用とする考え方に白楽は大きな疑問を感じている。

研究論文は文学作品と違うのだから、文章に芸術的価値を必要とすべきではない。新しい知識・概念、価値ある新知識・新概念の記述が必要なだけだ。

だから、論文の「序論」と「方法」の文章はほとんど自己盗用でも(さらに言えば、他人の文章からの流用でも)構わない。これを研究ネカトとすべきではない。

「結果」に記載しているデータが自分の過去の論文(や他人の論文)と同じではマズいが、データが新しければ、他の部分(「序論」と「方法」)は同じでも、問題ない。

学術誌の編集委員会は、論文方針の研究ネカトにそう記述し対処すべきだ。

米国の「撤回監視(Retraction Watch)」では賛否両論あるが、不正でないとする意見が多い( 2016年5月31日記事:Poll: Is duplication misconduct? – Retraction Watch at Retraction Watch)。

《2》処分

Teacher_hcpan_s国立陽明大学は、パンを処分しなかった。

自己盗用に対してはそれでよい。

しかし、「2010年のJournal of Neurosurgery」論文は他人の論文からの盗用もある。これは、処分対象である。

研究ネカトに対する台湾の大学の処分の実態、台湾政府・科学技術省の研究費申請不可処分の実態を把握していないが、無処分はマズい。

【主要情報源】
① 2014年7月18日の「蘋果日報」記事:醜聞一波波 陽明教授被爆抄襲 | 蘋果日報保存版
② 2014年7月17日の「大紀元」記事: 台榮總公費論文涉抄襲 科技部:祕密調查中 | 李應元 | 造假 | 大紀元保存版
③ 2015年10月30日のロス・キース(Ross Keith)の「撤回監視(Retraction Watch)」記事:Authors retract two neuroscience papers for duplication and plagiarism – Retraction Watch at Retraction Watch
★記事中の画像は、出典を記載していない場合も白楽の作品ではありません。
news_5__573454281

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です